○鳥取市職員の証明書に関する規程

平成3年3月8日

鳥取市訓令第1号

(目的)

第1条 この規程は、鳥取市職員定数条例(昭和24年鳥取市条例第10号)第1条に規定する職員(水道局及び市立病院の職員を除く。以下「職員」という。)に対し交付する鳥取市職員の証明書(以下「証明書」という。様式第1号)について必要な事項を定めることを目的とする。

(交付)

第2条 職員に対し鳥取市の職員であることを明らかにするため証明書を交付する。

(職員の義務)

第3条 職員は、常に証明書を携帯していなければならない。

2 職員は、証明書を他人に貸与し、又は譲渡してはならない。

3 証明書を紛失し、若しくは損傷したとき又は記載事項に変更があったときは、速やかに再交付申請書(様式第2号)を提出して、再交付を受けなければならない。

(返納)

第4条 職員は、退職その他不要となったときは、証明書を速やかに返納しなければならない。

(登載)

第5条 職員課長は、証明書交付簿を備え付けて必要な事項を登載しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成3年4月1日から施行する。

(鳥取市職員の身分証明書に関する規程の廃止)

2 鳥取市職員の身分証明書に関する規程(昭和47年鳥取市訓令第1号)は、廃止する。

(鳥取市事務決裁規程の一部改正)

3 鳥取市事務決裁規程(昭和50年鳥取市訓令第7号)別表第1の一般の項23号中「身分証明書」を「証明書」に改める。

附 則(平成4年4月20日訓令第7号)

(施行期日等)

1 この訓令は、平成4年4月20日から施行し、平成4年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際現に改正前の訓令の規定により作成され、使用されている用紙については、この訓令の規定にかかわらず、当分の間使用することができる。

附 則(平成29年3月27日訓令第3号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際現に改正前の訓令の規定により作成され、使用されている用紙については、この訓令の規定にかかわらず、当分の間使用することができる。

(本様式…一部改正〔平成29年訓令3号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成4年訓令7号・29年3号〕)

画像

鳥取市職員の証明書に関する規程

平成3年3月8日 訓令第1号

(平成29年4月1日施行)