○鳥取市職員の健康管理及び安全衛生に関する規程

昭和53年4月1日

鳥取市訓令第3号

鳥取市職員衛生管理規程(昭和31年鳥取市訓令第1号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規程は、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号。以下「法」という。)に基づき、職員の健康の保持増進及び安全の確保について必要な事項を定めることを目的とする。

(本条…一部改正〔平成2年訓令12号〕)

(用語の定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 職員 一般職の職員をいう。

(2) 所属長 課長、局長、所長、室長及び施設の長をいう。

(本条…一部改正〔平成元年訓令1号・28号・16年25号・21年11号〕)

(所属長の責務)

第3条 所属長は、この規程の定めるところに従うとともに、総括安全衛生管理者の指示により、所属職員の健康の保持増進及び安全の確保並びに快適な職場環境の形成に努めなければならない。

(本条…一部改正〔平成2年訓令12号・16年25号〕)

(職員の責務)

第4条 職員は、健康の保持増進及び安全の確保について努めるとともに、所属長、産業医、安全管理者、衛生管理者、安全衛生推進者及び衛生推進者の助言並びに指導を受けたときは、これに従わなければならない。

(本条…一部改正〔平成2年訓令12号・16年25号〕)

(総括安全衛生管理者)

第5条 法第10条第1項に規定する業務を行わせるため、総括安全衛生管理者を置く。

2 総括安全衛生管理者は、職員課長の職にある者をもって充てる。

(本条…全部改正〔平成2年訓令12号〕)

(安全衛生管理者)

第6条 総括安全衛生管理者の職務を補佐し、安全衛生業務の推進と調整に関する業務を行わせるため別表第1の左欄に掲げる箇所ごとに、同表中欄に掲げる名称の安全衛生管理者を置き、同表の右欄に掲げる職にある者をもって充てる。

(本条…全部改正〔平成16年訓令25号〕)

(安全管理者)

第6条の2 法第11条第1項に規定する業務を行わせるため、環境下水道部庁舎に、環境下水道部庁舎安全管理者を置く。

2 環境下水道部庁舎安全管理者は、職員のうちから市長が任命する。

(本条…追加〔平成16年訓令25号〕)

(衛生管理者)

第6条の3 法第12条第1項に規定する業務を行わせるため、別表第2の左欄に掲げる箇所ごとに、同表の中欄に掲げる数の衛生管理者を置き、その名称は、同表の右欄に掲げるとおりとする。

2 衛生管理者は、職員のうちから市長が任命する。

(本条…追加〔平成16年訓令25号〕)

(安全衛生推進者等)

第6条の4 法第12条の2に規定する業務を行わせるため、市長が定める箇所ごとに、安全衛生推進者又は衛生推進者を置く。

2 安全衛生推進者及び衛生推進者は、職員のうちから市長が任命する。

(本条…追加〔平成16年訓令25号〕)

(産業医)

第7条 法第13条に規定する業務を行わせるため、別表第3の左欄に掲げる箇所ごとに、同表の右欄に掲げる数の産業医を置く。

2 産業医は、市長が委嘱し、又は任命する。

(本条…全部改正〔平成2年訓令12号〕、1項…一部改正〔平成16年訓令25号〕)

(総合委員会の設置)

第8条 職員の安全及び健康の確保のための総合的な対策に関し必要な事項を調査審議するため、総合安全衛生委員会(以下「総合委員会」という。)を設置する。

(本条…全部改正〔平成16年訓令25号〕)

(総合委員会の組織)

第8条の2 総合委員会は、会長及び委員8人以内をもって組織する。

2 委員のうち、1人を健康管理責任者、1人を施設管理責任者とする。

3 会長は総務部長の職にある者を、健康管理責任者は職員課長の職にある者を、施設管理責任者は財産管理課長の職にある者を、その他の委員は会長が職員のうちから指名した者をもって充てる。この場合において、会長は、委員の半数は職員団体の推薦を受けた者から指名するものとする。

4 会長は、会務を総理し、会長に事故があるときは、会長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

(本条…追加〔平成16年訓令25号〕)

(総合委員会の会議)

第8条の3 総合委員会の会議は、会長が招集し、会長が議長となる。

2 総合委員会の会議は、委員の2分の1以上が出席しなければ開くことができない。

3 総合委員会は、その調査審議のため必要があると認めるときは、関係者に対し、その会議に出席させて意見を求め、又は資料の提出を求めることができる。

(本条…追加〔平成16年訓令25号〕)

(委任)

第8条の4 前2条に規定するもののほか、総合委員会の運営に関し必要な事項は、会長が定める。

(本条…追加〔平成16年訓令25号〕)

(安全衛生委員会等)

第8条の5 法第17条第1項各号及び法第18条第1項各号に掲げる事項を調査審議させ、市長に意見を述べさせるため、別表第4の左欄に掲げる箇所ごとに、同表の右欄に掲げる名称の安全衛生委員会を置く。

2 法第18条第1項各号に掲げる事項を調査審議させ、市長に意見を述べさせるため、別表第5の左欄に掲げる箇所ごとに、同表の右欄に掲げる名称の衛生委員会を置く。

3 第8条の2第1項第3項及び第4項第8条の3並びに前条の規定は、第1項の安全衛生委員会及び前項の衛生委員会について準用する。この場合において、第8条の2第3項中「総務部長の職にある者を、健康管理責任者は職員課長の職にある者を、施設管理責任者は財産管理課長の職にある者を、その他の」とあるのは、「安全衛生委員会にあっては職員課長又は環境下水道部長を、衛生委員会にあっては福祉保健部長又は総合支所長を、」と読み替えるものとする。

(本条…追加〔平成16年訓令25号〕)

(健康診断等)

第9条 職員に対して行う健康診断は、次に掲げるとおりとする。

(1) 雇入時健康診断

(2) 定期健康診断

 一般定期健康診断

 特定業務従事者の健康診断

(3) 臨時健康診断

2 前項各号に定める健康診断の対象者、実施回数、検査項目等は、別表第6のとおりとする。

(1項…一部改正〔平成9年訓令3号〕、2項…一部改正〔平成16年訓令25号〕、1項…一部改正〔平成21年訓令11号〕)

(受診義務)

第10条 職員は、前条の規定に基づいて行う健康診断を受診しなければならない。ただし、病気その他やむを得ない理由により健康診断を受けることができない者は、その理由が終了後、速やかに健康診断を受けなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、市長が指定した医師の健康診断を受けることを希望しない場合においては、これに相当する健康診断を1月以内に受け、その結果を証明する書面を提出しなければならない。

(健康診断の結果の通知及び記録の作成)

第11条 衛生管理者は、第9条及び前条第2項の規定により行う健康診断を受けた職員に対し、当該健康診断の結果を通知するものとし、健康診断の結果を健康診断個人票(様式第1号)に記録し、保存管理しなければならない。

(本条…一部改正〔平成2年訓令12号〕、見出…全部改正・1項…追加・旧1項…2項に繰下〔平成9年訓令3号〕、2項…削除〔平成21年訓令11号〕)

(意見聴取及び指導区分の決定等)

第12条 職員課長は、健康診断の結果、異常の所見があると診断された場合、職員に係る産業医からの意見聴取は、当該健康診断が行われた日から3月以内に行わなければならない。

2 産業医は、健康診断の結果、健康に異常又は異常を生ずるおそれがあると認めた職員については、指導区分及び事後措置の基準(別表第7)を参考に意見を述べ、職員課長は、その結果を指導区分通知書(様式第2号)により当該職員に通知する。

3 健康診断以外の診断で健康に異常が認められる者(引き続き勤務しない日が7日以上に及ぶ場合)については、医師の診断書その他必要な資料を提出させるものとし、産業医は、当該資料等により指導区分を決定する。

4 職員が前2項の指導区分の決定について変更の意見を申し出た場合その他必要と認めた場合は、産業医は、提示があった所要の資料に基づき、当該指導区分を変更することができる。

(1―3項…一部改正〔平成2年訓令12号〕、見出…全部改正・1項…追加・旧1項…一部改正し2項に繰下・旧3・4項…1項ずつ繰下〔平成9年訓令3号〕、2項…一部改正〔平成16年訓令25号〕)

(療養専念の義務)

第13条 別表第7の指導区分中A、B又はCの判定を受けた職員は、衛生管理者の指示に従い、療養に専念しなければならない。

(本条…一部改正〔平成16年訓令25号〕)

(心理的な負担の程度を把握するための検査等)

第13条の2 職員に対して行う心理的な負担の程度を把握するための検査等は、原則として年1回実施することとする。

2 前項の検査等の実施に関して必要な事項は、市長が別に定める。

(本条…追加〔平成28年訓令11号〕)

(秘密を守る義務)

第14条 職員の健康管理の事務に従事する者は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後においても、同様とする。

附 則

この訓令は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(平成元年1月13日訓令第1号)

この訓令は、平成元年1月13日から施行し、昭和64年1月1日から適用する。

附 則(平成元年3月31日訓令第8号)

この訓令は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成元年12月29日訓令第28号)

この訓令は、平成2年1月1日から施行する。

附 則(平成2年5月11日訓令第12号)

この訓令は、平成2年5月11日から施行する。

附 則(平成9年4月1日訓令第3号)

この訓令は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成11年3月26日訓令第2号)

この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成13年10月16日訓令第18号)

この訓令は、平成13年10月16日から施行する。

附 則(平成14年2月27日訓令第2号)

この訓令は、平成14年3月1日から施行する。

附 則(平成16年10月29日訓令第25号)

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成21年4月30日訓令第11号)

この訓令は、平成21年4月30日から施行する。

附 則(平成28年7月21日訓令第11号)

この訓令は、平成28年7月21日から施行する。

別表第1(第6条関係)

(本表…追加〔平成16年訓令25号〕)

安全衛生管理者

 

箇所

名称

充てる者の職

1

環境下水道部庁舎

環境下水道部庁舎安全衛生管理者

環境下水道部長

2

駅南庁舎

駅南庁舎安全衛生管理者

福祉保健部長

3

各総合支所

安全衛生管理者の上に各総合支所の名称を冠したもの

各総合支所長

別表第2(第6条の3関係)

(本表…追加〔平成16年訓令25号〕)

衛生管理者

 

箇所

人数

名称

1

本庁舎等(第2庁舎を含み、次項から4の項までの箇所を除く。以下同じ。)

2

本庁舎等衛生管理者

2

環境下水道部庁舎

1

環境下水道部庁舎衛生管理者

3

駅南庁舎

2

駅南庁舎衛生管理者

4

各総合支所

1

衛生管理者の上に各総合支所の名称を冠したもの

別表第3(第7条関係)

(本表…追加〔平成16年訓令25号〕)

産業医

 

箇所

人数

1

本庁舎等

1

2

環境下水道部庁舎

1

3

駅南庁舎

1

別表第4(第8条の5関係)

(本表…追加〔平成16年訓令25号〕)

安全衛生委員会

 

箇所

名称

1

本庁舎等

本庁舎等安全衛生委員会

2

環境下水道部庁舎

環境下水道部庁舎安全衛生委員会

別表第5(第8条の5関係)

(本表…追加〔平成16年訓令25号〕)

衛生委員会

 

箇所

名称

1

駅南庁舎

駅南庁舎衛生委員会

2

各総合支所

衛生委員会の上に各総合支所の名称を冠したもの

別表第6(第9条関係)

(本表…全部改正〔平成21年訓令11号〕)

健康診断の種別

対象者

回数

検査項目

雇入時健康診断

新規採用者

採用後3月以内1回

1 既往歴、業務歴、喫煙歴及び服薬歴の調査

2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査

3 身長、体重、BMI、腹囲、視力及び聴力(オオジオメーターによる測定:1000Hz及び4000Hz)の検査

4 胸部エックス線検査

5 血圧の測定

6 貧血検査(血色素量及び赤血球数)

7 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)

8 血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセライド)

9 血糖検査、糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)

10 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)

11 心電図検査

12 尿酸値検査

※ 次に掲げる者は、医師の判断に基づき腹囲測定を省略することができる。

(1) 妊娠中の女性その他の者で、その腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していないと診断されたもの

(2) BMIが20未満の者

(3) BMIが22未満の者で、自ら腹囲を測定し、その値を申告したもの

一般定期健康診断

全職員(新規採用者を除く。)

年1回

1 既往歴、業務歴、喫煙歴及び服薬歴の調査

2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査

3 身長、体重、BMI、腹囲、視力及び聴力(原則としてオオジオメーターによる測定:1000Hz及び4000Hz)の検査

4 胸部エックス線検査

5 血圧の測定

6 貧血検査(血色素量及び赤血球数)

7 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)

8 血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセライド)

9 血糖検査、糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)

10 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)

11 心電図検査

12 尿酸値検査

※ 次の各号に掲げる検査の区分に応じ、同号に定める者は、医師の判断に基づき当該検査を省略することができる。

(1) 身長測定 20歳以上の者

(2) 貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査及び尿酸値検査 40歳未満(35歳を除く。)の者

(3) 腹囲測定 次に掲げる者

ア 妊娠中の女性その他の者で、その腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していないと診断されたもの

イ BMIが20未満の者

ウ BMIが22未満の者で、自ら腹囲を測定し、その値を申告したもの

特定業務従事者の健康診断

深夜作業を必要とする業務に従事する者

6月ごと

1 自覚症状の検査(頭痛、めまい等)

2 血圧の測定

3 貧血検査(血色素量及び赤血球数)

4 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)

5 血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセライド)

6 血糖検査、糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)

7 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)

8 心電図検査

自動車の運転業務に従事する者

6月ごと

1 自覚症状の検査(頭痛、腰痛、胃症状)

2 眼の検査(視力、視野等)

3 聴覚の検査(聴力等)

4 平衡機能の検査

5 胃腸の検査(エックス線検査を含む。)

6 血圧の測定

7 貧血検査(血色素量及び赤血球数)

8 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)

9 血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセライド)

10 血糖検査、糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)

11 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)

12 心電図検査

13 上肢、脛部及び腰部の機能検査

調理、配膳等給食のため食品を取扱う業務に従事する者

関係法令の定めるところによる

1 自覚症状の検査

2 感染症状の検査(検便を含む。)

3 皮膚の検査(洗剤による皮膚の炎症等)

4 腰部の機能検査

電離放射線の業務に従事する者

6月ごと

1 被爆歴の調査

2 末梢血管中の白血球数及び白血球百分率の検査

3 血圧の測定

4 貧血検査(血色素量及び赤血球数)

5 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)

6 血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセライド)

7 血糖検査、糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)

8 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)

9 心電図検査

10 白内障に関する眼の検査(医師が必要と認めた場合に限る。)

11 皮膚の検査

VDT作業に従事する者

適宜

1 眼科学的検査

2 その他医師が必要と認める検査

肝炎ウイルス及び破傷風菌等に暴露される可能性のある業務に従事する者

適宜

1 A型肝炎ワクチンの接種

2 B型肝炎抗原抗体検査

3 C型肝炎抗体検査

4 B型肝炎ワクチンの接種

5 破傷風ワクチンの接種

6 その他医師が必要と認めるワクチンの接種

臨時健康診断

産業医が必要と認めた者

必要の都度

産業医が必要に応じて項目を定める。

別表第7(第12条関係)

(本表…全部改正〔平成21年訓令11号〕)

指導区分及び事後措置の基準

指導区分

事後措置の基準

区分

内容

生活規正の面

A

勤務を休む必要のあるもの

休暇(日単位のものに限る。)又は休職の方法により、療養のため必要な期間勤務させない。

B

勤務に制限を加える必要のあるもの

職務の変更、勤務場所の変更、休暇(日単位のものを除く。)等の方法により勤務を軽減し、かつ、深夜勤務(午後10時から翌日の午前5時までの間における勤務をいう。以下同じ。)、時間外勤務(正規の勤務時間以外の時間における勤務で、深夜勤務以外のものをいう。以下同じ。)及び出張をさせない。

C

勤務をほぼ平常に行ってよいもの

深夜勤務、時間外勤務及び出張を制限する。

D

平常の生活でよいもの

 

医療の面

1

医師による直接の医療行為を必要とするもの

医療機関のあっせん等により適正な治療を受けさせるようにする。

2

定期的に医師の観察、指導を必要とするもの

経過観察をするための検査及び発病・再発防止のため必要な指導等を行う。

3

医師による直接又は間接の医療行為を必要としないもの

 

(本様式…全部改正〔平成21年訓令11号〕)

画像画像画像画像

(本様式…全部改正〔平成9年訓令3号〕、一部改正〔平成14年訓令2号・21年11号〕)

画像

鳥取市職員の健康管理及び安全衛生に関する規程

昭和53年4月1日 訓令第3号

(平成28年7月21日施行)

体系情報
第5編 事/第5章 職員厚生
沿革情報
昭和53年4月1日 訓令第3号
平成元年1月13日 訓令第1号
平成元年3月31日 訓令第8号
平成元年12月29日 訓令第28号
平成2年5月11日 訓令第12号
平成9年4月1日 訓令第3号
平成11年3月26日 訓令第2号
平成13年10月16日 訓令第18号
平成14年2月27日 訓令第2号
平成16年10月29日 訓令第25号
平成21年4月30日 訓令第11号
平成28年7月21日 訓令第11号