○化製場等に関する法律第9条第5項において準用する同法第5条第4号の規定に基づく衛生上必要な措置を定める条例

平成15年12月24日

鳥取市条例第42号

(目的)

第1条 この条例は、化製場等に関する法律(昭和23年法律第140号。以下「法」という。)第9条第5項において準用する法第5条第4号の規定に基づき、動物を飼養又は収容するための施設の管理者が講ずべき衛生上必要な措置を定めることを目的とする。

(衛生上の措置)

第2条 法第9条第5項において準用する法第5条第4号の条例で定める衛生上必要な措置は、次に掲げるとおりとする。

(1) 飼養し、又は収容している動物が人畜共通感染症にかかったときは、消毒その他の防疫上必要な措置を行うこと。

(2) 動物のふん尿等を運搬する容器及び車両は、使用後十分に洗浄すること。

(3) 動物のふんは、汚物だめに貯蔵すること。

(4) 魚介類の臓器、食物の残廃物等著しい臭気を発する飼料の材料の調理並びに当該材料及び当該材料を調理した飼料の貯蔵は、飼料取扱室で行うこと。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

化製場等に関する法律第9条第5項において準用する同法第5条第4号の規定に基づく衛生上必要…

平成15年12月24日 条例第42号

(平成15年12月24日施行)

体系情報
第8編 市民生活/第3章 保健・衛生
沿革情報
平成15年12月24日 条例第42号