○鳥取市農業委員会委員選挙における候補者氏名等の掲示に関する規程

平成21年3月2日

鳥取市選挙管理委員会告示第18号

(趣旨)

第1条 この規程は、鳥取市選挙管理委員会(以下「委員会」という。)が管理する鳥取市農業委員会委員選挙(以下「農業委員選挙」という。)における候補者の氏名及び党派別の掲示について必要な事項を定めるものとする。

(候補者の氏名等の掲示)

第2条 委員会は、農業委員選挙において、当該選挙の当日、投票所内の投票を記載する場所その他適当な箇所に候補者の氏名(農業委員会等に関する法律施行令(昭和26年政令第78号)第6条において準用する公職選挙法施行令(昭和25年政令第89号)第89条第5項において準用する同令第88条第8項の規定による認定を受けた場合は、当該認定に係る通称)及び党派別(以下「候補者氏名等」という。)の掲示を行うものとする。

2 委員会は、農業委員選挙において、当該選挙の期日の告示のあった日の翌日から選挙の期日の前日までの間、期日前投票所又は不在者投票管理者のうち委員会の委員長の管理する投票を記載する場所内の適当な箇所に候補者氏名等の掲示を行うものとする。

3 前2項の掲示は、選挙区ごとに様式第1号により行うものとする。

(掲載の順序等)

第3条 前条第1項及び第2項の掲示の掲載の順序は、委員会が開票区ごとに農業委員選挙の期日の告示のあった日において農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)第11条において準用する公職選挙法(昭和25年法律第100号。以下「公選法」という。)第86条の4第1項又は第2項の規定による届出をすべき時間が経過した後に行うくじで定める順序による。

2 前項のくじを行う日時及び場所は、農業委員選挙の期日の告示のあった日に告示するものとする。

3 第1項のくじには、候補者又はその代理人が立ち会うことができるものとする。

4 委員会は、前項の立会人がないとき又は2人未満であるときは、農業委員会委員の選挙権を有する者又は公選法に規定される鳥取市の議会の議員の選挙権を有する者のうちから2人に達するまでの数の立会人を選任し、第1項のくじに立ち会わせるものとする。

(補充立候補が行われた場合の措置)

第4条 委員会は、法第11条において準用する公選法第86条の4第5項の規定による届出が行われたときは、当該届出された補充立候補者についての候補者氏名等の掲示を、期日前投票所又は不在者投票管理者のうち委員会の委員長の管理する投票を記載する場所にあっては、当該届出が行われた日の翌日から、投票所にあっては農業委員選挙の当日に様式第2号により行うものとする。この場合において、掲示の掲載の順序は、届出のあった順序によるものとし、当該掲示を行った後に新たな届出があったときは、当該届出に係る候補者氏名等を当該掲示に追加することにより掲示するものとする。

(掲載の削除等)

第5条 委員会は、第2条第2項又は前条の規定による掲示(投票所に係る掲示を除く。)を行った日後、候補者が法第11条において準用する公選法第86条の4第9項の規定により届出を却下され、死亡し、又は候補者たることを辞し、若しくは辞したものとみなされるに至ったときは、第2条第1項若しくは第2項又は前条の規定による掲示のうち当該候補者に係る部分を速やかに縦2本線によって抹消し、その事由及び年月日を当該掲示の余白に記載するものとする。

(候補者氏名等の掲示の補修)

第6条 委員会は、第2条第3項又は第4条の規定により掲示された掲示物について汚損、破損等があることを知ったときは、直ちに当該掲示物を補修するものとする。

(その他)

第7条 この規程に定めるもののほか、候補者氏名等の掲示に関して必要な事項は、委員会が別に定める。

附 則

この規程は、告示の日から施行する。

画像

画像

鳥取市農業委員会委員選挙における候補者氏名等の掲示に関する規程

平成21年3月2日 選挙管理委員会告示第18号

(平成21年3月2日施行)