○鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金交付規程

平成21年1月30日

鳥取市病院事業管理規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金(以下「奨励補助金」という。)の交付について、必要な事項を定めるものとする。

(交付目的)

第2条 奨励補助金は、高度医療を提供する急性期病院である鳥取市立病院(以下「市立病院」という。)にふさわしい能力を有する看護職員を養成するため、市立病院に勤務する准看護師の看護師免許取得を奨励することを目的として交付する。

(補助対象者)

第3条 奨励補助金の交付の対象となる者は、保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第21条第1号の学校又は同条第2号の看護師養成所(以下「看護学校」という。)に修学(通信教育コースを含み、全日制コースの場合は2年制のものに限る。以下同じ。)して、看護師免許取得を目指す市立病院の准看護師(非常勤嘱託職員を含む。)とする。

(補助対象経費)

第4条 奨励補助金の交付の対象となる経費は、看護学校での修学等に要する次に掲げる費用(以下「修学費用」という。)とする。

(1) 入学金

(2) 授業料

(3) 教科書、講義用資料の購入費

(4) 白衣、実習靴の購入費

(5) 通学に要する通勤定期の購入費

(6) 住居借上げ費(通学が困難であるとして管理者が認めた場合に限る。)

(7) その他管理者が特に認める費用

(補助金の額)

第5条 奨励補助金は、当該年度において要した修学費用の額の合計額に10分の10を乗じて得た額(当該額に1,000円未満の端数が生じた場合は、当該端数を切り捨てた額とする。)以内で算定し、予算の範囲内で交付する。ただし、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、同号に定める額を限度額とする。

(1) 県内の看護学校で看護師免許の取得を目指す場合 看護学校に入学した日の属する年度(以下「入学年度」という。)は42万円とし、その翌年度は72万円から入学年度に交付を受けた奨励補助金の額に相当する額を控除した額

(2) 県外の看護学校(通信教育コースを除く。)で看護師免許の取得を目指す場合 入学年度は84万円とし、その翌年度は144万円から入学年度に交付を受けた奨励補助金の額に相当する額を控除した額

(3) 通信教育コースで看護師免許の取得を目指す場合 通信教育コースを開始した日の属する年度(以下「通信教育開始年度」という。)は60万円とし、その翌年度は100万円から通信教育開始年度に交付を受けた奨励補助金の額に相当する額を控除した額

2 奨励補助金は、入学年度又は通信教育開始年度及びそれらの翌年度(以下「補助対象年度」という。)に限り、交付するものとする。ただし、病気休職、育児休業等の理由で復学(通信教育コースの再開を含む。以下同じ。)を前提に看護学校における修学を中断することを管理者が認めた者については、既に交付を受けた奨励補助金の各年度の合計額が、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、同号に定める額を超えない場合に限り、補助対象年度以降も奨励補助金を交付することができるものとし、その取り扱いについては、管理者が別に定める。

(1) 県内の看護学校で看護師免許の取得を目指す場合 72万円

(2) 県外の看護学校(通信教育コースを除く。)で看護師免許の取得を目指す場合 144万円

(3) 通信教育コースで看護師免許の取得を目指す場合 100万円

(交付申請)

第6条 奨励補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金交付申請書(様式第1号)に、次に掲げる書類を添えて、管理者に提出しなければならない。

(1) 看護学校修学等費用支出見込書(様式第2号)

(2) 看護学校の学年を記載した在学証明書

(3) 誓約書(様式第3号)

2 前項の規定による奨励補助金の交付の申請は、奨励補助金の交付を受けようとする年度ごとに行わなければならない。

(交付の決定)

第7条 管理者は、前条第1項の申請書を受理したときは、その内容を審査し、奨励補助金交付の可否を決定し、鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金交付決定(不承認)通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

(交付の条件)

第8条 管理者は、前条の規定による奨励補助金の交付の決定に当たっては、奨励補助金を受ける者(以下「決定者」という。)に対し、看護学校を卒業した日(通信教育コースの場合にあっては、当該通信教育コースを修了した日)の属する年度の翌年度の初日から起算して1年以内に看護師免許を取得し、かつ、当該免許取得後常勤職員として引き続き3年以上(決定者が非常勤嘱託職員の場合は5年以上。)市立病院に勤務することを条件として付するものとする。

(補助金の請求等)

第9条 奨励補助金は、第7条の交付決定通知を受けた者(以下「交付決定者」という。)が、当該年度における修学費用の支出を完了した後において交付する。ただし、管理者が必要と認めるときは、奨励補助金の全部又は一部を概算払により交付することができるものとする。

2 交付決定者は、前項本文の規定により奨励補助金の交付の請求をしようとするときは、鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金交付請求書(様式第5号)に、次に掲げる書類を添えて、管理者に提出しなければならない。

(1) 第7条の交付決定通知書の写し

(2) 修学費用の領収書

(3) その他管理者が必要と認める書類

3 交付決定者は、第1項ただし書の規定により概算払による奨励補助金の交付の請求をしようとするときは、鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金概算払請求書(様式第6号)に、前項第1号に掲げる書類を添えて、管理者に提出しなければならない。

4 交付決定者は、第1項ただし書の規定により概算払による奨励補助金の交付を受けたときは、修学費用の支出を完了した後第7条の交付決定通知を受けた日の属する年度の末日までに、鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金精算書(様式第7号)に、第2項第2号及び第3号に掲げる書類を添えて、管理者に提出しなければならない。

5 管理者は、前項の精算書を受理したときは、その内容を審査し、鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金交付額確定通知書(様式第8号)により交付決定者に通知するものとする。

(交付決定の取消し)

第10条 管理者は、交付決定者が第8条の条件を満たすことができないと認められる場合であって次の各号のいずれかに該当するとき又は偽りその他不正の手段により奨励補助金の交付を受けたときは、奨励補助金の交付決定の全部を取り消すことができる。

(1) 看護学校を退学(通信教育コースの中止を含む。以下同じ。)し、市立病院を退職したとき。

(2) 奨励補助金の交付を辞退し、市立病院を退職したとき。

(3) 看護学校卒業後看護師免許の取得ができず、市立病院を退職したとき。

(4) 看護師免許取得後の常勤勤務期間が1月に満たないうちに市立病院を退職したとき。

2 管理者は、交付決定者が第8条の条件を満たすことができないと認められる場合であって、次の各号のいずれかに該当するときは、奨励補助金の交付決定の一部を取り消すことができる。

(1) 看護学校を退学したが、その後も継続して市立病院に勤務しているとき。

(2) 奨励補助金の交付を辞退したが、その後も継続して市立病院に勤務しているとき。

(3) 看護学校卒業後看護師免許の取得ができなかったが、その後も継続して市立病院に勤務しているとき。

(4) 看護師免許取得後の常勤勤務期間が1月以上3年未満で市立病院を退職したとき。

(交付の辞退)

第11条 交付決定者が、看護学校を卒業(通信教育コースの修了を含む。)するまでに奨励補助金の交付を辞退しようとするときは、鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金辞退届(様式第9号)を管理者に提出しなければならない。

(返還)

第12条 管理者は、第10条の規定により奨励補助金の交付決定を取り消した場合において、既に交付した奨励補助金があるときは、交付した奨励補助金の当該取消しに係る部分に関し、返還を求めることができる。ただし、死亡等やむを得ない事情があると管理者が認めるときはこの限りでない。

2 管理者は、第9条第5項の規定により交付額確定通知を行った場合において、当該年度において当該通知に係る額を超える奨励補助金を既に交付しているときは、その返還を求めるものとする。

3 前2項に規定する奨励補助金の返還は一括の方法により行うものとし、返還の理由が生じた日から起算して1月以内に返還しなければならない。ただし、管理者は、特に必要と認めたときは、別に定めるところにより、分割してこれを返還させることができる。

(届出)

第13条 交付決定者及び奨励補助金の交付を受けた者は、次の各号のいずれかに該当するときは、直ちに当該各号に掲げる書類を管理者に提出しなければならない。

(1) 氏名又は住所を変更したとき 氏名(住所)変更届(様式第10号)

(2) 退学し、休学し、若しくはこれらの処分を受けたとき又は心身の故障のため看護学校を修了する見込みがなくなったとき 履修状況変更届(様式第11号)

(3) 復学したとき 復学届(様式第12号)

(4) 卒業したとき 卒業届(様式第13号)

(5) 看護師免許を取得したとき 看護師免許取得届(様式第14号)

(その他)

第14条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年2月1日病院規程第1号)

この規程は、平成22年2月1日から施行する。

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

(本様式…一部改正〔平成23年病院規程第1号〕)

画像

鳥取市立病院看護師免許取得奨励補助金交付規程

平成21年1月30日 病院事業管理規程第3号

(平成22年2月1日施行)