醇風地区 地域づくり懇談会

 

 

1 日   時 平成15年9月26日(金) 18:30〜20:15

2 会   場 醇風地区公民館

3 出 席 者 地元出席者 37名

市側出席者 1 竹内市長、石谷副市長、中川教育長、近藤水道事業管理者、中島総務部長、井上福祉保健部長、綾木都市整備部長、

森本人権政策監、大西商工農林水産部長、上山環境下水道部長、寺坂水道局給水課長、(事務局)藤岡市民参画課長、島谷課長補佐、担当(松田

 

 

4.地域の課題についての意見交換

 

(1)袋川整備について

 

(都市整備部長)

旧袋川の整備につきましては、現在、鹿野橋から下流の右岸側の遊歩道及び道路の改修をしようということで平成15年度から鹿野橋から有門橋にかけて改修の予定にしております。9月24日には地元の皆さんへ担当が出向いて説明したところです。どのように進めるかということでご相談申し上げていますが、道路については、歩道を土手側にするか家側にするかということをご相談したところこれまで慣れ親しんでいる土手側がいいのではないかと伺っていますので堤防側の今の歩道を改修して2m程度の歩道にしたいと考えています。また、緑道部分(土手の上)も改修してきれいにすることにしていますし、除草の件でご要望をいただいている堤防の川側の肩の部分につきましては、一部は維持管理のかからないものを植えるといったことを考えています。これにつきましては10月末までに設計して再度ご説明したうえで、発注したいと考えています。本年度は鹿野橋から御舟橋までを予定しています。

また、昨年の懇談会で除草が非常に困難だというご意見を伺っています。このことで河川管理者である県ともお話していますが、残念ながら厳しい財政事情の中、阻害率が高いところを優先的に実施するということから予算がつきにくい状況であるところです。11月1日に鳥取いなばライオンズクラブの呼びかけのもとで除草ボランティア活動が計画されています。鹿野橋から上流部が予定されていますが、下流についても一緒にできないかとお願いしているところです。これについては「できれば町内の皆さんにも一緒に」ということでお話があると思いますので、ご協力をお願いします。市としましてもこの活動にできるだけ参加したいと思います。職員も出てなるべくたくさん出かけて、急勾配の箇所についても一度やってみようと思っています。現在、ライオンズクラブが発起人になって中小企業青年中央会、商工会議所青年部、吉方温泉町、県、市などに呼びかけて計画されていますので、皆さまもご協力をお願いします。

 

(地区住民)

○土手の改修は桜土手を広げるということか。どちら側に広げるのか。

 

(都市整備部長)

私の説明が不足していたようですが、広げるのではなく改修してきれいにするということです。堤防下の道路をきれいにしますので併せて堤防の上の遊歩道を整備します。除草ができないとご要望がある川側の法肩あたりも一部に段をつけて樹木を植える、防護策をつけるなども含めて整備することとしています。

広くはなりませんがブロック等できれいになりますので散歩等には歩き易くなると思いますし、広く感じられるのではないかと思います。

 

○きれいにするのは結構だが、洪水時の防水の観点からの検討はあるのか。どの護岸が弱くて崩れやすいといったチェックはされているのか。

 

(都市整備部長)

ご指摘のように河川は防災が第一です。あくまで今の機能を損なわないように対応します。河川を狭めて水の流れを損なうような整備はいたしません。

どこが弱いかと言われれば、即答はできませんが、治水の対策は県の担当になります。袋川自体は、湯所橋まで潮が上がってくるような勾配が緩い河川ですので心配はないと思いますが、堤防の材料に亀裂が生じた部分等は修理を行っておられます。

 

○車道と歩道の間に段差があるのでできるだけフラットになるように希望したい。材質を足腰に負担のかからない陸上のトラックに使用されるようなコーティングができないか伺いたい。

 

(都市整備部長)

現地の状況によって部分的にマウンドアップ等になるようなところはあると思いますが検討したいと思います。

舗装について陸上トラックのようなラバーコーティングをということですが、そこまでの予算はありませんので難しいと思います。真砂土のような色の舗装ということは検討しているところです。

 

○遊歩道で桜の根が出ているところが2箇所通行できないようになっているが、いつまでもそのままでは遊歩道にならない。

 

(都市整備部長)

まだどうするか決まっていませんので、検討いたします。

 

※都市整備部補足

15年度から3カ年計画で、鹿野橋から有門橋間の旧袋川緑地遊歩道の整備工事を計画しており、この工事で安全に散策等が可能になるよう整備を行います。

 

○左岸の整備計画はないのか。川に下りる方法をもう少し考えて欲しい。清掃作業にしても急畔の部分が多い。

 

(都市整備部長)

左岸側の計画はありません。堤防の上の部分の遊歩道部分を市が管理しており公園愛護会等の協力いただいておりますが、堤防の内側の部分は県の管理となっています。県とも話をしてみたいと思います。

 

○昨年、袋川の件でたくさん要望したが、補修を要するところはほぼ改修していただいた。この場を借りてお礼を申し上げる。先ほどから出ている土手の整備についても是非早期にやっていただきたい。

 ライオンズクラブの除草作業に町内会も協力をということだが、まず河川敷をよく見ていただきたい。茶町から鋳物師橋の下流の右岸は河川敷の幅が狭くなっているところがある。県に前々から言っているが手を打ってもらっていない。そこを先ず整備してもらったうえで除草作業を呼びかけるべきではないか。

 

(都市整備部長)

今回の除草作業は、ライオンズクラブが主体的に声を上げていただいているものです。袋川をきれいにしようという住民発意の取組みです。どこまでできるかは分かりませんが市としてもやってみようということで協力したいと思っていますのでよろしくお願いします。ご意見につきましては、県にお話したいと思います。

 

○有門橋のところに避難場所の標示板があった。前々からこの標示がどこを指すのかもわからないまま見ていたが、標示板がいつのまにか無くなっていた。

 どういう経過だろうか。

 

(総務部長)

基本的に公園、学校のグラウンドを一時避難場所として指定しています。そこに至るまでの経路に誘導看板を標示しているということです。

ご指摘の看板がなくなった経過につきましては、確認させていただいて報告したいと思います。必要であれば設置についても検討させていただきます。

 

※総務部補足

有門橋付近にはポール式の標示が設置されています。

 

 

(2)公民館の効率的運営について

 

(教育長)

公民館は、行政と市民との接点の最先端でありますので公民館の位置づけを重要に考えております。我々も公民館を充実させなければならない強い意識を持っています。皆さんもご存知のとおりこの7月1日より公民館職員を各館1名ずつ計34名増員いたしました。これは、最近の財政事情の中で予算が削減される中、極めて稀なことではないかと思います。それだけ市が公民館の役割に対して期待しているということで理解していただければ結構かと思います。

現在、館長が週12時間勤務、主任・主事が週30時間勤務としており、4人体制で運営しています。実際は勤務時間を超越して働いている実態もあるようです。運営はそれぞれの公民館で工夫して行っていただいており、教育委員会としてもそれぞれの活動には全面的にバックアップしていきたいと考えています。

 

(田中地区会長)

○地域住民の声としては、「いつ行っても開いている公民館」ということが希望だった訳だが、日曜日も職員が居るという形ができてきたということもあり、地域の皆さんにはご理解いただけるものと思う。

 

 

(吉田市議)

○昨年この問題を提起したが、職員が増え、大変使い勝手がよくなったと感謝している。

 

 

(3)その他について

 

○100円循環バスを出合橋まで延長して欲しい。また、私は15年来グラウンドゴルフをやっているが、先日、白兎での大会で市長が「いいことだから皆さんにしてもらいたい」とあいさつされた。従来から小学校でやっているが、今グラウンドは工事中のため無理を言って西中学校を借りており、登校前の早朝6時から7時までになので、冬場は厳しい。昼間に自由に使える場所が欲しいと思う。玄好町のところの遊園地の真ん中に土手がありそれを均せばプレイができるのではと言う会員さんもいる。

 

(市長)

まず、100円バスの範囲につきましては、いろいろとご要望を伺っています。

基本的に160円区間の範囲ということでこれまで調整してきております。 100円という料金が上がっては意味がありませんので、100円で運行できる合理的な区間ということでこのような範囲になっています。できれば少しずつ広げるということも含めて検討したいとは思っていますが、限界はあります。今は実験運行ということで1月から本格的な運行をしたいと考えており、議会に諮って予算を取ってやっていくことになりますので、この中で検討したいと思います。

グラウンドゴルフは今大変な人気ですが、15年もやっておられるということは相当早い時期からやっておられる相当なベテランゴルファーなのでしょう。各地で要望はたくさんいただいておりまして、少しずつ増やしていきたいと思っていますが、1地区に1つというような整備はなかなかできないという現実があります。手近な公園等を利用していただくことは可能かと思いますが、真ん中に遊具等があって難しいということもあるでしょう。玄好町の公園は状況を見てみますが、単に空地になっているようなところも可能だろうと思いますが、即答しかねますので持ち帰って検討したいと思います。小学校のグラウンドもプールの改築が済めばある意味広くなりますので引き続き使っていただきたいと思います。

 

※都市整備部補足

100円循環バスは、赤・青コース各2台のバスにより、20分間隔で運行しており、1周に35分要しております。

現在、「赤コース」が有門橋の手前を左折して運行しておりますが、ご要望の出会橋まで延長すると、運行距離が長くなることにより20分間隔の運行ができなくなり、実施は困難と考えます。

しかし、来年1月から実施する本格運行に際しましては、有門橋を渡り中国電力鳥取支店角を経由し、梶川通りを通るルートで運行する予定としておりますので、今度とも100円循環バスをご利用いただきますようお願いいたします。

 

公園の真中の土手と言われた部分は、植樹帯として整備されたものでありますが現在は、数本の樹木がある状況ですので地元関係者と相談し利用増進に繋げられるよう整備する方向で検討したいと思います。

 

(田中地区会長)

○先ほど市長が言われたように醇風小学校のプールの改修が行われており、完了後はある意味グラウンドも広くなりありがたいことと思うが、プールの位置が変わって、飛砂、騒音等を心配する声が近隣から出ている。数町内にかかる問題であるし、公民館周辺にも影響するのでこのことについてお答えいただきたい。

 

(教育長)

飛砂については、学校周辺の皆様には大変ご迷惑をおかけしています。私が西中に勤務していた時も風の強い日は、向かいの方からお叱りを受けたりしました。西中はネットを張って対応しておりまして、1枚目のネットが駄目になり2枚目に交換しています。

醇風小学校については、最新の技術により飛砂を防止することになっています。具体的には、杉、檜の樹脂を細かくし、それを土に混ぜ込むという工事になります。これにより非常に水はけがよくなり、飛砂が全くなくなるということで、近隣では鹿野小学校で採用され成功しています。醇風小学校は市内で初めての施工になりますが、私どもも期待していますし、成功するものと思っています。

 

○ダイエー跡地を買い取るということを公表された。まだ合併が成立しない段階での今回の取組みは理解できない。この時期に急いで進める必要はないと思うし、合併後に改めて協議していくべき問題だと思う。市庁舎にすることも反対だ。ただ単に官庁街にするだけではなく中心市街地活性化のための複合施設にするべきだと思う。

 

○旧袋川の左岸側にごみの集積場所あるが、景観上よろしくない。小屋を建てるなどしてごみを置くようにできないか。朝歩いているとせっかくきれいに整備された歩道にごみが置かれているのが非常に気になる。

 

(市長)

まず、旧ダイエーの件ですが、今、合併の協議を進めており、町役場を支所にするなど合併後の役所の姿をいろいろな角度から議論しています。合併によって必要となる市役所の機能は、現在の本庁舎、第二庁舎では賄えませんので1つはそういう意味からの取得を考えています。また、前々から市議会からも「ダイエー跡をいつまであのままにしておくのか」といったご指摘を受けており、市民の皆さんからも言われてきました。駅周辺の大きな建物が使われないまま放置されている今の状態が駅周辺のにぎわいという意味からも非常に問題もありますし、さざんか会館など周辺の市の施設の駐車場が不足しているという実態もあります。駅周辺にスポーツクラブがあったらにぎわうのではというご意見もありました。そうした議論の積み重ねの経過もありますし、一方で市民図書館が非常に狭隘になってきて落ち着いて本も読めないという実態もあります。こうしたことを総合的に考えた時にダイエーを利用するということが課題として出てきたもので、合併のことだけで進めようとするものではありません。鳥取市の中心市街地の活性化、図書館・スポーツ施設といった市民の生活にプラスになる施設を考えています。「合併後に議論すべき」というご意見ですが、合併の準備の段階で了解を得ながら進めていくということも重要だと思います。9月30日の合併協議会でも説明しますが、20万都市になった鳥取市役所の機能の一部が駅周辺にあるということは周辺の町村の皆さんからも大方の賛同を得ておりますし、さらに了解を得ながら進めたいと思います。広域的に鳥取市が活動を行ううえで交通の要衝になる場所であり、複合的に活用していくことが適切だと判断しています。

ごみステーションについてですが、午前中に一時的にごみはあるとは思いますが日常生活から出てくるものですし、あまり邪魔に考えないでほしいなと思います。基本的にごみステーションの管理自体は町内会にお願いしておりまして、市でつくるものという位置づけになっていません適当な空き地のようなところがあれば、囲いのようなものを許可を得てつくっていただくこともできるとは思いますが、土手の上につくるということはまず考えられませんし、歩道にしても通行の邪魔になると思います。

基本的には、みんなで理解しながら散乱しないようにといったことに気を配っていただき、知恵を出し合いながらごみステーションを管理していただきたいと思います。

 

(田中地区会長)

○ごみの問題は、環境推進員という取組みの動きもあるようだ。そのあたりの経過を見ながらステーションの管理体制も地域の皆さんのご協力が必要だと思うのでよろしくお願いしたい。

 ダイエーの問題については、今、パブリックコメントが実施され、意見提出の機会が設けられているのでそれぞれご意見を出していただきたいと思う。

 袋川の問題についてなどまだまだ提案したいこともあるとは思うが、限られた時間であるので意見交換を終了したい。この場でなければ言えないということではないので、今日の会をスタートラインに考えて、改めて意見提出していただくなり、町内会、自治連合会などを通じてでも要望していただきたい。

 

 

5.浄水場建設について

 

(1)近藤水道事業管理者:資料に基づき説明

 

(2)意見交換

 

(地元意見)

○浄水場の問題が出たときに何度かシンポジウムに出かけて話を聞いた。その中で、私は、緩速ろ過が最適だと確信し、今でもそう思っている。当時は急速ろ過の資料で固められていたが、今は、膜ろ過の資料で固められているようにしか思えない。市民を誘導しようとすればいくらでも資料はつくれる。

 なぜ緩速ろ過がいいかという専門的なことを申し上げるのは差し控えるが、工学的な専門家だけの委員会で検討され、市民の感情という部分の議論が欠けていたと思う。コスト面でも膜ろ過が1番安いということだが、目先の料金の問題だけで決めてしまっては後世に憂いを残す。自然に最も近い緩速ろ過がいいと確信しているので残念でならない。

 

(水道事業管理者)

1点だけ申し上げますと、先ほどおっしゃられた疑問については、全て見直し検討委員会で議論しましたし、水道事業審議会でも重ねて検討しました。さらに実験してこれから確かめよう、上流域の対策もしっかりやろうということで水道局は望んでいます。

 

(市長)

私も見直しをするということで、ほぼ1年をかけ、専門家と市民による見直し検討委員会、審議会の場で幅広い検討をしていただきました。その間、情報をオープンにしてそれぞれの会の結論を情報公開しながら、ご説明し、ご意見を伺ってまいりました。6月の市議会でもこれからの鳥取市を考えるうえで、また、水道法の規定を考えた場合にも浄水施設は必要であるということを申し上げ、事業化に向けてなお一層の検討のために実験をするということを予算として提案しました。膜ろ過、緩速ろ過の実験をするということにしており、この実験を通じた成果は皆さんに明らかにし、また経過もじっくり見ていただいて、これから最終的な事業化に向けた判断をしていきたいと思います。この問題は市民の皆さんにかかわりの深い問題ですので慎重に進めていますが、逆に市民生活を守るためにやらなければならないことはしっかりやるというのが行政の責任のある立場だと思いますので、後々にもいつまでも安心して鳥取市の水道が飲めるようにしていきたいと思います。

                           

 

6.市長あいさつ

 

(市長)

本日は大変多くのご意見・ご要望を伺いました。当地区の課題の中で、袋川の問題は地区の中心を通る川でもあり重要な問題であるということを感じました。

若桜橋から鹿野橋まで土手の整備が進んでいますが、これを有門橋、さらに湯所橋まで進め、街中の緑豊かな1つの環境整備としてこの事業を行いたいと考えています。昨年の懇談会でもお話がありましたが、土手に距離標示を整備しており、これによって散歩される方も楽しんで歩けるようになったと思います。皆さんが安全な憩いの場が確保できるようにしていきたいと思います。

この校区には、学校の整備などが進められているところですが、中心市街地の空洞化の問題に対する配慮も必要だと考えています。マンション業者から土地の購入の誘いがあったりしているようなことも聞いており、日照、景観の問題も心配しています。町並みということも含めて地域の皆さんとともに考えていきたいと思っています。

市政全般についての問題については、市長への手紙などのご意見を伺う機会を設けていますので、今後ともご意見をいただきたいと思います。本日はありがとうございました。

 

 

※ 議事録の項目整理のため、発言順は変更して編集しています。