このページではJavaScriptを使用しています。

卜阿歌碑

卜阿歌碑

 仲秋の名月を見るのに、松の枝が邪魔になるじゃないか、いっそ切って進ぜよう、と鎌にみたてた三日月が松の枝にかかっている情景。三日月を擬人化して、松の枝との重なりにパチリとシャッターを切っているところが楽しい。
 卜阿は江戸四ツ屋の大宗寺を振り出しに、津山成道寺に移って修行を重ね、後に用瀬大善寺に移って十世博誉上人(円中)の弟子となり,円中亡きあと十一世を継いだ。和歌俳句をよくし、特に狂歌を得意とした。嘉永二年(一八九六)十月八日亡。法号を津蓮社梁誉上人円阿順智慧法随大和尚。「限りなき迷いし夢の覚めて後おかし愛しき花の台に」の時世の歌が残されている。町内にも多くの書を残している。

【建立場所】大善寺敷地内
【建立年月】昭和五十八年(一九八三)十一月
【建 立 者】用瀬文学碑建設の会
【揮 亳 者】自筆
【寸   法】高さ一五一 横幅一七四 厚さ五九cm


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp