このページではJavaScriptを使用しています。

在原行平歌碑

在原行平歌碑


 在原行平歌碑が齋衡二年(八五五)因幡国司として赴任したことはよく知られるところである。百人一首にも因幡を読んだ歌として「立ち別れ因幡の山の峰に生ふる松とし聞かば今帰り来む」と残している。用瀬の古くからの言い伝えに、行平が因幡守の時、用瀬町宮原に住んでいたが、高草郡菖蒲村(現鳥取市)に転住の際、三角山に参詣し種々神饌を供えてこの和歌を献詠したといわれる。ただしこの歌は夫木和歌妙に実録されている歌で、「詠み人知らず」とされていて、行平の歌とする根拠はどこにもないが、「三角の山」の固有名詞や、神に頼むといった言葉が様々な想像を呼んだのであろう。口伝のロマンを今に伝えている。

【建立場所】三角山参道大曲り
【建立年月】昭和五十九年(一九八四)四月
【建 立 者】用瀬文学碑建設の会
【寸   法】高さ二一七 横幅一二七 厚さ六一cm

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp