このページではJavaScriptを使用しています。

山崎秀穂歌碑

山崎秀穂歌碑

 用瀬の町の東を、屏風のように山々が取り囲み、松の緑が美しいが、用瀬の土質が松にあっているといわれる。昭和三十年代にはこの山に植林作業が展開され、また殖林後三年ばかりは下刈り作業を必要としたが、これら一連の労働がすべて住民(財産区民)の手によってなされた。
 掲出の短歌は昭和四十七年の宮中歌会始め詠進歌に佳作入選したもので、御題は「山」である。この歌が生まれるには、用瀬のこうした時代背景があったのである。
 山崎秀雄は明治三十八年鳥取市下味野に生まれ、のち結婚して用瀬町民となった。大正十四年に鳥取県立師範学校を卒業、以来昭和三十六年までに八頭郡内の小学校を訓導、校長として歴任し、また昭和三十八年から三年間を町の教育長として、学校教育及び社会教育を指導した。秀穂は雅号である。


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp