このページではJavaScriptを使用しています。

谷口雲崖句碑

谷口雲崖句碑

 女人堂については前述のはねそ音頭の碑のところで触れているが、ここは近離場であった。また女人禁制を強いて、ここより頂上への登山を禁じた。女人禁制といえば、女性を穢れものとした封建思想を想像させるが、玄界灘に浮かぶ沖の島の伝えでは、女人禁制は改心の嫉妬を恐れてのことであるという。穢れどころか女性尊重の思想に基づくものである。昭和八年、皇太子殿下(現天皇陛下)ご降誕の記念事業として、神苑および参道の拡張工事が行われ、現在の姿になった。

【建立場所】三角山参道お山十文字
【建立年月】平成三年(一九九一)七月
【建 立 者】ひなの里句会(用瀬俳句同好会)
【揮 亳 者】自筆
【寸 法】高さ七二 横幅一三一 厚さ五六cm



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp