このページではJavaScriptを使用しています。

原 東坡歌碑

原 東坡歌碑

 明治三十八年気高町に生まれる。本名一馬。武者絵を趣味としていた父の影響で少年時代より日本画に親しみ、京都の武田鼓葉に師事する。
 大正十四年、京都市御大典記念大博覧会美術展に入選、以後京都市展、鳥取県展、鳥取市展の常連であった。独特の花蝶画をもって中央画壇で活躍、流麗巧緻な画風で知られた。さらに静脈短歌会同人としても活躍した。昭和五十九年没。

【建立場所】農免農道三角団地付近
【建立年月】昭和六十三年(一九八八)四月
【建 立 者】用瀬文学碑建設の会
【寸 法】高さ一九六 横幅七八 厚さ四一cm



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp