このページではJavaScriptを使用しています。

因幡国庁跡

因幡国庁跡宮ノ下小学校前を千古の歴史を瀬音にのせて袋川(国府川)が流れています。

その袋川(国府川)を渡り、中郷集落を通り抜けると広い田園地帯が開けてきます。

この一帯が奈良、平安、鎌倉の各時代を通し政治、経済、文化の中心として多くの建物のあった因幡国府の境域です。現在、盛土と植樹によって装いをととのえ、御影石で表示した7000平方メートルの敷地となっています。

昭和52年、わずか20数センチの地下から柱根を残した建物遺構が発見され、国庁の中心建物であることが確認されました。その主な遺構は整然と並んだ掘立柱建物跡(地面 に穴を掘って柱を立てた建物跡)があり、その建物は10棟あまり見つかっています。その中に庇(ひさし)付きの大きな建物は、国司(国庁に勤める役人)が政治をおこなっていた正殿跡と考えられています。

また、正殿の後ろには、国守(国司の長官)が仕事をする後殿がありました。  



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 産業建設課
電話0857-39-0560
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-sangyo@city.tottori.lg.jp