このページではJavaScriptを使用しています。

岡益の石堂

岡益の石堂岡益の南西の丘に、凝灰岩で作られた精巧な石堂物があります。地元では、いつの時代に、誰が何のために作ったか分からないところから、謎の石堂(いしんどう)と呼んでいます。

均整の整った石堂物全体は半円の中にそのまま納まるもので、その寸尺は古代唐尺によるといわれています。石堂の構築は、高さ1メートルの基壇の上に、厚さ40センチの一枚岩で出来た壁石で側面を囲み、中央に高さ2メートル近い円柱をたて、その上にマス形の石をのせ、さらに塔の笠石等を積み重ねています。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 産業建設課
電話0857-39-0560
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-sangyo@city.tottori.lg.jp