このページではJavaScriptを使用しています。

「流しびなの里」もちがせ

用瀬春の街並み
 用瀬町は、県庁のある鳥取市の南方約21kmの位置にあり、人口約4300人、面積は81.60km2、総面積の約92%は林野で、千代川の支流である赤波川、佐治川、安蔵川に沿って開けた静かな町です。
 用瀬町に伝わる「流しびな」の風習は、こうした風土の象徴として美しい山々の緑と千代川の水の美しさを背景に、そこに住む人々の想いを託して時を経ても引き継がれて現在に至っており、「流しびなの里 もちがせ」として全国的にも知られるようになりました。

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp