このページではJavaScriptを使用しています。

幸盛寺(こうせいじ)

幸盛寺

亀井茲矩の義理の父で非業の死をとげた武士山中鹿介の菩提寺。茲矩が鹿介の菩提を弔うために現在地に移転させ鹿介幸盛の2字をいただき、幸盛寺と改めた。境内には大イチョウ(高さ34m)がある。


コウセイジ
幸盛寺(境内)
幸盛寺に菩提を弔われている亀井茲矩の義理の父、山中鹿介は、戦国時代に主君尼子氏の再興を果たしえず、非業の死を遂げた武士であった。鹿介の墓の前に高さ130cmの大きな5輪塔がある。これは慶長19年に亡く…
コウセイジ
幸盛寺(境内)
幸盛寺に菩提を弔われている亀井茲矩の義理の父、山中鹿介は、戦国時代に主君尼子氏の再興を果たしえず、非業の死を遂げた武士であった。鹿介の墓の前に高さ130cmの大きな5輪塔がある。これは慶長19年に亡く…
コウセイジ
幸盛寺(境内)
幸盛寺に菩提を弔われている亀井茲矩の義理の父、山中鹿介は、戦国時代に主君尼子氏の再興を果たしえず、非業の死を遂げた武士であった。鹿介の墓の前に高さ130cmの大きな5輪塔がある。これは慶長19年に亡く…
コウセイジ
幸盛寺(境内)
幸盛寺に菩提を弔われている亀井茲矩の義理の父、山中鹿介は、戦国時代に主君尼子氏の再興を果たしえず、非業の死を遂げた武士であった。鹿介の墓の前に高さ130cmの大きな5輪塔がある。これは慶長19年に亡く…
ヤマナカシカノスケノボショ
山中鹿介の墓所
幸盛寺に菩提を弔われている亀井茲矩の義理の父、山中鹿介は、戦国時代に主君尼子氏の再興を果たしえず、非業の死を遂げた武士であった。鹿介の墓の前に高さ130cmの大きな5輪塔がある。これは慶長19年に亡く…
ヤマナカシカノスケノボショ
山中鹿介の墓所
幸盛寺に菩提を弔われている亀井茲矩の義理の父、山中鹿介は、戦国時代に主君尼子氏の再興を果たしえず、非業の死を遂げた武士であった。鹿介の墓の前に高さ130cmの大きな5輪塔がある。これは慶長19年に亡く…
ヤマナカシカノスケノボショ
山中鹿介の墓所
幸盛寺に菩提を弔われている亀井茲矩の義理の父、山中鹿介は、戦国時代に主君尼子氏の再興を果たしえず、非業の死を遂げた武士であった。鹿介の墓の前に高さ130cmの大きな5輪塔がある。これは慶長19年に亡く…
コウセイジ
幸盛寺(玄関)
幸盛寺に菩提を弔われている亀井茲矩の義理の父、山中鹿介は、戦国時代に主君尼子氏の再興を果たしえず、非業の死を遂げた武士であった。鹿介の墓の前に高さ130cmの大きな5輪塔がある。これは慶長19年に亡く…
コウセイジ
幸盛寺(境内の大イチョウ)
幸盛寺に菩提を弔われている亀井茲矩の義理の父、山中鹿介は、戦国時代に主君尼子氏の再興を果たしえず、非業の死を遂げた武士であった。鹿介の墓の前に高さ130cmの大きな5輪塔がある。これは慶長19年に亡く…


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?