このページではJavaScriptを使用しています。

護伝寺(じょうでんじ)

護伝寺

鹿野城主亀井茲矩が1612年に亡くなり、その菩提寺となった寺。茲矩が文禄征韓の役に従軍しや折の将来品が請来品が寺宝として保存されている。


ジョウデンジ
護伝寺
護伝寺はもと毫王山抱月寺といい、山深い谷あいにあった。ここから因幡の曹洞宗が広められていった。亀井茲矩は禅の修業を行う際、山深くある抱月寺では不便だったので、現在の地に移し護伝寺と名づけ、菩提寺と定め…
ジョウデンジ
護伝寺
護伝寺はもと毫王山抱月寺といい、山深い谷あいにあった。ここから因幡の曹洞宗が広められていった。亀井茲矩は禅の修業を行う際、山深くある抱月寺では不便だったので、現在の地に移し護伝寺と名づけ、菩提寺と定め…


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?