このページではJavaScriptを使用しています。

光輪寺(こうりんじ)

光輪寺

天台宗の法楽寺と小別所の宝寿寺をひとつにして建立したと言われる。


コウリンンジ
光輪寺(表門)
建立時、初代住職の誓正が檀家一同とともに浄土真宗に帰依、寺号を解脱山光輪寺と号した。現在の庫裏の東には貴重な池田輝澄時代の庭園が残る。
コウリンンジ
光輪寺(境内)
建立時、初代住職の誓正が檀家一同とともに浄土真宗に帰依、寺号を解脱山光輪寺と号した。現在の庫裏の東には貴重な池田輝澄時代の庭園が残る。
コウリンンジ
光輪寺(境内)
建立時、初代住職の誓正が檀家一同とともに浄土真宗に帰依、寺号を解脱山光輪寺と号した。現在の庫裏の東には貴重な池田輝澄時代の庭園が残る。
コウリンンジ
光輪寺(境内)
建立時、初代住職の誓正が檀家一同とともに浄土真宗に帰依、寺号を解脱山光輪寺と号した。現在の庫裏の東には貴重な池田輝澄時代の庭園が残る。


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?