このページではJavaScriptを使用しています。

雲龍寺(うんりゅうじ)

雲龍寺

当時気多郡司であった紀氏常により建立。寛永13年(1590)に現在地に移された。


ウンリュウジ
雲龍寺(表入り口)
雲龍寺は天正年間に譲伝寺の忠岳和尚が双樹林山涅槃禅寺と称し再興したと伝えられる。また、池田家の家老日置忠俊が鹿野城主時代に水谷集落内へ移転しその後現在地に移された。
ウンリュウジ
雲龍寺(表入り口)
雲龍寺は天正年間に譲伝寺の忠岳和尚が双樹林山涅槃禅寺と称し再興したと伝えられる。また、池田家の家老日置忠俊が鹿野城主時代に水谷集落内へ移転しその後現在地に移された。
ウンリュウジ
雲龍寺(境内)
雲龍寺は天正年間に譲伝寺の忠岳和尚が双樹林山涅槃禅寺と称し再興したと伝えられる。また、池田家の家老日置忠俊が鹿野城主時代に水谷集落内へ移転しその後現在地に移された。
ウンリュウジ
雲龍寺(境内)
雲龍寺は天正年間に譲伝寺の忠岳和尚が双樹林山涅槃禅寺と称し再興したと伝えられる。また、池田家の家老日置忠俊が鹿野城主時代に水谷集落内へ移転しその後現在地に移された。
ウンリュウジ
雲龍寺(境内)
雲龍寺は天正年間に譲伝寺の忠岳和尚が双樹林山涅槃禅寺と称し再興したと伝えられる。また、池田家の家老日置忠俊が鹿野城主時代に水谷集落内へ移転しその後現在地に移された。


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?