このページではJavaScriptを使用しています。

妙光寺(みょうこうじ)

妙光寺

慶長5年(1600)ごろ備前の僧日帳が本長寺と号して再興したと伝えられる。


ミョウコウジ
妙光寺
妙光寺が文明6年(1474)の頃僧日任が法華経の布教に努め、草庵を建てたのが、その始まりといわれる。寛永9年(1632)ごろ廃寺となったが、二世日安住職と信者たちによって現在の地に建立されたという。


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?