このページではJavaScriptを使用しています。

第2回用瀬地域審議会議事録

日時  平成17年2月4日(金) 午後1時30分~午後4時35分
場所  鳥取市用瀬町別府 用瀬町民会館 

○出席委員:20名
長戸信勝、八百谷富久巳、岩本信次郎、木下靖夫、中村義之、長谷川陽治、田中満智子、三宅光子、加川彰二、森重市、村中邦子、岸本宣明、山住省二、岸田日出紀、西村繁栄、森田純一、中村克洋、森田孝明、古田藤夫、佐藤正剛

○事務局 用瀬町総合支所
西村良夫支所長、楮原伸一副支所長、田渕雅昭地域振興課長、西村清太郎福祉保健課長、寺坂剛産業建設課長、寺崎健一教育委員会分室長、森重春地域振興課参事、沖田康夫地域振興課スタッフ 

●会議次第
1.開会
2.あいさつ
3.議題
(1) 各地域の現況と課題(総合支所管内)について
(2) 「新たな制度に移行する」とした事務事業の具体案について
(3) 「第8次総合計画の基本的な考え方」について
(4) 地域振興についての課題
(5) その他
4.閉会

●議事概要
 事務局が開会を宣言の後、会長が挨拶。
 執行部にそれぞれ自己紹介させた後引き続き議事の進行に移る。

議題

議長
 議題(1)について事務局に説明を求める。

事務局
 資料1により詳細に説明を行う。

議長
 質問、意見を求めた。

委員
 資料1の5)地域の課題の2について具体的な計画を伺いたい。

事務局
 国道482について、鷹狩地内の歩道、2車線化と赤波地内の線形修正が計画されている。

委員
 昨年の台風21号の復旧状況について伺いたい。

事務局
 流しびな(ふれあいの水辺)下モについては、国交省2月から3月に発注予定。4月11日の行事には間に合わないので応急的に処置する予定。
 用瀬裏山遊歩道については、災害復旧では不採択で、単市事業とし実施(繰越事業対応で3月発注)する。
 支所裏の農免農道(市道用瀬赤波線)は2月末に発注で3月末に開通の予定です。

委員
 市ノ瀬の崩落関係、県入札の件及び、国道482の改修の問題について聞きたい。

事務局
 先日説明会が市ノ瀬で行われた。落札業者に土砂撤去命令を出す。命令に従わない場合は、県の代執行、土地収用も行うが計画されていた期間が延びる。

事務局
 国道482については合併後の「県政に対する要望」で提出済みです。

委員
 資料1の5)地域の課題の3、4について具体的施策としての表現でないが説明をお願いする。

事務局
 市地域調整課より5点に絞って提出を依頼されたのでこういう表現になった。

委員
 具体的施策を掲載したほうがわかりやすいと思うのだが。

事務局
 わかりました。

委員
 中学校の件で、要望になると思うが。現中学校校舎は竣工後48年が経過しており、かなり老朽化が進んでいる。改修の予定もあるだろうが、その時期を出来るだけい早期になるよう検討してもらいたい。

事務局
 17年度予算で耐震検査を行うよう要望しており、その結果を踏まえて今後検討する方針と聞いています。

委員
 地域づくり懇談会での回答のあった、企業誘致に関し有力企業へのアポを取っていくとあったが、現在の状況をお聞きしたい。

委員
 ダイヘン、用瀬電機にも雇用の拡大をお願いするという発言もあったがどうなっているか。

事務局
 確認していない。

委員
 資料1の5)地域の課題の中に旧用瀬町としての課題が見えない。「雛流し」は「流しびな」であるし、「雛の展示館」は「流しびなの館」である。間違えてはいけない。

委員
 昨年の台風により三角橋付近千代川右岸に土砂が堆積し、瀬戸川取水が出来にくくなっている。反対側の下古用瀬側護岸下は約1m洗掘されていて住民生活を脅かしている。

事務局
 瀬戸川取水口は昨年3回の土砂撤去を行っており、ご指摘のとおりです。護岸は国土交通省との協議により災害復旧で対応することになっている。

議長
 今日の意見、要望は取りまとめこの審議会の意見として提出したいと考えているが、これだけはというものがあれば、お願いしたい。

委員
 行政側は用瀬が今後何をアピールするのか考えなくてはいけない。また、住民側も自分たちが何をやりたいのか、その中で何が出来るのか考えていかなくてはならない。

委員
 山間地域の交通ということで訴えたい。JRに市長として次のことを折衝してもらいたい。現在列車のダイヤは特急を中心に組まれており、地元への配慮が欠けている。用瀬駅へ職員を配置し、施設の管理、安全の確保をお願いしたい。新しいトイレ、駐輪場は当然JR駅舎の管理も行うようにすること。また、運行については、因美線のダイヤ改正を行い本数を増便すること。若桜鉄道との接続が非常に良くないので見直すこと。車両については、入り口とボディー付近に行き先のプレートを取り付けること。これがないとどの列車に乗ればよいのかわからない。JRは「流しびな」の当日または、20人以上の団体客の要望があれば特急を停車させるといって2,3年前から停車している。それが可能ならば、信号待ちで停車する時間が常時2、3分あるのでこれを利用し停車駅としてもらいたい。以上用瀬駅に関してこの審議会で取り上げ意見として市長に提出してもらいたい。

委員
 そのとおりで、JRは特急、急行を優先し普通列車を犠牲にして地元住民を犠牲にしている。

議長
 一応意見が出ましたので、ここで15分の休憩に入ります。

休憩

議長
 再開します。ご意見をお願いします。

委員
 特急の時間待ちについては、JRは要望があれば対応しますと言っているので、積極的に取り組んでもらえばいいのではないか。

委員
 JRへの意見だけ捉えて、この審議会の意見として提出するのは無理があるのではないか。

委員
 JRへ要望すべきもの、市へ要望するべきものと整理し、精査すべきではないか。

委員
 JRの問題は審議会としても受け止めるべき。

委員
 市長に実態を知ってもらいたいという思いが強い。ぜひこの審議会で取り上げてもらい市長へ伝えたい。

委員
 今話されている問題は、次第によると4)の協議であり、一応提出されている議事をすべて聞く必要があるのではないか。

議長
 そのとおりです。では、議事を進行します。今の課題は改めて(4)の地域振興についての課題で取り上げます。
では(2)について説明をお願いします。

事務局
 各担当課長が資料2により詳細に説明を行う。

議長
 (2)について質疑、意見はありませんか。

質疑、意見なし。 

議長
 では(2)についてはよろしいですか。

全員了承

議長
 では(3)について説明をお願いします。

事務局
 資料3により詳細に説明を行う。

議長
 (3)について質疑、意見はありませんか。

質疑、意見なし。

議長
 では(3)についてはよろしいですか。

全員了承

議長
 (4)の地域振興についての課題について意見を求めます。

委員
 用瀬における情報化、またCATVの計画があるようだが、これを企業、事業所も利用できるような形での計画をお願いしたい。

事務局
 鳥取県情報ハイウエーは公共施設ではすでに利用が始まっており、CATVは18年3月事業完成を完了し、18年度には供用開始する予定で、業者利用もできるように考えている。

委員
 マイクロバスの使用について、今後利用可能なのか、出来ないのかはっきりせず老人会の事業計画を立てることが出来ない。

事務局
 マイクロバスの利用は、今後は市の主催事業に参加するときのみ使用できます。社協関係の事業につきましては市社協と協議を行って下さい。

委員
 合併後の職員の体制が、従来のように相談を受けることを基本とする体制がとれていないと思われる。支所1階に4課1室すべて配置してあるので、スペースの関係でいたし方ないとも思われるが、住民が相談に訪れたとき、合併以前のように気軽に担当職員のところまで行って座るということも出来ず、立ち話が中心ではいかがと思われる。

事務局
 現在2、3階は会議室と倉庫代わりに利用しているが財産管理課が中心となり「空スペース検討プロジェクト会議」を行っており、今後支所の利用方法が検討される予定です。

委員
 姫路鳥取線の件だが、聞くところによると河原に大きな道の駅が計画されているとのことだが、従来美成にパーキングをつくり販売所も設置するということで地権者は買収に応じてきているわけだが現在どの様になっているのか。

事務局
 用瀬パーキングの件については来週本課と協議をすることになっている。

委員
 用瀬図書館についてですが、これまで県立図書館の本の貸し出しを希望すれば翌日には対応できていたが、合併後は市立図書館を通すため1週間から2週間前後の期間を要するようになった。また、施設の一部より雨漏りがしており、蔵書等も心配な状況であるがすばやい対応が望めないものか。

委員
 森林の公益性を訴えたい。風倒木の整理にかかる予算関係について、間伐の補助金について、作業道の採択基準についてお願いしたい。以上要望ですのでよろしくお願いする。

議長
 先に提案された山住委員のJRの件に絞って協議したいが、これを当審議会の意見として市長に提出することについてはどうか。

委員
 地域にはさまざまな問題があり、この問題のみ取り上げ意見書を提出するのは妥当ではない。

委員
 審議会でひとつでもまとまれば提出すればいい。今後はまとまったものから提出すればいい。

委員
 もうひとついいたい。総合支所のあり方についてだが、総合支所が総合支所としての役目を果たしていない。支所長の権限、予算の執行のあり方をもう一度見直すべきだ。

委員
 意見、要望が多数出たが、この場で取りまとめは難しい。よって会長、副会長また事務局に一任して、とりまとめて市長に提出する意見を整理してもらってはどうか。

議長
 では、本日ありましたご意見、要望等は会長と副会長、事務局でまとめ、市長に提出する意見についても一任いただくという事で承認いただけますか。

全員賛成

議長
 ではこれで本日の審議会を終了します。

閉会時間 午後4時35分


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.tottori.jp