このページではJavaScriptを使用しています。

第4回用瀬地域審議会議事録

日時:平成17年5月19日(木)午後1時30分から午後3時40分
場所:鳥取市用瀬町別府 用瀬町民会館

〔出席委員〕長戸信勝、山住省二、中村義之、長谷川陽治、八百谷富久巳、田中満智子、三宅光子、加川彰二、森重市、村中邦子、岸田日出紀、佐藤正剛、岸本宣明、西村繁栄、森田純一、中村克洋、森田孝明、古田藤夫、木下靖夫 以上19名
〔欠席委員〕岩本信次郎
  
〔事務局〕西村支所長、楮原副支所長兼市民生活課長、田渕地域振興課長、西村福祉保健課長、寺坂産業建設課長、寺崎教育委員会分室長、森地域振興課参事、沖田地域振興課スタッフ

●会議次第
1.開会
2.挨拶
3.協議事項
(共通事項)
(1)次総合計画基本構想(原案)について
(2)行財政改革大綱及び実施計画について
(3)地域審議会のスケジュールについて
  (個別事項)
(1)集落座談会(仮称)の実施について
(2)第3回用瀬地域審議会における質問事項の回答について
(3)平成17年度イベントカレンダーについて
4.閉会

●議事概要
3.協議事項
共通事項(1)「第8次総合計画基本構想(原案)について」

<支所長> 資料により説明を行う。

<会長>  意見、要望を求める。

<委員>  鳥取市は、今後特例市となるべく具体的に事務を進めると聞いているが、鳥取市が特例市となったら、どんな市になるのかを挙げる必要があるのではないか。

<支所長> 次回支所長会等で意見として述べたい。

<委員>  第3節「まちづくりの基本政策」の中で、生涯学習の意義と、ねらいを明確に、また具体的にうたったほうがいいのではないか。従来、用瀬で行ってきた生涯学習推進委員会、生涯学習カレッジの運営をどう進めていくのか、組織、目標を具体的に揚げてもらいたい。

<事務局> 1週間程度前に、生涯学習課より「生涯学習のまちづくり」についての調査があり、従来用瀬で行ってきたものを提出したところです。今後、本課で取りまとめ計画を立てていくことになります。

<委員>  第3節(7)の「地方分権の進展と財政状況の悪化」の中で、観光に積極的に取り組み収入を挙げて行くというようなことは考えられませんか。
 また、予算の配分についてですが、先日行われた離乳食の講習会では原材料費が1,130円で、かなり予算を切り詰めて事業が行われています。今日の私たちの報酬が9,000円と聞き、お金を使わなければならないところと、そうでないところとの仕分けをもっと市民感覚(主婦感覚)を取り入れてすべきでないかと思うのですが。

<委員>  第2章第2節「まちづくりの5つの原則」のなかに「協働」と「自立」という表現があるが、往々にして行政は「協働」だといって事業や組織の立ち上げを行い、今度は「自立」だといって手を離すようなことを行うが、実施にあたってはこういうことのないようにお願いしたい。

<会長>  皆さんの意見は議事録により市長へ届くことになっています。


共通事項(2)「行財政改革大綱及び実施計画」について

<副支所長>資料により説明を行う。

<会長>  意見、質問をお願いしします。

<委員>  これは、要望になりますが。資料2-1の2.「顧客重視に沿った施策」にISO9001、3.「健全財政に沿った施策」にはISO14001の取り組みが載っており、鳥取市は他市に先駆け取り組みを行っています。しかし、合併旧町村に於いてはこの取り組みが行われていないので、対象職員に対し早急に徹底した取り組みを行ってもらいたい。

<事務局> これについては、5月16日から取り組んでいます。旧町村職員を対象に5月10日、11日に説明会があり、その後に全職員で取り組んでいる状況です。

<委員>  行財政改革大綱は市民に対して求めているものか。市の財政難を「協働」という言葉に名を代えて、市民へ転嫁しているのではないかと思えるが。

<事務局> 市の財政も市民のものであり、市民の皆さんにも応分の負担をお願いしたいと思います。

<委員>  ゴミの減量化についてですが、用瀬町の時と比べてゴミの分別が甘いように思われるが、もっと厳密に分別を進めるようにしたらいいと思う。トレイの回収については、市より業者へ働きかけを行い回収を進めるようにしたらいいと思うのだが。

<委員>  その事については、消費者側にも問題があり、商品を買う時にゴミの出そうなものは極力買わないというような行動も必要だと思います。

<会長>  その他意見、要望はありますか。


共通事項(3)地域審議会のスケジュールについて

<事務局> 資料3により説明をする。

質問なし。


個別事項(1)集落座談会の実施について

<支所長> 総合支所管内における広報、広聴活動を充実、強化することを目的として集落座談会を7月中に3地区(大村、社、用瀬)で開催する予定ですので、地域審議会委員の皆さんも積極的に参加されますようにお願いします。尚、開催日時等は防災無線等でお知らせします。

<会長>  このことについて、質問はありませんか。

質問なし。


個別事項(2)第3回審議会での質問事項の回答

<事務局> 商店街再生支援モデル事業について
 これは、鳥取県より市が委託を受け、商店街活性化のために行う試行的事業であって、空店舗の活用方法、インテリア、接遇等についてコーディネーターの助言を頂き商店街の活性化を行うものです。具体的には若桜街道の活性化を目指すというものです。

<事務局> チャイルドシートの貸し出しの件
 貸し出し期間が1ヶ月は短すぎるのではないかということでしたが、確認したところ、原則1ヶ月であり、更新により3ヶ月までは貸し出しが行えます。それ以上は汚れ、傷み等が出るので更新出来ないということでした。


個別事項(3)平成17年度イベントカレンダーについて

<事務局> 資料により説明を行う。

<会長>   このことについて、質問はありませんか。

質問なし。


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.tottori.jp