このページではJavaScriptを使用しています。

第5回用瀬地域審議会議事録

日時:平成17年8月26日(金)午後1時30分から午後4時
場所:鳥取市用瀬町別府 用瀬町民会館

〔出席委員〕長戸信勝、山住省二、中村義之、長谷川陽治、八百谷富久巳、田中満智子、三宅光子、村中邦子、岸田日出紀、佐藤正剛、岸本宣明、西村繁栄、森田純一、中村克洋、森田孝明、古田藤夫、木下靖夫 以上17名
〔欠席委員〕岩本信次郎、加川彰二、森重市
〔事務局〕西澤企画推進部長、西村支所長、楮原副支所長兼市民生活課長、田渕地域振興課長、西村福祉保健課長、寺坂産業建設課長、寺崎教育委員会分室長、森田地域振興課スタッフ

●会議次第
1.開会
2.挨拶 会長、部長
3.協議事項
(共通事項)
 (1)第8次総合計画基本計画について
 (2)新たな制度の具体案について
 (3)鳥取市災害応急対策について
 (4)集落座談会の結果について
(個別事項)
 (1) 用瀬町総合支所庁舎の位置について
4.閉会

●議事概要
3.協議事項
地域振興課長が開会を宣言し、その後会長、部長が挨拶。議題に入る。

<議長>
共通議題「第8次総合計画基本計画(地域計画)について」、事務局の説明を求める。

<部長>
別添資料「第8次鳥取市総合計画基本計画(案)」により、第3章を中心に抜粋して説明を行う。

<議長>
説明された基本計画案については、本日配布されたものですので、本日ここで意見、要望を求めることは難しいと思われます。後日意見等はお願いすることとしたいとは思いますが、これだけは言っておきたいということがあれば発言をお願いします。

<委員>
3月25日に示された基本構想案と今回の基本計画案とを見ると、すべての項目が変わっている。どこがどう相違しているのか。

<部長>
10年間の計画期間に係る基本構想のもとに、今回の基本計画案は5年間の計画期間で定めたものです。基本計画は、より具体的な施策を定めていますので、基本構想の項目とは違っています。
本日、基本計画案の資料をお配りし説明させていただきましたが、できれば9月16日(金)までに地域審議会委員の意見をお願いしたい。提出いただいた意見は検討させていただきます。

<委員>
具体的な施設整備計画、例えば学校の配置数等の記述が基本計画案にないが、どうしてか。

<部長>
本日説明させていただいたのは平成18年度から5年間に行う施策を掲げた基本計画です。個別の具体的な事務・事業等の実施、実施時期については3年ローリングで実施計画を定めることになります。

<委員>
実施計画について、地域審議会は意見を言えるのか。

<議長>
実施計画について、地域審議会の意見を求めることになるか。

<部長>
実施計画を定める過程で地域審議会に説明することになると考えます。財源、優先順位のこともあり、個別の事業について意見を反映することはできない面もありますが、見ていただく機会を設けたいと思います。

<委員>
平成18年度から20年度の実施計画の策定時期はいつ頃になるか。

<部長>
11月か12月頃になる見込みです。平成17年度中に実施計画を策定、18年度中には19年度から21年度の期間の実施計画を策定、というように、ローリングで策定していくことになります。

<委員>
コミュニティの関係に公民館活動とかの記述がありますが、集落にある集会所で、合併前は用瀬町、合併後は市の施設になっているものを改修する要望を出したが、市の施設では補助金が出せない、市費で改修しなければいけないというような問題があるがどうか。

<支所長>
集会所を整備するときには、財源等のこともあって町の施設として整備し、設置条例を制定している建物があります。実態的には地元に維持管理をお願いしているものがあります。実態を踏まえて、財産管理の面での検討をしていくよう要望します。

<委員>
合併前の町村の総合計画を白紙にしてかかるのは困る。

<委員>
説明はなかったが、基本計画案の教育・福祉についても原案として扱うということか。

<部長>
基本計画案の中に記述していますが、時間の制約があって第3章を中心に説明させてもらいました。基本計画案すべてを原案として提案させていただきました。

<委員>
地域審議会に対して今回のような意見を求めることはやめてほしい。我々は地域審議会の審議する委員であって、さまざまな意見が交わることによってより具体的な大事な計画があると思う。今後このような扱いをされないようにお願いしたい。

<部長>
今回は時間がなく、当日に資料をお配りし意見を聞かせていただくようなことになってしまいました。次回以降は、事前に資料を見ていただいて意見をお願いするということにいたします。

<議長>
以上で「総合計画基本計画について」の審議を終了し、次の議題に移ります。
挨拶でもお断りしましたとおり、私ごとですが所要の会議があってここで退席しますが、以降の議長を副会長にお願いします。

<議長>
次の議題「新たな制度の具体案について」説明を求める。 

<担当課長>
資料の順に担当課長が説明。(地域振興課、教育委員会分室、市民生活課、産業建設課)

<支所長>
合併協議の時点で「新たな制度に移行する」という調整方針となっていた事務・事業について、検討した結果、具体的な新たな制度の内容がまとまった24件について本日説明させていただくものです。内容については、担当課長から説明します。

<議長>
説明のあったことについて、質問・意見を求める。

<委員>
17項目目に記述してある学校図書司書は嘱託職員と書いてあるが、常勤か非常勤かどちらか。

<教委分室長>
週30時間勤務の非常勤職員です。

<議長>
その他質問・意見を求めたが、質問・意見なし。
次の議題「鳥取市災害応急対策について」説明を求める。

<地域振興課長>
資料に基づいて説明。

<議長>
質問・意見を求める。

<委員>
防災計画では学校が避難場所に指定してあるが、教職員の駐車場に使用している部分は避難できる場所にならないので、日頃から避難場所には駐車しないように配慮してほしい。

<地域振興課長>
現在、鳥取市地域防災計画を策定中で、避難場所についても見直しを行っているところです。見直しが済みましたらお示しします。

<委員>
合併前の用瀬町出身の本庁に勤務している職員が、災害発生時に支所に応援に行くことは可能ですか。

<地域振興課長>
あらかじめ8人の職員を指定し配置部署の長にも了解がとってあり、第3配備での対応は可能です。これは昼間についてですが、夜間・休日等については臨時呼集を要請すれば対応できます。

<委員>
応援隊に旧町村出身職員が妥当なのかどうか良く分からない。

<地域振興課長>
先ほど説明しました災害応急対策は、地域防災計画ができるまでの暫定的な計画です。支所応援体制についても精査されます。

<委員>
防災行政無線事業で各部落長宅に無線ファクシミリが設置してあるが、災害対策上の部落長との連絡体制はどうか。

<地域振興課長>
警戒体制に入った場合、無線ファクシミリを活用して部落長さんへの情報提供、自警団長さんへの見回り点検依頼の連絡をお願いする考えでおります。

<議長>
その他質問・意見なく、次の議題「集落座談会の結果について」説明を求める。

<支所長>
資料に基づいて説明。

<議長>
質問・意見を求めたが、質問・意見なし。
個別議題の「用瀬町総合支所の位置について」の説明を求める。

<支所長>
個別議題として挙げた経緯(バリアフリーの観点から支所庁舎が標高の高い場所にあることに係る課題の有無)について説明し、市長から地域審議会委員さんの意見を聞いてみてほしいと要請がありましたので意見をお願いしたい。

<議長>
意見を求める。

<委員>
冬季に雪が降ると庁舎まで上がる歩道に雪が積もっていて除雪してないので歩きにくいという声は多い。歩道を除雪してほしい。

<委員>
これから迎える超高齢社会への対応が必要だと思う。独居高齢者など支所の無線放送を聞いても何のことか分からないという近所の人の声を聞く。こういう高齢者への配慮をお願いしたい。

<委員>
支所庁舎がバス停から遠く、保健センター、町民会館と施設がバラバラにあるから不便です。出前サービスなどを検討してほしい。

<支所長>
保健センターに支所機能を移転した場合はどうなのかとか、具体的にこうあればいいなというような意見をお願いしたい。

<委員>
保健センター、町民会館と機能ごとに分けてあるから、支所庁舎にすべての課があるよりはそれぞれの施設に課があった方が良いと思う。

<委員>
庁舎の位置について、基本的には具体的にどう考えるかが問われているのではないか。宝塚の団地のようにエスカレーターまで考えてみるとか、そこまですると経費がかかり過ぎるから別のことを考えてみるとか、具体的に検討することが必要だと思う。 

<委員>
庁舎が現位置でいいのか、どうかの問いかけではないかと思うが。地域審議会の委員が支所についてどう考えているかが知りたいのではないか。

<委員>
老人、身障者の利便を考えるなら、出前サービスを考えてはどうか。

<委員>
教育委員会が合併後、町民会館から総合支所庁舎に移って、保健福祉関係も庁舎に移っているが、市民と接触の多い部署はより便利な場所に置いた方がいいと思う。

<委員>
高いところにあるより低い場所に総合支所はあった方がいい。

<委員>
支所は、高齢者等のことを考えるとバス停に近い方が良い。

<議長>
まとめませんが、意見が出尽くしたようですので、本議題の審議を終了します。
その他の議題は用意していませんが、ご意見があれば発言下さい。

<委員>
過去の遺産を大事にしようという意見が多いように思う。基本的にどうしていくかを重要視して、用瀬地域の振興策を考えたいものだと思う。また、流しびなの館などをまわってみて思うが、観光施設の充足策を検討していただきたい。

<委員>
観光文化施設の指定管理者制度はどうなっていますか。

<支所長>
平成18年3月に条例を整備して4月から運用する予定です。

<議長>
その他意見なし。
次回審議会は、11月に開催予定です。
本日の審議会は以上で閉会します。
(閉会時間 午後3時56分)


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.tottori.jp