このページではJavaScriptを使用しています。

第4回青谷地域審議会議事録

日時:平成17年5月13日(金)午後1時30分~午後4時21分
場所:青谷町総合支所会議室

〔出席委員〕中原義喜、山根正毅、田中正夫、長谷川次雄、亀谷勝彦、遠藤通、高橋克巳、尾崎洋子、宮尾由紀子、北村由香里、橋本一実、前田保幸、渡辺丈二、植田正彦、芦川浩史 以上15名
〔欠席委員〕前家直樹、尾!)朝昭、廣富靖、久野浩太郎 以上4名
〔事務局〕山下支所長、綾木副支所長、伊藤福祉保健課長、大前市民生活課長、西村産業建設課長、中宇地教委分室長、地域振興課スタッフ秋田、山本、見生

●会議次第
1.開会
2.会長挨拶
3.協議事項
(1)第8次総合計画基本構想(案)について
(2)行財政改革大綱及び実施計画について
(3)地域審議会のスケジュールについて
(4)指定管理者制度について
(5)平成17年度国際交流について
(6)集落座談会の実施について(案)
(7)平成17年度イベントカレンダーについて
(8)意見書の提出について
(9)その他
4.閉会

●議事概要
(1)第8次総合計画基本構想(案)について
<会長> 
基本構想はよく出来ているものの、いつも鳥取に出て実感することは、青谷町と比較すると情報格差(デジタル・デバイド)があり、やはりケーブルテレビが網羅しないことには大きな格差が生じていると思っている。合併以来半年経つが、旧青谷町の人口はどう推移しているのか。合併してからの方が人口の流出が増えているのか。

<委員> 
人口が増えたと言っても旧青谷町から都市部への移動ではないのか。また、合併後周辺の人口が減ってもあまり心配されていない。

<事務局> 
合併前の平成16 年10 月末で人口8,084 人、平成17 年3月末で8,030 人となっており、54 人減っている(外国人を除く)。

<委員> 
総合計画の策定委員のメンバーに旧青谷町から委員が出ているのか。

<事務局> 
旧青谷町にも委員就任の話があり、何人かの人にお願いしたが受けていただける人が無かったので、旧鹿野町にお願いした。

<会長> 
今後財政計画になると委員が出ているといないでは相違が生じる。実施計画が出来る段階で審議会とは別に勉強会を開いた方がよいと副会長ともども考えている。


(2)行財政改革大綱及び実施計画について

<委員> 
実施計画の中にCATVのことが記述してあるが、青谷地域のCATVのことについて詳しく説明して欲しい。

<委員> 
現在のテレビ共聴組合に対する説明及び働きかけが必要ではないかと考えているがどうか。

<事務局> 
(ケーブルテレビ推進員説明会の資料に基づいて説明)
テレビ共聴組合については、今後の解散を含めて検討していただくよう、既に説明会を行っている。

<会長> 
鳥取市の行財政改革は、加速度的に進められているものと思っている。


(3)地域審議会のスケジュールについて
(特段の意見無し)


(4)指定管理者制度について

<委員> 
指定管理者制度により、何がどう変わるのか。

<会長> 
指定管理者制度の導入は、公の施設の管理コストの縮減、民間の能力の活用等を図っていくものである。

<委員> 
指定管理者には誰がなるのか。

<事務局> 
今後、公募により決定していく。


(5)平成17 年度国際交流について
<事務局> 
最近の反日運動の中にあって、太倉市ではそのような反日活動は行われておらず、今年度の事業は注意を払いながら計画どおりに進めていく。
(特段の意見無し)


(6)集落座談会の実施について(案)
(特段の意見無し)


(7)平成17 年度イベントカレンダーについて
<会長> 
和紙工房の事業について、積極的に紹介すること。
(特段の意見無し)


(8)その他
1.統合小学校について
<会長> 
各地区での課題はありませんか。統合小学校の件で、教育長は「地元で反対の声が上がっている。」と言っていた。

<委員> 
前回第3回の地域審議会での説明後、進展はあったのか。再度確認し、きちんと方針を出すべきではないか。次回審議会は8月で、随分先になる。建設年度をはっきりさせ、それに向けての取り組みをすべきである。地域審議会として意見書を市長に提出し、その中で建設年度の明確な回答を求めるべきである。

<副会長> 
合併協議で決まっていることで、場所は決まっており、鳥取市へ引き継いでいる。

<委員> 
この審議会できちんと決めて欲しい。

<委員> 
現在、コンサルの測量、地質調査結果を基に市役所の都市整備部で検討していると聞いているが、別の業者に新たに測量設計委託が出来ないものか。

<事務局> 
都市建設課と住宅建築課で検討中であり、その後教育委員会と都市整備部の協議がなされる。なお、来月(6月)に入れば建設予定地の可否を含め、地域代表からなる建設検討委員会を教育委員会本課が設置する。

<委員> 
建設予定地については、すでに決定済であり、水害対策の堤防のかさ上げ、内水排除の施工と併せて小学校建設を考えて行けばいいことである。

<会長> 
地域審議会としての意見書を市長に申し上げ、審議会の代表者により意見書を作成する。なお、作成後皆様に集まっていただき、協議したいと考えている。

2.道路整備について
<会長> 
中山間地の道路整備について副会長とも話しているが、鹿野地域審議会長と協議し、意見書を市長へ提出したいと考えている。

3.岩ガキのウィルス対策について
<委員> 
赤碕の方でカキからノロウィルスが見つかり、出荷停止となっている。下水排除に関係があると聞いているが、水質検査結果はどのような状況か。

<事務局> 
下水道の処理水は定期的に検査しており、異常があるとは聞いてない。

<委員> 
水温が上がればカキの動きが活発になり、ウィルスも消滅する。県漁協は1箇所でもウィルスが検出されれば出荷停止となる。検査をしっかりお願いしたい。

-終了-

閉会16:21

ダウンロード



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
青谷町総合支所 地域振興課
電話0857-85-0011
FAX0857-85-1049
メールアドレスao-chiiki@city.tottori.tottori.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)