このページではJavaScriptを使用しています。

第8回国府地域審議会議事概要

日時:平成18年5月30日(火)午後1時30分~4時30分
場所:鳥取市国府町総合支所 3階第7会議室

〔出席委員〕山口勝憲、石本光彦、森原喜久、三浦勝利、小谷信竹、吉田ふさゑ、岡本愛、沖時枝、谷口徳五郎、村田善治、木下敏明、村尾馨、岡野頼雄、峯尾保、山崎祥次、寺本久子、土井倫子
〔欠席委員〕福田収、田村勲、横山璋也
〔水道局〕 近藤水道事業管理者、上山次長、西川工務課長、沖田企画広報係長
〔事務局〕林支所長、森本副支所長、谷岡福祉保健課長兼市民生活課長、小林市民生活課参事、山本産業建設課長、森原教育委員会分室長、中尾地域振興課スタッフ

●会議次第
1.開会
2.辞令交付
3.会長あいさつ
4.議事
(1)水道事業の長期経営構想について
(2)地域審議会の年間スケジュールについて
(3)平成18年度6月補正(肉付け)予算(案)について
(4)総合支所地域振興課プロジェクトチームの設置と地域振興策の作成について
(5)「総合支所・市民の声」市長報告制度の整備について
(6)広域バス路線の県の補助制度の見直しについて
(7)CATV・オフトーク通信設備整備の状況について
5.その他
6.閉会

●議事概要
1.開会(事務局)
  
2.辞令交付(林支所長より石本光彦、森原喜久両氏に辞令書を手渡す。その後一人ずつ挨拶する。)
  
3.会長あいさつ(村尾会長)

4.議事
(1)水道事業の長期経営構想について
〔水道局〕(上山次長が資料に基づいて説明。近藤管理者、西川工務課長が補足説明)

〔委員〕平成22年からの値上げということだが、なぜ22年を待たずにやらないのか。

〔水道局〕値上げをするからには、住民にとって何らかのメリットがないといけないとの配慮からであり、江山浄水場が完成し、安心安全な水を供給できてからとしている。

〔委員〕簡易水道はどうなのか。

〔事務局〕10年かけて統一する方針で協議中である。

〔委員〕国府地域で鉛製給水管は163戸残っているが、今年中に全部できるのか?

〔水道局〕今年は、9戸を予定している。

〔委員〕住民の不安は大きいが。

〔水道局〕市報水道局だよりで問い合わせるようお知らせしている。

〔委員〕クリプトのろ過に金がかかるというが、検査結果が耳に入ってこないが、原虫はいるのか?

〔水道局〕おそれがある。検査結果は市役所のホームページで流している。

〔委員〕どんな症状がでるのか。

〔水道局〕下痢とかの症状がでる。お年寄りや免疫力のない人は亡くなる場合がある。ウィルスだけでなく対応できる設備を整えたい。

〔委員〕水質検査を委託しているというが。

〔水道局〕水道局は直営で水質検査を行っている。

〔委員〕青谷と河原は保健事業団に委託している。

〔委員〕鉛管の更新が必要な延長は?

〔水道局〕500mある。鉛管でも、朝一番に水洗トイレで流すなどすれば体に害がない。

〔委員〕浄水場は来年完成するが、膜ろ過方式は変えないのか?

〔水道局〕膜ろ過で進めていくつもりである。

〔委員〕膜ろ過で環境ホルモンが出ると聞いたが。

〔水道局〕聞いたことがないし、人体に影響はない。水質検査はきちっとやっていく。

(2)地域審議会の年間スケジュールについて(森本副支所長が資料に基づいて説明)
 質疑なし。

(3)平成18年度6月補正(肉付け)予算(案)について
(森本副支所長が資料に基づいて説明)

〔委員〕美歎の花火大会はどうなったか?

〔委員〕実行委員会が解散し取り止めた。

〔委員〕市でできないか、検討してはどうか。

〔委員〕オフトーク代替施設の整備はどういう計画か。

〔事務局〕18年度は宮下・あおば地区、19年は谷、成器、大茅地区を考えている。大茅が済んでから切り替を行う。

〔委員〕有線放送で、広西地区は部落放送をするということだが。

〔事務局〕自治会放送は有線で行う。CATVの告知端末を希望する人は、自治会を通して申し込むことになる。

〔委員〕審議会は、言いっぱなし、聞きっぱなしの感がする。

(4)総合支所地域振興課プロジェクトチームの設置と地域振興策の作成について(森本副支所長が資料に基づいて説明)
〔副会長〕新市まちづくり計画にのっとった形で進めていくべきだ。とりわけ3A事業を中心に。

〔事務局〕新市まちづくり計画については、8次総の中で取り組むものである。 

〔委員〕審議会として市長に要望していくべきである。支所長が参加する会議はあるのか?

〔事務局〕幹部会がある。

〔委員〕地域振興策を出しても支所長が出席しないと、うまく伝わらないのでは?

〔事務局〕政策調整会議に支所長が持って出て説明する。環境問題も大きなテーマの一つであると思う。

〔委員〕今の支所の職員の体制でできるのか。職員自らが地域に出て行くのか、それとも要望を受け付けるのか?

〔事務局〕これは少し違う。地域の人と協働してどんなことがやれるかである。

〔委員〕ひとつの目玉を決めるということか?

〔事務局〕そういうことである。

〔委員〕いいことだと思うが、支所にものを頼んでも答えが返ってこないという声が聞こえる。

〔委員〕今は各地区公民館が核となっている。万葉歴史館を活かすとか、全町的に考えて、自治会要望を一体的なものにしてゆくべきである。

〔事務局〕来月早々プロジェクトチームを発足する。地区公民館は、コミュニティ活動の拠点であると理解している。支所も幅広く地域振興策を考えていくので、市民にも汗をかいていただきたい。

(5)「総合支所・市民の声」市長報告制度の整備について(森本副支所長が資料に基づいて説明)
質疑なし

(6)広域バス路線の県の補助制度見直しについて(森本副支所長が資料に基づいて説明)
〔事務局〕県としては、空のバスを走らせるわけには行かないという考えである。何かいい代替案があれば提案してもらいたい。

〔委員〕回数券を売ったらどうか。

〔委員〕乗らない人は買わないのでは?

〔委員〕宮下の地区要望にも出したが、増便するとか、運行時間帯を変えてはどうか。

〔事務局〕時間帯の変更は慎重にすべきである。増便は無理で、地区要望の回答では変更は検討事項になっている。逆に困る人が出てくる。

〔委員〕通学に影響がないよう考慮してもらいたい。

〔会長〕いい案があったらいつでもいいから教えて欲しい。

(7)CATV・オフトーク通信設備整備の状況について(森本副支所長が資料に基づいて説明)
〔委員〕CATVは全世帯の8割が見えるようになるのか。

〔事務局〕8月か9月には大体見られる予定である。

5.その他
〔委員〕市長選で投票率が下がったが、市の評価は。また、下水道料金を統一したり、集落排水と上水道を一本化する案が出ているが、合併協定書との関係はどうか

〔事務局〕投票率低下の要因は、投開票所の削減と選挙の内容が考えられる。期日前投票を利用するなど呼びかけたが、あのような結果となった。今後、選挙管理委員で議論されると思う。

〔会長〕岡野委員は簡易水道の委員になっているが。

〔委員〕市と地元管理では料金格差がある。当面は現行どおりで、来年度から10年で4段階で改定し、28年度で統一する。集会所などはお金を取っていない。市に移管されてから免除されている町村がある。

〔事務局〕下水道審議会において、集落排水と下水道を統一する話がなされている。合併協定では5年間で調整することとなっている。

〔事務局〕協定書に関わるようなことがあれば審議会に諮る。福部のプールの料金は審議会に諮った。

〔委員〕岩倉サンマートが移転するという話を聞いたが。また、国立療養所の跡地はどうなるのか。

〔事務局〕サンマートの移転は把握していない。国立療養所の跡地は国の管理で、現時点では市が買収する予定はない。

6.閉会
〔会長〕その他に意見、質問等ありませんか。無いようです


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 地域振興課
電話0857-39-0555
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-chiiki@city.tottori.tottori.jp