Tottori City News Letter   
とっとり市報2006年10月1日
    

生活管理指導員の派遣

 虚弱な高齢者に家事などの支援・指導を行います。

対象 要介護、要支援認定者を除く要介護状態となるおそれのある虚弱な高齢者で、家事などの基本的生活習慣が十分にできない人

内容 家庭訪問による家事援助、指導(週1時間30分まで)

費用 388円/時間   

■申込・問い合わせ先 
市役所駅南庁舎高齢社会課 TEL (0857)20―3453
各総合支所福祉保健課/各地域包括支援センター
目次へ戻る  このページの上部へ
 

まちづくりイベント助成

 多くの市民が参加する各種の新しいまちづくりイベントについて、その経費の一部を助成します。

助成額 助成対象経費の2分の1以内(上限30万円)

助成決定 11月下旬(予定)

申込期限 11月10日(金)

■申込先 
鳥取市人づくり・まちづくり基金運営委員会(市役所本庁舎協働推進課内)
TEL (0857)20―3182
目次へ戻る  このページの上部へ
 

10月のごみ収集

 10月9日(月=体育の日)の、鳥取地域の収集計画は次のとおりです。

可燃ごみ 通常どおり収集します。
古紙類

食品トレー
プラスチック
資源ごみ
小型破砕ごみ

収集しません。
ペットボトル 10月11日(水)に
振り替えて収集します。

※午前8時までに必ず出してください。

※合併地域については、各総合支所だよりをご覧になるか、各総合支所市民生活課へお問い合わせください。

■問い合わせ先 市役所本庁舎生活環境課 TEL (0857)20―3217
目次へ戻る  このページの上部へ
 

違反建築防止パトロール

 10月11日〜17日は、違反建築防止週間です。期間中、一斉公開パトロールを行います。違反建築のない住みよいまちづくりを進めましょう。

■問い合わせ先
 
市役所本庁舎建築指導課 TEL (0857)20―3282
違反建築はダメ!

目次へ戻る  このページの上部へ
 

市営住宅駐車場の有料化

平成18年12月1日以降の利用から市営住宅駐車場の使用料を徴収します。
 使用料は、家賃の計算方法に準じ、固定資産税評価額、整備費などを勘案して定めます。(500円〜3800円/月)※身体障害者の人などが使用する、自動車税がかからない自動車を駐車する場合は、使用料を免除します。

■問い合わせ先 市役所本庁舎建築住宅課 TEL (0857)20―3291
目次へ戻る  このページの上部へ
 

水道局からのお知らせ

水道局職員を装った悪質業者にご注意を!

 水道局の職員を装ったり、水道局から依頼されたなどと偽って、浄水器の設置や給水管の清掃作業を行うなどの悪質な商法によるトラブルが発生しています。
  水道局では、次のようなことは一切していませんので、 ご注意ください。

▽家庭を訪問し、物品(浄水器など)の販売や給水管の清掃を行う。

▽一方的に水質検査や水道工事に訪れて、料金を請求する。


 水道局の職員は、「顔写真入りの証明書」を常に携帯しています。不審な点がある場合は、証明書の提示を求めるか、その場で水道局にお問い合わせください。


水道メーターの取り替えにご協力を!

 水道メーターは、みなさんが使用した水量を正確に計る大切なもので、計量法により使用期限が定められているため、定期的に取り替えなければいけません。水道メーターの取り替えには、水道局が委託した指定工事業者が訪問し、工事を行います。ご理解とご協力をお願いします。
※取り替え費用の個人負担はありません。

■問い合わせ先 水道局給水課 TEL (0857)53-7932
目次へ戻る  このページの上部へ
 

国保あれこれ「みんなの医療費を有効に!」

 医療費が毎年増え続けています。その理由として、医療の高度化や治療期間の長い生活習慣病などの増加などが挙げられます。
 国民健康保険は、加入者のみなさんが医療費の一部を保険料として納めていただくことで成り立っています。医療費が増えれば、みなさんが医療機関の窓口で支払う負担額が増えるばかりでなく、保険料も高くなります。
 ふだんから健康に気を配るとともに、次の点に心がけましょう。
▽かかりつけ医に日頃から相談する ▽重複受診はさける ▽できるだけ診療時間内に受診 ▽必要以上の投薬を求めない ▽健康診断を受け、早期発見・早期治療を

■問い合わせ先 市役所駅南庁舎保険年金課 TEL (0857)20−3482
目次へ戻る  このページの上部へ
 

国民年金コーナー「特別障害給付金制度のお知らせ」

<対象となる人>
  国民年金に任意加入していなかった期間中に生じた傷病が原因で、現在障害基礎年金1・2級相当の障害状態となった人で次の(1)(2)のいずれかに該当する人
(1) 昭和61年3月以前に国民年金任意加入対象であった厚生年金保険などに加入していた人の配偶者
(2) 平成3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生
※特別障害給付金の支給は、受付月の翌月分から支給いたします。障害認定に必要な添付書類が全てそろわない場合でも、まずは請求書を提出してください。


社会保険事務所の年金相談をご利用ください

  鳥取社会保険事務所では、平日、午前8時30分から午後5時15分まで年金の相談窓口を開設しています。下記の時間延長なども実施していますので、ご利用ください。

◇年金相談時間の延長
毎月第2月曜日は午後7時まで相談時間を延長しています。

◇年金相談日の拡大
毎月第2土曜日に年金相談を開設しています。 (午前8時30分〜午後4時まで)

■問い合わせ先 
鳥取社会保険事務所 TEL (0857)27−8311     
市役所駅南庁舎保険年金課 TEL (0857)20−3484
目次へ戻る  このページの上部へ
 

姉妹都市 韓国清州市からきました!

 鳥取市と姉妹都市提携を結んでいる韓国清州市の職員が9月5日から鳥取市役所に研修職員として勤務しています。
 研修を受けているのは、清州市女性発展文化センターの諸明熙(チェ・ミョンヒ)さん。企画調整課などに配属され、12月1日までの約3カ月間、鳥取市の行政の仕組みや環境政策、男女共同参画に関することなどを学ぶとともに、市民との交流を深めます。
写真 諸明熙(チェ・ミョンヒ)さん
目次へ戻る  このページの上部へ
 

鳥取地域の一斉清掃は、10月15日(日)です

みんなでごみのない美しいまちに

◇ びん・缶・プラスチックなどは必ず分別してください。

◇ 家庭一般ごみとは別の、決められた位置に出してください。

◇ 家電製品や大型ごみ、タイヤ、バッテリーなどは出さないでください。
写真

■問い合わせ先 鳥取市市民運動推進協議会(協働推進課内) TEL (0857)20−3182
目次へ戻る  このページの上部へ
 

市税豆知識

【入湯税】 環境施設の整備などに役立てます

 入湯税は、鉱泉浴場(温泉など)を利用する入湯客に課税され、次の費用に充てるための目的税です。

▽清掃工場、下水処理場などの環境衛生施設の整備
▽鉱泉源の保護管理施設の整備
▽消防施設、その他消防活動に必要な施設の整備

  入湯客から受け取った税金は、鉱泉浴場の経営者が市に納めます。税額は1人1日150円です。ただし、12歳未満の人、一般公衆浴場の入湯客などへの課税は免除されます。

■問い合わせ先 市役所駅南庁舎市民税課 TEL (0857)20−3411


【市・県民税】 あなたの市・県民税が変わります!

 国の三位一体改革に伴い、国から地方へ税源が移譲されることになりました。具体的には、平成19年度から市・県民税の税率が一律10%に見直されるとともに、所得税も現在の4段階から6段階に見直されます。これにより、納税者の大半が市・県民税は増えますが、その分所得税が減税となるため、負担は変わりません。

〈モデルケース〉夫婦子2人、夫の給与収入600万円
  所得税 市・県民税 所得税+市・県民税
税源移譲前 189,000円 122,000円 311,000円
税源移譲後 94,500円 216,500円 311,000円

■問い合わせ先 市役所駅南庁舎市民税課 TEL (0857)20−3414・3417
目次へ戻る  このページの上部へ
 

「女と男の一行詩」最優秀賞決定!

 たくさんのご応募ありがとうございました。

 第2回目となる今回は、170人のみなさんから370点の応募をいただきました。審査の結果、最優秀賞および優秀賞は、次の作品に決まりました。

【小中学生の部】
最優秀賞 
エプロンは男も女も似合ってる どちらも持ってるやさしさを
伊井 遥さん(鹿野小5年)

優 秀 賞

男だけで おりょう理したよ 朝ごはん 母さんぐっすり   今日はねててね
加納 成優さん(湖山小2年)

みんなはね いろんないいとこもっている 男も女も十人十色
西村 龍晟さん(世紀小6年)
                                     

【一般の部】
最優秀賞
女だからとあきらめず 男だからと肩肘張らず できることから始め  たい 活気あふれる職場づくり
角脇 桂子さん(湖山町)

優 秀 賞

じいたん これとれた!! ミニ裁縫セットで つくろう 園児服のカ フスのボタン
幡 加代子さん(面 影)

泣き出した 我が子抱えて 大慌て 妻は笑って シャッターを切る
小谷 直和さん(浜 坂)
                                        
■問い合わせ先  男女共同参画課(福祉文化会館内) TEL (0857)20-3166
目次へ戻る  このページの上部へ