このページではJavaScriptを使用しています。

第9回福部地域審議会議事録

日時:平成18年8月24日(木) 午後1時30分~3時20分
場所:福部町中央公民館2階会議室

〔出席委員〕山里富久、山本正明、中西重康、森 統、中村幸治、池内和義、山根美智子、上山弘 子、森本久男、新 泰徳、小谷啓二、飼牛陽一郎、黒田一郎、安田豊実、山根三郎、山根 聰、池 内徳義、山田義治、前川澄雄 以上19名(敬称略)

〔欠席委員〕前田智一 以上1名(敬称略)

〔事務局〕(支所)北川支所長、吉田副支所長兼地域振興課長、岸本福祉保健課長兼市民生活課長 、山本産業建設課長、田中産業建設課参事、山本教育委員会分室長兼公民館長、吉田地域振興課参 事 (本庁)農村整備課西川簡易水道室長、浅尾スタッフ

◎会議次第
1.開会
2.会長あいさつ
3.議事
(1)簡易水道使用料の改定について …資料1
(2)市の機構改革(7/1)と業務の異動について …資料2
(3)鳥取市公金の適正化に関する改善方針について …資料3
(4)第8次鳥取市総合計画「実施計画」の見直し(ローリング)について …資料4
(5)合併地域活性化推進事業に係る地域振興策の作成について(資料事前送付)
4.その他
5.閉会
  
◎議事概要

1.開会

2.会長あいさつ

3.議事

〔会長〕それでは議事に入ります。はじめに簡易水道使用料の改定について資料1により説明をお 願いします。

〔事務局〕(西川簡易水道室長より、資料1により簡易水道使用料の改定について説明)

〔会長〕ありがとうございました。ここで質問を受けたいと思います。新しい水道料金の中味につ いて今説明を受けたわけでございますが、何か質問はありますか。

〔委員〕今、18年度の予算内訳の中で、18年度予算が11億5500万円ということだが、1 9年度も同じような予算が組まれるのか。

〔室長〕イコールにはならないが、ほぼ同じような予算が組まれると思う。

〔委員〕毎年5億5千万円の簡易水道を建設する場所があるのか。

〔室長〕資料1のP3にあるように整備計画をたてていく。これを現在進めているところであり、 19年度以降の建設費は未定である。当面平成19年度から21年度までの料金設定ということで この度は説明させていただいている。これからは10年後を見据えた整備計画をたてて、再度料金 設定の精度を上げていこうという考えを持っている。

〔委員〕(水道には)簡易水道と上水道があるが、その整備計画というのは簡易水道だけを整備し ていくのか。簡易水道の中の何%かずつを上水道のほうにつないでいく整備なのか。簡易水道ばか り増やしてもしょうがない。鳥取市の市域が広くなったのだから、例えば福部地区は上水道の方に つなぐ計画があるのかどうか。あればもっと安くなる。上水道の方は多分これより安い値段が設定 されると思う。高いままで、10年後は安くなりますじゃなくて、10年後には今の簡易水道の何 %くらいが上水道に切り替わりますみたいなものは整備計画としてないのか。それから、1億1千 万円の人件費ということで、ざっと計算すれば1人700万円くらいになる。今言ったように簡易 水道を上水道に切り替えていけば簡易水道の率が低くなる。それでもまだ16名の人件費としてこ れくらいのものが要るのか。

〔室長〕上水道と簡易水道を接続するということになっても、費用を払うのは簡易水道事業になる 。現在、福部町地域はすべて簡易水道で運営させていただいているので、仮に上水道につなぐとし ても、簡易水道事業の費用でつないだあとで、上水道の水をもってくるということになる。従って 、未来永劫その借金は簡易水道が払っていくということになる。上水道というのは公営企業になる し、簡易水道は特別会計の中でやっているので、全く財布が違う。ですから、整備が上水道と簡易 水道は全く別々な中でやっているので、簡易水道が上水道の工事をやるということはありません。 ということで、簡易水道を上水道につなぐという場合、上水道が金を出すのではなくて、簡易水道 が費用を負担する、借金も後々まで残ってくるということをご理解いただきたい。
 今度は人件費の問題ですが、仮に、そういうことになって、まったく福部町区域が上水道区域にな ると、人件費は上水道の方から出すということになるので、要らなくなると思うが、この福部町区域 にしてもそうですし、国府町区域にしてもそうですが、簡易水道を担当している職員は1人しかい ません。給水サービスが悪くなってもいいということなら減らすこともできるが、最低でも1人の 職員にいていただかないと給水サービスが低下するということになる。そういうことから、人を減 らすというのは、今のところは難しいと考えている。

〔委員〕簡易水道を上水道につなぐ整備計画が本当にあるのかどうか。簡易水道は簡易水道のまま で未来永劫簡易水道のままなのか。新しく合併した近いところは上水道につなぐというような方法 はとらないのかどうかということです。

〔室長〕実はその計画はないことはありません。ただ、費用対効果とか、簡易水道事業と上水道事 業が協調する必要がありますし、そのあたりがまだこれからという段階です。今年度、先ほど整備 計画をやると言いましたが、これは上水道と協調しながら整備計画を進めていきたいと思っていま すので、ここでやりますということは言えませんが、調整はしますということは言えると思います。

〔会長〕ほかにないようですので、次に進めさせてもらいます。本論に入りますまでに、このたび 支所長が変わっていますので、支所長のあいさつをいただきたいと思います。
(支所長あいさつ)

〔会長〕次は、2番目の市の機構改革と業務の異動について、資料2の説明をお願いします。

〔事務局〕(北川支所長が、資料2により機構改革及び業務の異動について説明)

〔会長〕何か尋ねたいことがありましたらお願いします。ないようでしたら、また後でまとめて質 問を受けたいと思います。次に、3番目の鳥取市公金の適正化に関する改善方針について、資料3 の説明をお願いします。

〔事務局〕(吉田副支所長が資料3により説明)

〔会長〕何か質問はありますか。ないようでしたら、次の第8次鳥取市総合計画「実施計画」の見 直し(ローリング)について説明をお願いします。

〔事務局〕(吉田副支所長が、資料4により第8次鳥取市総合計画「実施計画」の見直しについて 説明)

〔会長〕何か質問はありますか。ないようでしたら、次は5番目の合併地域活性化推進事業に係る 地域振興策の作成についてですが、この資料は事前に委員の皆さんに送りまして、目を通していただ いたということですが、振興策の事業の案については皆さん方の意見を取り入れて策定することに なっています。とりあえず事務局の方で案を作っていますので、皆さんの意見を頂戴したいと思い ます。皆さん目を通していただいていると思いますが、とりあえず事務局の説明を受けたいと思いま す。

〔事務局〕(吉田地域振興課参事が資料に基づいて合併地域活性化推進事業について説明)

〔会長〕活性化事業はこれ1つですか。

〔事務局〕この審議会に諮るについて、2つないし3つぐらいの事業案を提示できたらということ でプロジェクトチームでも検討してきましたが、先ほど説明した地域振興策の基本的事項ということ の中に、現行の地域振興特定予算事業を見直しして、新しい事業の財源を生み出すという考え方が あるので、新しい事業をつくれば、それに替わって今ある事業を削っていく、やめていくというこ とが必要になる可能性が強いということもある。また、現行の支所が行っている業務の延長線上の 事業では地域振興策としては弱いんじゃないかという意見もあって、プロジェクトチームで再三に 渡って検討したが、最終的にこの楽居大学まちづくり事業を地域振興策として掲げるのが一番ふさわ しいんじゃないかというのがプロジェクトチームの結論でした。

〔会長〕この場に楽居大学の学長がいるので、内容をわかりやすいように説明してもらったらどう か。

〔学長〕説明させてもらうほどのことではないが、清内谷の公民館を起点として、清内谷がやって いるというのでなく有志でやっている。橘女子大学の学生も来られ、婦人も来られということで結 構活動させてもらっている。何分にも施設というか公民館が10畳の間しかないもので、準備がほ とんど整っていないと言ったほうが早いが、盛り上げた勢いでやろうということで続けている。

〔会長〕事務局の方なり、学長の方でも話しがあったが、この楽居大学というのはこれから福部の新 しいメニューとして伸ばしていきたいというのが、事務局なり地元の人の熱意だそうでございます 。これについて、皆さんのほうで質問なり、意見なりがあったら伺いたいと思いますがないでしょ うか。

〔委員〕もっといい(宿泊)施設をつくってほしい。私も以前泊めた経験があるが、泊める場所が ない。

〔学長〕10月7日、8日にまた15名ほど来るような予定を立てている。五右衛門釜がなかなか 魅力的でそれを期待して来るというようなことも聞いていますし、今年はホタルもしっかり出ました 。

〔委員〕どこに泊まるのか。

〔学長〕15名来られたら、清内谷の公民館に7、8名泊まってもらって、浜湯山の民宿に残りはお りてもらうという感じで考えている。食事はほとんど清内谷の公民館でするというのが原則です。 ただ、泊まるだけが浜湯山ということ。2日目には浜湯山におりて、梨ジャムを作ったり、らっき ょう畑とか砂丘の観光をしてもらって、今度は鹿野町に行ってもらうというスケジュールになって いるようです。春の笹巻きをしても皆が大変喜んでくれて、帰るときは別れを惜しむような感じに なる。

〔委員〕京都の橘女子大から大阪の枚方の婦人会まで、また今度15人来られるということで、体 験メニューが資料に5つ、6つ載っているが、また来ようという気になっている人があるのか。

〔学長〕後でアンケートを書いてもらうと、皆さんがまた来たいということですが、やはり行政の方 で募集しているような感じで、個人的にはまだない。ただ、来たいというのはほとんどの人が書い ている。

〔委員〕この前テレビを見ていたら、鹿野町に子どもを連れて、1週間ですか、砂丘とか、海水浴 とかをするイベントが大変喜ばれていて、また来年も来ようということになるんじゃないかなと思 う。

〔学長〕どこの町村も泊めるところに苦労しているようです。民宿に泊まらせるのもなかなか大変 なようです。

〔委員〕予算はいくらあるのか。

〔事務局〕ふくべ楽居大学事業は、今年度予算が856千円です。参考までに昨年は986千円で す。予定としては、一応今年度限りで終わりということです。今年度は県外向けにホームページを立 ち上げるということで予算を組んでいました。従って、この地域振興特定予算事業の灯を消さないよ うに、今の2地区以外に、何でもいい広げていただいたらと考えています。先日も盆なんか、岩戸 で地引網をやっていましたが、1回を2回、3回にするということです。先ほど集会所とか公民館 の整備をと言われたが、この事業ではそういったハード事業は予算化できません。ソフト事業だけ です。従って、例えば宿泊に民家を借りると、布団がないとか、食器がないとかという設備程度な らソフト事業で予算要求できるのかなと思います。

〔委員〕これは、個人負担はどうなっているのか。15人来たらみんな予算からみるのか。

〔事務局〕今度来られる15人は、グリーンツーリズムということで、協働推進課(地域振興室) が事務局を持っているが、そちらから話しがあったものです。話しは少し変わりますが、先ほどリピ ーターはないのかということを言われましたが、姫路の方で、10月にリピーターが契約されていた が、都合があって今回は辞めるということになった。来年のらっきょう堀のころに来たいというこ とがありまして、その時に料金設定をさせてもらったが、1泊2日で12千円です。今回は2泊3 日で17千円ですが、このうち本人負担が5千円程度、あと12千円を行政が負担するということ です。もう1つ、楽居大学事業は今年度で終わるということですが、楽居大学自体は続けていただ きます。そのために、例えばらっきょう堀体験が2千円だとすると、それではこれからずっとやっ ていけないんじゃないかということで5百円アップしました。平成17年度、18年度は、料金見直 しをしてずっとやっていける体制をつくろうということでやっています。ただ、いかんせんまだリ ピーターが少ないということで、経営的に苦しい部分があります。

〔委員〕地域振興策についてはプロジェクトチームを設置して検討してきたということだが、福部 町には地域活性化推進協議会、むらづくり運動推進協議会というようなものがある。地域活性化の 推進事業とそういう地域活性化推進協議会との兼ね合いはどうなっているのか。全然関係がないの か。

〔事務局〕地域振興策として、このふくべ楽居大学まちづくり事業を予算要求する以上、行政座談 会でも少し話したが、住民の団体で作る受皿、事業を推進していただく住民の方の集まり、団体、そ ういった組織に事業をお願いすることになるので、この場合は楽居大学にお願いすることになろう かと思う。ふくべ楽居大学事業はこれまでの約束事から、平成19年度の予算要求はひとまずスト ップしますが、事業は事業として継続しますので、この灯を消さないで、事業の輪をなお広げて、い ろんな地域・地区でこの事業に参加していただいたらということで提案させていただいています。 もし、むらづくり等でこんな活性化策は、こんな事業はどうかという提案がありましたら先日来お 願いをしておりますが、遠慮なく提案をしていただきたい。

〔委員〕資料を見ると、町民意識アンケートを取っているが、その中にいろいろあるが、都市との交 流を図るというものよりも、青少年の健全育成に力を入れるとか、大人と子どものマナーを守ると かいうものが回答率が高いようです。この度される楽居大学の中でそういうことが盛り込めるよう なことを何か考えて運営していただきたいと思います。中味のことですのでこれから色々できると 思いますが、そのようなことも念頭に置きながらまた考えていただけたらと思います。

〔会長〕他になにかありますか。この活性化事業についてなにかありましたらどうぞ。

〔委員〕この活性化策はだいたいいつ頃までにまとめるのか。

〔事務局〕この地域活性化策につきましては、平成19年度から展開する事業ということになって いまして、9月中旬頃までに最終的な成案を作成して、10月に市の幹部会議に事業計画を提出し 審議を行います。それが通れば、19年度の予算化に進むというようなスケジュールになっていま す。

〔会長〕それでは、他に意見がないようでしたら、5番までの議事は終わりまして、その他の事項 に入りたいと思います。何かありましたらどうぞ。

〔委員〕砂丘のオアシス広場の件ですが、オアシス広場の管理を十数年来湯山管理組合が管理委託 をしていた。いつも3月末で契約更新ということが行われていて、今年になってその契約の更新が ないということを管理組合の委員長から聞いたが、それは管理契約がまだなされていないのか、あ るいは他の業者が管理をしているのか。どのようになっているのか聞かせてもらいたい。

〔事務局〕オアシス広場の管理委託については、今まで湯山管理組合に委託していたが、契約形態 が変わったということを承知していないので、事実関係を調べて、委員に連絡をさしあげたい。

〔委員〕国道9号バイパスが当初の説明のときには10年くらい、平成22、3年頃には開通する という説明だった。土地買収も進めているができていない人も多い。国交省も地域の協力のないと ころは投げている。話しのついたところを先行していこうという基本的な考えもある。地権者は買 収された土地は自分の土地ではないので投げている。その畑の周囲の者は荒れて非常に迷惑してい る。そのあたりも考えていただいて、開通の促進をお願いしたい。一時的に国交省からいいよと言 われてらっきょうを作っている家もあるが、荒地が多数ある。周辺に非常に迷惑になっている。

〔事務局〕国道9号バイパスの用地買収は2割程度残っているということでございまして、岩美町 の方は終わったように聞いている。従って、国交省のほうにもこれの促進をお願いしているところ でございます。
 らっきょう畑の管理の問題につきましては、国交省の用地買収にかかった地区について言われる ような弊害も出てまいりますので、らっきょう畑として栽培しながら管理するということで、毎年 委託契約ということで組合の方と契約しているところでございますし、できる限り組合の方にもお 願いしまして、他の迷惑にならないような管理といいますか、そういうことをこれからお願いして いくということでございますのでよろしくお願いします。

〔委員〕らっきょう畑のことだが、これは言われることと反対になっている。今作っているらっき ょう畑は作らせるということだったが、国交省のものになったのだからやめるという。それで、現 在は海士に芝を栽培して、それで砂の飛ばないような方法を研究しているようです。それから、国 交省も色々言いますけど用地買収とかなんとか言っても一貫性がない。「絶対売りません」とか言 っていないところにも来ない。担当者が替わると全然違う。だからそのへんのところは不信感が募 ってきている地権者がたくさんある。
 鳥大も一時、乾燥地については全国で一番権威のあるところなので、そういうことの研究はして いた。けれども、私たちは買収して草が生えたりすると、その草の種が飛んでらっきょう畑として 作れなくなるということを一番心配して提案していた。それで畑として作ってもよかろうというこ とだったんだが、それからどうもそれではということが出てきて、現在は芝を栽培して飛砂防止や 雑草の種が飛んでいくようなことを防ぐというようなことをやっている。何か、とにかく一貫性が ないし、人が替わったらくるくる変わってきているような感じがしている。そのへんのことも行政 で調べてちゃんとしてもらいたい。

〔委員〕台風シーズンになるが、塩見川の駅の橋から鉄橋までの間に草が生茂って河川の機能が低 下している。何か浚渫なり、掘削なりの予定はないか。

〔会長〕このことについては、浸水対策の中の大きな事業ということで、毎年県土整備局維持管理 課のほうには事業要望を出しているが、県としては予算の範囲内で緊急性の高いところからという 理屈になるが、調べてみるとこの1・2年浚渫が入っていないということのようです。従って地域 の方から河床掘削の要望も出ていますので事業要望に挙げていきまして、できる限り河川の掘削も していきたいと思っています。それから一方で床上浸水特別対策事業が平成17年度で終わりまし て、次の対策が決まっていない状況です。この次の対策につきましても県としてはある程度大きな 事業を入れなければいけないということで、地元にも出かけて協力依頼を行っているところですの で、それと併せまして塩見川の浸水対策について強く要望していきたいと思っています。

〔委員〕緊急を要するところからするということだが、床上浸水特別対策地域は緊急を要するとこ ろではないのか。まして、市長が来られて県に陳情に出た時にはこの塩見川の河川の予算獲得を県 に要望したことが新聞だったけど出ていた。だから緊急性がないとはいえない。

〔事務局〕言われるとおりです。そのあたりも今度県に出かけまして、強く要望していきたいと思 っている。特に塩見川につきましては、減ったとはいいながら、まだまだこういう大雨のときには 床上浸水が出るということでございますので、我々としても県に働きかけを強くしていきたいと思 っているところです。

〔委員〕全く河川の機能が半減している状況ですので、緊急を要するところとはいいながら、行政も そのあたり目を据えてみていただきたい。

〔会長〕事務局の言わんとすることは、近く塩見川の改修計画の県の説明会があるので、その時に 言ってもらったら同じ事だと思う。

〔委員〕平成17年度で床上浸水特別対策事業が終わり、次の事業が決まっていないと言われたが、 これは決まっているでしょう。県に聞いてください。

〔事務局〕私はちょっと承知していませんので、そういうふうに申し上げました。

〔会長〕それでは、塩見川河川改修事業説明会について説明してください。

〔事務局〕(山本産業建設課長より説明会の開催について説明)

〔委員〕鳥取市公金の適正化に関する改善方針があるが、こういうものが必要なのか。

〔事務局〕必要ということで作りました。

〔委員〕必要なということは、鳥取市の職員、管理職は公務員倫理の研修からしてかからないとい けないものなのか。

〔委員〕合併して結構な日にちが経ったが、非常に支所の方々は頑張っていると思うが、事業的なこ とが昔に比べたら半分も通るような感じがしない。そういうことに尚一層の努力をお願いしたい。 本庁のほうが我々の要望を聞かないのなら、特にここの支所は福部の住民の味方になるように今後 一層努力してください。

〔事務局〕皆さんからの要望なんかで予算的な面でお断りしているのが多いのではないかと考えて いるが、やはり説明ですね、何でできないのか、どういう格好で説明したけどできなかったというこ とは、皆さんのほうに説明していきたいと考えています。よろしくお願いします。

〔会長〕それでは予定の時間が来ましたので、このあたりで終わりたいと思いますが、その他の事項 でいろいろと問題が提起されたわけでございまして、近直地域づくり懇談会というのがあるようで ございまして、これには市長以下、助役、各部長が出席し、事前に問題を出しておいてから答弁をい ただくということになるわけでございますが、今日、皆さんの意見を聞かせていただいて、その問 題を出していただければ、福部の問題、今まで解決できなかった問題が解決できるのではないかと 思います。こういうものを事務局と相談して提起したいものだと思っているところでございます。 その他の事項で皆さんの今まで腹の中にあったことが出てきて、合併してよかったということが肌 で感じるようにならないと問題が解決できませんので、今度地域づくり懇談会があるときには、皆さ ん参加していただいて、いろいろと問題を提起していただいたらありがたいなと思っております。 今日はこれで散会とさせていただきます。本当に今日はご苦労様でした。

終了



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福部町総合支所 地域振興課
電話0857-75-2111
FAX0857-74-3714
メールアドレスfb-chiiki@city.tottori.tottori.jp