このページではJavaScriptを使用しています。

第11回河原地域審議会議事録

日時:平成18年12月6日(水) 午後2時00分~午後5時20分
場所:河原町総合支所 第6会議室

〔出席委員〕谷口暁・田中喜久男・中村雅美・有田朱美・九鬼容子・木下忠澄・右近利夫・竹田賢一・中村金三朗・森田史郎・西尾照男・田渕暉夫・田中敬一・蓮佛傳・岸本妙子・谷口満夫 以上16名

〔欠席委員〕河毛寛・安木均・太田智子 以上3名

〔事務局〕鳥取市長 竹内 功・河原町総合支所 支所長 岸本紀明       
                   〃    地域振興課長(副支所長) 山縣卓志 
                   〃    地域振興課スタッフ 間屋口正一

〔その他〕家庭ごみ等の関係 生活環境課長 坂本正夫 主任 浜部賢治
     下水道使用料の関係 下水道計画課参事 宮本昌幸 係長 福田克彦
     可燃ごみ焼却施設の関係 八頭環境施設組合事務局長 山田延孝 
                 東部広域行政管理組合局長 田中慎一
                     同 生活環境課長 山本雅宏
                 地域振興室長 窪田清志

◎会議次第及び議事概要   
1.開会          
(事務局)
本日は、河毛寛委員、太田智子委員、安木委員から欠席の連絡を受けております。
次第に従い、右近会長の挨拶をお願いします。
        
2.あいさつ        
(会長)
ご多忙の中、第11回河原地域審議会に参集いただきありがとうございます。
日頃より河原町地域の振興に尽力いただきお礼申し上げます。
当初、開催時間を3時としておりましたが、議題が多いため2時に変更しました。共通議題、個別議題の審議に入る前に、市長さんに出席いただいておりますので、挨拶をお願いします。 

(市長)
第11回河原地域審議会にご出席いただき、感謝申し上げます。
委員の皆様には、市政発展にご尽力いただきありがとうございます。
合併後、2年が経過し20万都市として、経済の活性化、観光、子育て支援、教育などに力をいれているところです。課題も多いが、バランスのとれた発展、推進をしていくためにも、地域と行政が車の両輪となることを願っております。
今後とも、ご支援、ご協力をお願いします。

(事務局)
これより、進行は右近会長にお願いします。

3.議題   

(会長)
日程により、議題に入ります。はじめに、(2)家庭ごみの有料化及び大型ごみの処理について協議します。説明をお願いします。

(生活環境課)
資料により説明

(会長)
ご意見をお願いしたい。

(委員)
家庭ごみの有料化については、合併時、旧鳥取市の制度に統一され、ごみ袋の購入費用が旧河原町より安くなった。資料に示してある今後の収支は理解できるが、住民感情としては、裏切られた思いであます。  

(委員)
先程の●●委員と同じ考えであります。合併後、各種の手数料があがっており、合併時の約束事項が守られていない。私は、この提案に反対であります。

(委員)
現在、プラスチックごみは無料であるが、有料化になると野焼きが懸念されます。事業所が自主回収しているスーパーマーケットに出した場合は、どうなるのですか。

(生活環境課)
事業所ごみは、自ら処理することになっており、これまでどおりであります。

(委員)
合併後、サービスは高い方に、負担は低い方にという考えだった。約束は、守ってほしい。                   

(委員)
ごみの有料化によって、不法投棄が増えると思われるが、その対策は講じられているのか。
また、ごみの発生源への働きかけが必要ではないか。

(生活環境課)
不法投棄の件については、不法投棄監視員を17年10月から制度化しました。また、職員によるパトロールも行っております。事業所への働きかけとしては、レジ袋の回収、過大包装をしない取り組みをお願いしています。

(会長)
委員からも発言があったが、ごみ袋代金が合併後安くなったが、今後、購入代金があがるということへの疑問があるようなので、説明をお願いしたい。

(市長)
ごみの有料化による処理経費の一部負担は、国において有料化の方針が示されており、全県的、全国的にも取り組まれています。                 
また、合併時の約束に反する云々の意見があったが、合併時、各種の制度が統一され、2年が経過した状況のなかでの措置であり、約束に違反するものではない。いろいろ意見はあろうが、大きな流れのなかでの措置であり、ご理解いただきたい。

(会長)
鳥取市清掃審議会においても、市民の意見を尊重していただき、結論をお願いしたい。この件については、時間的な制約もあり、審議を終わりたい。

(会長)
次の議題に移ります。議題(3)合併地域活性化推進事業(地域振興策)について協議します。
説明をお願いします。 

(事務局)
資料説明の前に、訂正をお願いします。
審議会次第の案件事項中、(3)合併地域活性化推進事業(地域振興課)を(3)合併地域活性化推進進事業(地域振興策)に、訂正願います。
次に、資料により説明。

(会長)
ご意見をお願いしたい。

(委員)
当該事業は、予算要求しているのか。

(事務局)
予算要求をしています。

(委員)
事業の一つに、「独居老人への声かけ事業」があるが、水道料金の検針時に併せて行ってはどうだろうか。 

(事務局)
わかりました。

(委員)
この事業は、青少年育成協議会との連携が大事である。

(事務局)
関係団体と協議していきます。

(会長)
意見を踏まえて、実施していただきたい。

(会長)
次に、(4)地域審議会委員数の取り扱いについて、協議します。
説明をお願いします。

(事務局)
資料により説明

(会長)
会長会での大半の意見は、委員15名でありました。

(委員)
全地域、一律15名ということか。また、女性の参画率は40%ということだが、必ず守らなければならないのか。

(会長)
一律15名ということでありました。

(市長)
委員数については、先程、会長が回答しました。また、女性の参画率は、男女共同参画社会のとり組みの中で女性の参画を進めており、基準の40%に努めているところであります。

(会長) 
次に、(5)第8次総合計画の見直し状況について、協議します。
説明をお願いします。

(事務局) 
資料により説明

(会長)
ご意見をお願いしたい。

意見なし。    

(会長) 
次に、(6)人口増加対策のとりくみについて、協議します。

(事務局)
資料により説明

(会長)
ご意見をお願いしたい。

(委員)
子どもを安心してあずけて、働ける環境が大事であります。近所の保育園に定員がいっぱいで、入園が難しい状況もありました。

(市長)
鳥取市では、待機児童0作戦を実施しており、全体としては、待機がある状態ではありません。

(委員)
河原町小畑に家族(夫婦、子ども)が帰ってきました。農業を営むことを考えているので、行政も応援して頂きたい。    

(市長)
是非、応援したい。行政として、休耕田の活用、農作物の耕作指導などについて検討し、帰ってくる人の仲介をしたいと考えている。

(会長)
ここで、5分間休憩します。開会は、16時からとします。

(会長)
再開します。
続いて、(1)下水道等使用料の統一について、協議します。

(下水道計画課)
資料により説明。

(会長)
ご意見をお願いしたい。

(委員)
従量制では、井水、簡水の場合が問題であります。

(下水道計画課)
井水については、申告制を考えています。

(会長)
現行と計画案との比較を示していただきたい。

(市長)
運用上の問題も含めて、河原バージョンを作成し、説明していきたい。
 
(会長)
これで、共通議題は終わりました。続いて、個別議題の(1)平成19年度当初予算見積(二次)について、協議します。

(事務局)
資料により説明。

(会長)
ご意見をお願いしたい。

意見なし。

(会長) 
次に、個別議題(2)可燃ごみ焼却施設の状況について、協議します。
説明をお願いします。

(東部広域行政管理組合)
資料により説明。

(会長)
ご意見をお願いしたい。

(委員)
次のごみ焼却施設の建設は、河原町山手以外ということになっている。この度の建設予定地は、約束違反であります。

(東部広域行政管理組合)
協定は、承知しています。  

(会長)
市長さんに出席いただいているので、お話願いしたい。

(市長)
現在の施設は期限があり、東部一円で一カ所つくらなければならない。新たな提案として、適地の検討をし、国英地区を候補地としたところであります。
国英地区は、高速道路(姫鳥線)をはじめとした道路網の整備、工業団地の条件整備を行うなかで、地域振興を図っていきたい。ご理解をお願いしたい。

(会長)
その他、ご意見をお願いしたい。

(委員)
この件については、当審議会が賛成したわけではないので、集落に誤解を与えないようにお願いしたい。

(委員)
約束を守ってほしい。

(委員)
国英地区の了解が、必要であります。

(会長)
いろいろ問題があるが、今後とも地元への話し合い等をしていく必要があります。
        
(会長)
次に、(3)その他事項があれば。

(事務局)
ありません。

(委員)
市長さんに、お願いしたい。
第1点は、合併後のまちづくりを考えるなかで、河原地区は、鳥取市の中心に位置し、「道の駅」や工業団地など、発展が期待できること。
第2点は、鳥取南部地域のブロック化にあたっては、河原地域を考えて頂きたい。このことについては意見書も提出し、お願いしています。

(市長)
第1点についてでありますが、河原地区は、河原インター、工業団地などを活かした地域の振興策を考えていくことが大事であります。
第2点の鳥取南部地域のブロック化に関しては、先に意見書も頂いており、十分承知しています。鳥取市の河原地区も大事であり、用瀬地区、佐治地区等一体的に考えていく必要もあります。

(会長)
これで本日の河原地域審議会を終わります。

(午後5時20分終了)


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
河原町総合支所 地域振興課
電話0858-76-3111
FAX0858-85-0672
メールアドレスkw-chiiki@city.tottori.tottori.jp