鳥取市

農家1年生、始めてみませんか?~30年度農業研修生を募集しています~

ロゴとっとりふるさと就農舎 農業研修生募集

○特徴 鳥取市で新たに農業を始める方に対し、栽培技術の習得から販売までの実践的研修を行い、地域に定着するまでの支援(農地・住居斡旋等)を行います。

 研修期間

 原則として研修開始から2年間 (平成30年度研修生)

 研修内容

 研修生となる方の農業経験レベルや、研修生となってからの技術習得状況に合わせて、研修年度ごとに異なる4つの研修パターンから選択して受講します。

 

  就農舎研修

 主に研修開始時に主要な就農品目が確定していない場合に受講をお勧めします。就農舎の宿泊施設等で生活しながら、就農舎が管理する圃場で自分が生産すべき作物を模索します。原則として1年目のみの受講が可能です

 

 ○先進農家研修

 市内で先進的な経営を行う農家の元へ通い、そこで営農している品目について研修します。自営就農に必須となる、年間通しての作付けスケジュールや必要な経営規模、労働力等の感覚を養うことができます。

 

 模擬経営研修

 将来的に受入れ農家の近くに就農することを条件として、受入れ農家の非常を研修圃場として利用して、資材の仕入れから販売までを自分の判断で行う模擬経営に取り組みます。模擬経営に係る圃場整備、資材等の経費は研修実施主体が負担します。

 

 ○経営継承研修(継承希望農家がいる場合のみ実施)

 農業を引退しようと考えている農業者の元で研修を受け、研修終了後にそのまま経営(栽培技術、農地、機械施設、販売先等)を継承することを目的とした研修です。研修1年目の半分はお試し受入研修(マッチング期間)とし、それぞれ被継承農家は人柄や適性を、研修生は継承品目を検証するための期間を設けます。マッチングが成立した後は、先進農家研修コースとほぼ同様に研修が進行します。マッチングが成立しなかった場合も上記の他研修へシフトが可能です。

 

 研修農地

 鳥取市内

 研修期間中
 の生活支援

 年間120~150万円助成
 ※市外からの転入で同伴家族がある場合は、同伴家族のうち子供1人につき3万円(上限2名)の上乗せ助成及び住宅斡旋と家賃助成(上限月5万円)を行います。
 ※研修終了後、就農を開始して3年以上鳥取市で定住し営農することが助成条件となります。

 住居・食費

 住居:農地周辺の物件を斡旋します。
 食費:自己負担

 休日・休暇

 原則として土・日・祝祭日、年末年始
  ※農繁期はこの限りではありません。

 保険制度

 研修1年目:健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険有り
 研修2年目:国民健康保険・国民年金に自己加入

 募集人員

 定員2名程度

 応募資格

 ○原則として満18歳から40歳までの人
 ○自己資金のある人(概ね300万円以上の預貯金または家族の支援が得られる人)
 ○研修終了後就農を開始して3年以上鳥取市に定住する見込みのある人
 ○研修中及び就農後、地域の行事に参加し、地域住民と協調できる人
 ○普通運転免許証を有する人(AT限定不可)

 申込時期

 随時

 申込方法

 鳥取市役所農業振興課までご連絡ください。


 鳥取市役所農業振興課
 〒680-8571 鳥取市尚徳町116
 TEL 0857-20-3239 FAX 0857-20-3047

関連情報

とっとりふるさと就農舎

ダウンロード

研修生募集要項(78KB)(PDF文書)

パンフレット(1050KB)(PDF文書)

研修生申込書(35KB)(エクセル文書)