このページではJavaScriptを使用しています。

第12回国府地域審議会議事概要

日時:平成19年4月18日(水)午後2時45分~5時00分
場所:国府町中央公民館 大会議室

〔出席委員〕森原喜久、三浦勝利、田中道春、福田収、沖時枝、吉田ふさゑ、植田公子、村尾馨、岡野頼雄、木下敏明、峯尾保、土橋幸栄、野田紀恵、井上好子、福田典幸
〔欠席委員〕なし
〔児童家庭課〕松下健康子育て参事監兼児童家庭課長、林課長補佐
〔事務局〕林支所長、見生副支所長兼地域振興課長、谷岡福祉保健課長兼市民生活課長、
山本産業建設課長、森原教育委員会国府分室長兼国府町中央公民館長、中尾地域振興課スタッフ

◎会議次第
1.開会
2.あいさつ
3.自己紹介
4.地域審議会正副会長の選出
5.正副会長あいさつ
6.議事
(1)平成19年度予算について
(2)平成19年度国府地域主要事業について
7.その他
  (1)自治連合会の統合について
  (2)市民協働スペースについて
  (3)その他
8.閉会


議事概要
1.開会(事務局)
2.あいさつ(林支所長)  
3.自己紹介
  (委員及び事務局が自己紹介する。)
  (事務局が支所職員一覧表で組織構成について説明する。)
4.地域審議会正副会長の選出
(事務局)会長選出について、ご意見がありましたらどうぞ。

(委員)前任の会長に引き続きお願いしたい。

(委員)峯尾さんに是非ともお願いしたい。

(委員)峯尾さんにお願いしたい。

(委員)峯尾さん、お願いします。

(事務局)外にご意見がなければ、峯尾さんということでよろしいですか。

(一同)了承

(事務局)次に副会長を決めていただきたいと思います。

(委員)沖委員さんではどうでしょう。

(事務局)沖さんというご意見がでましたが、いかがでしょうか。

(一同)拍手して了承。
※会長に峯尾委員、副会長に沖委員が決定。

5.正副会長あいさつ
 (峯尾会長、沖副会長が順次あいさつする。)

6.議事
(1)平成19年度予算について
 (見生課長が資料1に基づいて説明)

(会長)予算はすでに議決されていますが、意見があればどうぞ。

(委員)クマ被害対策事業というのがあるが。

(事務局)これはクマの檻などに対する補助である。

(委員)市債の発行についてであるが、財政指数からすると予定どおりか。

(事務局)最新の17年度の起債制限比率は10.7%で、これが20%を超えると危ないといわれているので、まず大丈夫である。

(委員)市職員の退職金を出すのに公債を発行するところもあるということだが、鳥取市の場合はどうか。

(事務局)18年度に5億3千万円退職債を発行した。19年度には4億円予算措置している。市は退職積立金をしていない。

(2)平成19年度国府地域主要事業について

   (見生課長が資料2に基づいて説明)          
(委員)文化財課所管の予算が、要求はしているが減額されたり、零(ぜろ)になっているが、こんなことで調査ができるのか。

(事務局)事業には支障はない。長い年月をかけて行う事業なので、年によって予算額に多い少ないが出てくる。また、地区体育館の整備などは順番があって後回しになることもある。

(委員)今後も毎年予算要求するのか。

(事務局)主管課が要求していく。

(委員)国府地域活性化推進事業については、4月に広報紙に載ったが、もっとたくさんの人に周知してもらいたい。

(事務局)機会を捉えて、担当課からも連絡するようにしたい。また、市民団体が集う協働スペースも支所にできている。

(委員)協働スペースは先日使ったがとても良い試みである。

(見生課長が資料4を参考に市民協働スペースについて説明)

(沖副会長が市民協働スペースの要望者として補足説明を行う。)
   (ここで、式次第その他7の(2)の市民協働スペースについての報告が終了。)  

(委員)袋川清掃の趣旨を説明していただきたい。

(事務局)このたび4月に行ったのは、3、4月に行えば草を刈る必要もなくそのまま掃除ができることと、清掃箇所が県道沿いでもあり、市民の目につき啓発の効果もあると考えたからである。

7.その他
(1)いずみ保育園の統合について
(松下健康子育て参事監が、資料「いずみ保育園の統廃合に係る地元協議の現状について」に基づいて説明)

(委員)19年度の園児4世帯5名というのはすべて成器地区の子供か。

(事務局)大茅地区はいない。

(委員)市の提案を地元で検討しているのか。

(児童家庭課)協議を進めていただいている。

(委員)市と地元では考え方に違いがあるのではないか。

(児童家庭課)保育園を地元で運営していただければ市として支援していきましょうという考えである。

(委員)若い人が大茅、成器地区に住まないというのが問題である。若い人が住むことのできる環境づくりをすべきである。

(委員)しかし、果たして4人で満足な保育ができるのかどうか。基本的には、大人や地域の考えを優先するのではなく、子供にとって何がいいのか考えるべきである。

(委員)地元によく検討してもらうしかない。

(児童家庭課)地元に検討していただいた結果等について、また説明させていただくので、ご了解いただきたい。
(児童家庭課退席)

(2)自治連合会の統合について
   (見生課長が資料3に基づいて説明)

(委員)国府町の場合、自治会は旧小学校を基本としているように思うが、自治会の統廃合に不安を抱く地域が出てくるのではないか。

(事務局)旧市と同様、国府町全体をひとつの地区として加入するので、今の組織を壊さないで、これまで通りの活動ができる。自治会の役員会で了承済みである。たしかに他地域では校区ごとにという意見もあったが。

(委員)自治連の専従職員はいるのか。

(事務局)2名いる。

(3)その他
(見生課長が、吉野地区に民間業者が建設を計画している産業廃棄物処分場について経過報告を行う。)-報告のみで意見なし-

(事務局)合同会議の地域審議会の役割について、今年度、総合支所の機能、あり方などについて審議していただきたいとのことであったが、今の4課1分室の体制を見直して欲しいと思っている。例えば、支所の市民生活課と福祉保健課をひとつの課にして欲しいと思っているが、これについては、本当は6月の人事異動に間に合うように、この審議会に諮れるようにして欲しかった。今後、検討項目なり、スケジュールをお示しすることになると思うので、よろしくお願いしたい。

(委員)先ほどの合同会議でのゴミの減量化についてであるが、今後、住民にはゴミをリサイクルすれば何になるのか(例えば割り箸になる)など具体的にお話していただきたい。

(事務局)23日の自治会長会でも話をする。また、現在、各地区にゴミ減量化推進員が2名ずついるが、その方々にも25日に説明するつもりである。希望があれば出前説明会も開く予定にしている。

8.閉会
(会長)他に意見などないようですので、これで閉会とします。
終了


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 地域振興課
電話0857-39-0555
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-chiiki@city.tottori.tottori.jp