このページではJavaScriptを使用しています。

第13回国府地域審議会議事概要

日時:平成19年5月25日(金)午後1時30分~4時30分
場所:国府町総合支所3階第7会議室

〔出席委員〕森原喜久、三浦勝利、田中道春、福田収、沖時枝、吉田ふさゑ、植田公子、村尾馨、岡野頼雄、木 下敏明、峯尾保、土橋幸栄、野田紀恵、井上好子、福田典幸
〔欠席委員〕なし
〔水道局〕上山次長、小林工務課長
〔生涯学習課〕安本課長補佐、石山主事
〔事務局〕林支所長、見生副支所長兼地域振興課長、谷岡福祉保健課長兼市民生活課長、
山本産業建設課長、森原教育委員会国府分室長兼国府町中央公民館長、中尾地域振興課スタッフ

◎会議次第
1.開会
2.会長あいさつ
3.議事
(1)平成19年度当初予算の主な事業について(水道局)
(2)地区公民館の活用策と今後のあり方についての検討資料
(3)平成19年度地区要望について
4.報告事項
(1)自治組織の合併について
5.その他
6.閉会


議事概要
1.開会(事務局)
2.会長あいさつ(峯尾会長)  
3.議事
(1)平成19年度当初予算の主な事業について(水道局)
 (小林工務課長 資料1に基づいて説明)
 (上山次長 水道局だよりについて説明)

(委員)簡易水道の漏水も調査するのか。

(水道局)調査しない。上水道のみである。

(委員)国府町の水道管配管図と実体が合っていないという説明があったがどういうことか。

(水道局)合併時に引き継いだ国府町の水道配管図と現場の実体が違っているケースがいくつかみられた。その ため、他にもそういう事例がないか調査を行う予定である。

(委員)ダクタイル鋳鉄管はどういうものか。

(水道局 ダクタイル鋳鉄管について説明する。)
 
(2)地区公民館の活用策と今後のあり方についての検討資料(修正案)について
 (森原分室長 資料2に基づいて説明)

(委員)地区公民館の所管を市長部局にということだが、基幹公民館はどうなるのか。

(事務局)現在のところ、基幹公民館は従来どおり教育委員会の所管とするが、今後、生涯学習課が地区公民館 のあり方を整理する中で検討することになる。

(委員)館長の勤務時間はどうなるのか。

(事務局)初めは館長の勤務時間を12時間から20時間にする案となっていたが、修正案では12時間という ことになった。そのため、国府の場合、28時間であったものが12時間となるので、これまでの話し合いの中 でも、時間数を増やすようにとの意見も出た。この審議会でもご意見を伺いたい。

(生涯学習課)コミュニティの充実という時代のニーズに応えるため、その拠点施設となる地区公民館のあり方を検討する必要が生じ、今回の修正案を作成した。ご意見をいただきたい。

(委員)このたびの地区公民館の体制の見直しについて、公民館職員に不安はないのか。また、職員数について 当面3名体制ということだが、将来2名に減らされるというおそれはないのか。それと、コミュニティの拠点と いうことになると、地区公民館の下に自治会すなわち集落が来るという図式になるのか。

(事務局)職員体制については、修正案の5ページにあるように緩和策を講じて3名体制に移行するということ でご理解いただきたい。また、コミュニティ事業の主体は、あくまで地域すなはち集落であり、公民館は事務局 的立場である。

(会長)職員の意見は、館長の意見だけか。

(事務局)公民館運営委員会の会長や自治会長の意見も入っている。今日は審議会として中間まとめに反映する ために、修正案に対する具体的な意見、要望をお願いしたい。

(委員)修正案には、公民館、自治会などそれぞれの役割分担が示されていないので、明確にすべきではないか 。また、経過措置にしても、意見を言うところと言わないところでは不公平が生じるのではないか。

(事務局)経過措置については、確かに意見を言うところと言わないところでは差が生まれる可能性もある。役 割分担については、修正案の2ページのコミュニティ活動の例というところを見ていただきたい。

(委員)前回配られた資料で、生涯学習事業とコミュニティ事業の区分が書かれた資料があったと思うが。

(委員)将来的には自治会長が公民館長をやってはどうか。

(事務局が修正案2~3ページの【地区公民館の標準的なコミュニティ機能(案)】について説明する。また、 「生涯学習事業とコミュニティ事業の区分(案)」を再度全委員に配布する。)

(委員)今、まさに公民館が変わろうとしている時であるが、変わったことをするより、これまでしてきたこと を充実させればよいのではないか。また、職員体制については、例えば館長の勤務時間を20時間で報酬を10 万円ぐらいにするとか身分保障をきちんとすべきである。しかし、今回の修正案の地域コミュニティのタイプを 選択性にしたことなどは評価できる。

(会長)それでは、この審議会で公民館長の勤務時間と待遇について改善を求める意見があったということでよ ろしいか。

(委員一同了承)

(委員)コミュニティ事業の企画立案は生涯学習課がするのか。生涯学習との区分けはどうするのか。

(事務局)生涯学習事業は公民館が、コミュニティ事業は地域が主体となってすることになる。

(委員)しかし、これまでもコミュニティ事業に公民館が関わってきた経緯がある。関わり方に公民館で温度差 があるのではないか。

(事務局)確かに関わり方に地域の中で温度差がある。それについては、設置されるまちづくり協議会などの中 で決めていただくことになると思う。

(委員)小中学校の校区編成が情報公開されていない。校区編成が変わると公民館の運営にも大きな影響が出る のではないか。また、アパート、マンションに住んでいる人たちがほとんど自治会に加入していない。コミュニ ティづくりとは正反対の現状である。こうした根本的な問題をまず解決すべきではないか。

(事務局)国府ではあおば地区が校区編成の対象地域である。校区編成については校区審議会で議論されている が、審議会の内容は市役所HPで公開されているので、次回の地域審議会には、その内容を印刷したものを配布す る。確かに校区編成があれば地区公民館の再編も考えられる。これについても地域で議論していただきたい。ま た、国府地域の自治会の加入率は69%で鳥取地域の加入率71%より悪く、他地域と比べても最低となってい る。大変残念なことで有効な方法があればご意見をいただきたい。

(委員)うちの自治会を例にとれば、ただ加入を促してもやはり断られる。そこで、アパートにはオーナーとは 別に責任者が居るので、この人たちを通じて自治会費を集めている。また、アパートに住む人たちには子供が居 て自治会の行事に参加したりするので、そうした機会を捉えて自治会に加入するよう働きかけている。

(会長)この問題は行政ではどうすることもできないのか。

(委員)自治会に入ってもらうには住民の意識づけが必要で、行政も本気で取り組まなければならないと思う。

(事務局)公民館だよりでPRすることも考えたい。

(委員)公民館だよりも届いていないところもある。

(事務局)広報のほかにも機会を捉えて口コミなどで加入を促していく必要があると考える。

(会長)修正案の中でわかりにくいところがある。案をもっとわかりやすい表現でまとめてもらいたい。また、 地区公民館で格差が生じるおそれがあるので、すべての公民館に等しく最低限やってもらうことを明確にしてお くべきである。

(委員一同)そのとおりである。

(3)平成19年度地区要望について
(見生地域振興課長が資料3に基づいて説明)

(委員)3ページの谷地区上麻生のガードレールは児童の通学路になっており危険なので、なるべく早く直して もらいたい。

(事務局)努力します。

(委員)要望の件数が地区により差がありアンバランスだ。

(事務局)この中には継続要望の分も含まれているためである。

(委員)優先順位はあろうが、早急に対応すべきである。

(会長)20ページの携帯電話の不感解消について整備が困難となっているが、市は情報格差の解消を謳ってい る。それとの関連はどうか。

(事務局)携帯電話会社は採算が取れなければ整備しないので困難ということである。ただ、観光の観点からも必要なので、地元からも要望していただくとともに、市としても今後も継続して要望していく。

(委員)不感地域は把握しているのか。

(事務局)把握している。

(委員)私の地区では、むしろしていただいていると感じている。

4.報告事項
(1)自治組織の合併について
(見生地域振興課長 資料4、4-1について説明)
  質疑なし。

5.その他
(1)資料「みんなでつくろう!まちづくりの基本ルール」

(2)資料「鳥取市定住促進・Uターン相談支援窓口の概要」及び「市町別世帯数・人口対比表」
(以上について、見生地域振興課長が説明)
  質疑なし。

(3)資料「財団法人国府町教育文化事業団の統合について」
(以上について、林支所長が説明)
  質疑なし。

(4)資料「地域審議会の設置等に関する規約」及び「鳥取市地域審議会運営要項」に基づく地域審議会の運営 について
(以上の資料を参考にしていただくよう委員に要請する。)

6.閉会
(会長)以上、何か質問等があればお願いします。ないようでしたらこれで閉会とします。


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 地域振興課
電話0857-39-0555
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-chiiki@city.tottori.tottori.jp