このページではJavaScriptを使用しています。

所得証明・資産証明・納税証明の郵便請求について

 窓口の業務時間内に来庁できない場合は,所得証明書等を郵便により請求していただくことができます。

  郵送するもの

1.請求内容を明記したもの(申請書)

    請求する税証明の種類、通数

    税証明が必要な方の住所、氏名、生年月日

    使用の目的

    申請者の住所、氏名、昼間連絡のつく電話番号(必ずお書きください)

    ※代理で請求される場合は、申請者欄は代理人の内容をご記入ください。

    ※同一世帯員以外の方が請求される場合は、ご本人からの委任状が必要です。

    ※亡くなった方の証明書を相続人が申請する場合は、相続関係が確認できる書類が必要です。 

  所得・資産・納税証明書交付申請書および委任状は、様式をダウンロードすることもできます(委任状は必ず本人が記入してください)。ご利用にあたっては「市民課申請書等ダウンロードサービスのご案内」のページの「ご利用上の注意」をよくお読みください。

        ⇒申請書のダウンロード(直筆でご記入ください)

       所得証明等郵便交付申請書ダウンロード(PDF:180KB)

 

2.委任状(代理で請求される場合)

    記入していただく内容

    代理人(実際に郵便請求をする人)の住所、氏名

    必要なものの種類、通数

    使用目的

    委任者(証明が必要な人)の住所、氏名(自署)、認印

     ⇒委任状のダウンロード(直筆でご記入ください)

       委任状(郵便請求用)ダウンロード(PDF:50KB)   

 

3.相続人が証明申請する場合の必要書類

    亡くなった方の証明書を申請する場合は以下の書類が必要です。

 

    ・亡くなった方の住所及び死亡時の本籍地が鳥取市外の場合

     →亡くなったことが分かる書類(除籍謄本、住民票の除票等)及び相続関係の確認ができる書類(戸籍謄本等)

 

    ・亡くなった方の住所が鳥取市内で、死亡時の本籍地が鳥取市外の場合

     →相続確認ができる書類(戸籍謄本等)

 

4.本人確認書類

    請求者本人を確認できる書類(運転免許証、パスポート、各種健康保険証など)の写しを必ず同封してください。

    代理で請求される場合は、実際に郵便請求される方の本人確認書類の写しを同封してください。

    

5.手数料(定額小為替による)

    請求する住民票等の手数料額分の定額小為替(郵便局にあります。)を同封してください。

    ※切手・印紙では手数料としてお受けできません。

    手数料の額は、1通300円です。   

 

6.返信用封筒

 返信用の封筒に申請者の住所、氏名、郵便番号をご記入の上、切手を貼って同封してください。
 お求めの所得・資産・納税証明書等が3葉以上となるとき、郵便料金が82円(定形封筒)を超えることがあります。その場合は、余分に切手をご同封いただくか、または、本市が「不足料金受取人払い」のスタンプを押印させていただきます。お受け取りの際、不足分を郵便局にお支払いください。

≪お願い≫
 郵送の場合は、本市の処理日数のほか、配達の日数も必要です。日数に余裕をもってご申請いただきますようお願いします。
 お急ぎの場合は、速達料金分の切手を追加してください。
 

 

 ※ご不明な点がありましたら、窓口までお問い合わせください。 

 ※「資産なし証明」につきましては、主に金融機関等に対して行ってきましたが、全国的にもこうした業務を行っている自治体は少数に限られております。

こうした状況により、鳥取市でも平成17年5月10日より「資産なし証明」を廃止させていただきましたのでご了承のほどよろしくお願いします。

  ※ご不明な点がありましたら、窓口までお問い合わせください。

 

郵送先

      〒680-8571

      鳥取市役所 市民課 庶務係 宛

       ※ 郵便番号が鳥取市役所専用番号ですので、住所地の記載は不要です



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
鳥取市役所駅南庁舎1階 市民課 庶務係
電話(0857)20-3491
FAX(0857)20-3408
メールアドレスshimin@city.tottori.lg.jp