このページではJavaScriptを使用しています。

倒産、解雇などにより離職された方は国民健康保険料が軽減されます


非自発的失業者の方の軽減について

 平成22年4月より、倒産、解雇などで職を失った失業者の方々に対する国民健康保険料の軽減制度が始まりました。(軽減を受けるには届出が必要です。)

 

対象となる方について

 平成21年3月31日以降に離職された65歳未満(離職時点での年齢)で雇用保険受給資格者証の離職理由が11,12,21,22,23,31,32,33,34の方が対象者となります。

*高年齢受給資格者及び特例受給資格者の方は対象となりません。

 

軽減内容について

 保険料の所得割を算定する際、失業(離職)から一定の期間において非自発的失業者の前年給与所得を30/100として算定します。

 

軽減期間について

 離職日の翌日の属する月から、その月の属する年度の翌年度末まで(ただし、平成21年3月31日から平成22年3月30日に失業された方は、平成22年度末までの期間が対象となります。)

*離職日によって、対象になる期間が異なります。

 

届出について

 国民健康保険証と雇用保険受給資格者証を持参のうえ、保険年金課(駅南庁舎1階20番窓口)もしくは各総合支所市民福祉課で届出を行ってください。

 

 


***  お問い合わせは ***

駅南庁舎1階20番窓口もしくは各総合支所市民福祉課まで




質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課 国民健康保険係
電話0857-20-3485、20-3482
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp