このページではJavaScriptを使用しています。

印鑑登録の手続き(登録・変更・再交付・廃止)

  
  印鑑の新規登録

  印鑑登録変更

  印鑑登録証の再交付

  印鑑登録の廃止

 

印鑑の新規登録

印鑑登録のできる人

 ・ 印鑑登録ができる人は鳥取市に住民登録をされている人です。

 ・ 15歳未満の人、成年被後見人は登録できません。

申請時に必要なもの

1. 登録する印鑑を必ずご準備ください。

   ⇒登録する印鑑の種類についてはこちらをご覧ください。  


●登録する印鑑について

    登録できる印鑑にはサイズ・材質等に制限があります。

   以下の注意点をご確認ください。

   (○は登録できるもの。×は登録できないものです。)

    ・ 印影について
     ○ 氏のみ、名のみ又は氏名を完全に表示したもの
     ○ 8mmの正方形より大きく、25mmの正方形より小さいもの
     × 文字が白抜きのもの
     × 印影が不鮮明なもの
     × 文字の判読が困難なもの
     × 縁の1/3以上が欠けているもの 

  ・材質について
     × ゴム印・合成印などの印鑑で変わりやすい材質のもの 

  ・その他
     × ほかの人が登録しているもの
     × 著しく摩滅、毀損しているもの

 

2. 本人の印鑑登録をされる場合は、官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書で写真が貼付したものをお持ちの場合はご準備ください。

3. 本人以外の印鑑登録にこられる場合は、登録される方からの委任状を必ずご準備ください。

申請人

 ・ 印鑑登録は、本人の申請が原則です。ただし、病気その他やむを得ない場合は、代理人により申請することができます。

代理人が窓口に来られる場合に必要なもの

 ・ 登録される印鑑

 ・ 登録される方から代理人への委任状

      委任状の様式ダウンロード(PDF:50KB)


ご注意!

 印鑑の登録では、窓口に本人又は代理人いずれの方がこられた場合でも登録の前に文書にてご本人の確認をいたします。これは、登録される方に意思確認のための照会書を郵送し、その届いた書類に登録される方の署名捺印をしたものを回答書として窓口にご持参いただく方法で行います。この場合、回答書を確認してからの登録となりますので日数がかかります。

 ただし、登録されるご本人が窓口に来られ、官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書で写真が貼付されたものをお持ちの場合にかぎり、その場でご本人の確認をし、印鑑登録をすることができます。また、保証人による方法もございますので窓口までお問い合わせください。

 

申請及び交付窓口

・印鑑登録をされる方は、次の窓口で申請してください。

 (各窓口によって、受付時間や業務内容が異なります。次の各窓口名をクリックして内容をご確認ください。) 

   市役所駅南庁舎 市民課 

   各総合支所 市民福祉課窓口 

   市役所本庁舎 市民課証明コーナー(旧行政サービスコーナー)   

手数料

・ 印鑑登録は無料です。

ページのトップに戻る

 

印鑑登録の変更

 印鑑登録を変更する場合とは、登録している印鑑が摩滅や毀損して使えなくなったり、登録している印鑑をなくした時など、すでに印鑑登録している人が何らかの理由で印鑑を新しくする場合をいいます。

申請時に必要なもの

1. 新しく登録する印鑑を必ずご準備ください。

  ⇒登録する印鑑の種類については印鑑の新規登録欄参照

2. 現在登録している印鑑と印鑑登録証をご準備ください。(紛失等により準備できない場合は窓口でお伝えください)

3. 本人の印鑑登録の変更をされる場合は、官公署の発行した免許証・許可証又は身分証明書で写真が貼付されたものをお持ちの場合はご準備ください。

4. 本人以外の印鑑登録の変更にこられる場合は、変更される方からの委任状を必ずご準備ください。

申請人

 ・ 印鑑登録の変更は、本人の申請が原則です。 

   ただし、病気その他やむを得ない場合は、代理人により申請することができます。

代理人が窓口に来られる場合必要なもの  

  ・ 新しく登録される印鑑 

  ・ 登録変更される方から代理人への委任状

     委任状の様式ダウンロード(PDF:50KB)

  ・ 登録変更される方が現在登録されている印鑑及び登録証(紛失等により準備できない場合は窓口でお伝えください)  


ご注意!

 印鑑の登録変更では、窓口に本人又は代理人いずれの方がこられた場合でも登録の前に文書にてご本人の確認をいたします。これは、登録変更される方に意思確認のための照会書を郵送し、その届いた書類に登録変更される方の署名捺印をしたものを回答書として窓口にご持参いただく方法で行います。この場合、回答書を確認してからの登録変更となりますので日数がかかります。

 ただし、登録変更されるご本人が窓口に来られ、官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書で写真が貼付されたものをお持ちの場合にかぎり、その場でご本人の確認をし、登録変更をすることができます。また、保証人による方法もございますので窓口までお問い合わせください。

 

申請及び交付窓口

印鑑登録を変更される方は、次の窓口で申請してください。

 (各窓口によって、受付時間や業務内容が異なります。次の各窓口名をクリックして内容をご確認ください。)

   市役所駅南庁舎 市民課 

   各総合支所 市民福祉課窓口 

   市役所本庁舎 市民課証明コーナー(旧行政サービスコーナー)   

手数料

・ 印鑑の登録変更は無料です。

ページのトップに戻る 

 

印鑑登録証の再交付

 登録証を再交付する場合とは、登録証が著しく汚れたり破れたりして使うことができない場合や紛失や盗難の届出があった場合などがあります。

申請時に必要なもの

1. 登録している印鑑を必ずご準備ください。

2. 汚れたり破れたりした場合は、再交付を受けようとする印鑑登録証をご準備ください。(紛失等による場合は窓口でお伝え下さい。)

3. ご本人がこられる場合は、官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書で写真が貼付したものをお持ちの場合はご準備ください。

4. 本人以外の方がこられる場合は、再交付を受ける方からの委任状を必ずご準備ください。

申請人

印鑑登録証の再交付は、本人の申請が原則です。 

ただし、病気その他やむを得ない場合は、代理人により申請することができます。

代理人が窓口に来られる場合に必要なもの

 ・ 現在登録されている印鑑

 ・ 登録証の再交付を受ける方から代理人への委任状

     委任状の様式ダウンロード(PDF:50KB)          

 
ご注意!

 印鑑登録証の再交付では、窓口に本人又は代理人いずれの方がこられた場合でも再交付の前に文書にてご本人の確認をいたします。これは、再交付を受ける方に意思確認のための照会書を郵送し、その届いた書類に再交付を受ける方の署名捺印をしたものを回答書として窓口にご持参いただく方法で行います。この場合、回答書を確認してからの再交付となりますので日数がかかります。

 ただし、再交付を受けるご本人が窓口に来られ、官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書で写真が貼付されたものをお持ちの場合にかぎり、その場でご本人の確認をし、再交付をすることができます。また、保証人による方法もございますので窓口までお問い合わせください。

  

申請及び交付窓口

 印鑑登録証の再交付を受ける必要がある方は、次の窓口で申請してください。

 (各窓口によって、受付時間や業務内容が異なります。次の各窓口名をクリックして内容をご確認ください。)

   市役所駅南庁舎 市民課 

   各総合支所 市民福祉課窓口 

   市役所本庁舎 市民課証明コーナー(旧行政サービスコーナー)   

手数料

印鑑登録証の再交付は、1件 300円です。 

  ページのトップに戻る  

 

印鑑登録の廃止をするとき

 印鑑登録を廃止する場合とは、登録している印鑑が摩滅や毀損して使えなくなったり、登録している印鑑をなくした時など、すでに印鑑登録している人が何らかの理由で登録をやめる場合をいいます。

廃止時に必要なもの

1.現在登録している印鑑又は認印と印鑑登録証をご準備ください。(印鑑登録証を紛失等により準備できない場合は窓口でお伝え下さい。)

2.ご自分の印鑑登録を廃止される場合は、官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書で写真が貼付したものをお持ちの場合はご準備ください。

3.本人以外の印鑑登録の廃止にこられる場合は、廃止される方からの委任状を必ずご準備ください。

申請人

印鑑登録の廃止は、本人の申請が原則です。 

ただし、病気その他やむを得ない場合は、代理人により申請することができます。

代理人が窓口に来られる場合持参するもの

・ 印鑑登録を廃止される方から代理人への委任状

     委任状の様式ダウンロード(PDF:50KB)

・ ご本人の印鑑(認印でもかまいません)

  また廃止される方が登録証をお持ちでしたら預かってご持参ください。

  ご注意!

 印鑑登録の廃止では、窓口に本人又は代理人いずれの方がこられた場合でも廃止の前に文書にてご本人の確認をいたします。これは、廃止される方に意思確認のための照会書を郵送し、その届いた書類に廃止される方の署名捺印をしたものを回答書として窓口にご持参いただく方法で行います。この場合、回答書を確認してからの廃止となりますので日数がかかります。

 ただし、廃止されるご本人が窓口に来られ、官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書で写真が貼付されたものをお持ちの場合にかぎり、その場でご本人の確認をし、登録廃止をすることができます。また、保証人による方法もございますので窓口でお問い合わせください。

 

申請窓口

印鑑登録を廃止される方は、次の窓口で申請してください。

 (各窓口によって、受付時間や業務内容が異なります。次の各窓口名をクリックして内容をご確認ください。)

   市役所駅南庁舎 市民課 

   各総合支所 市民福祉課窓口 

   市役所本庁舎 市民課証明コーナー(旧行政サービスコーナー)   

手数料

印鑑登録の廃止は無料です。 

  ページのトップに戻る   

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
鳥取市役所駅南庁舎1階 市民課 市民係
電話(0857)20-3492
FAX(0857)20-3408
メールアドレスshimin@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ