このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 私が住んでいる地区で公共下水道の供用が開始されましたが、簡易浄化槽から公共下水道に切り替える義務はありますか?

回答

 下水道工事が完了した区域においては、土地の所有者、使用者又は占有者は、生活若しくは事業に起因する廃水を遅滞なく公共下水道に流入させる設備(排水設備)を設置しなければならないことになっています(浄化槽などの切り替えはおおむね1年以内、くみ取り便所の水洗化は3 年以内)。


 下水道工事完了区域においては、ほとんどの家庭や事業所は下水道に接続して頂いていますが、未接続の家庭がある場合には、戸別訪問による指導を行っています。

 なお、無利子の融資あっせん制度もありますので、鳥取市排水設備指定工事店か下記担当までお問合せください。 

 


   【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
     環境下水部 下水道経営課 (電話番号:0857-20-3304)
                        (Eメール:ges-keiei@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?