このページではJavaScriptを使用しています。

戸籍届出の際の本人確認について

 婚姻・養子縁組などの戸籍の届出の際に本人確認を行っています。

 本人の知らないうちに、第三者によって、婚姻や養子縁組などの虚偽の届出が出される事件が全国的に発生しています。このような虚偽の届出を防ぐために、全国の自治体で本人確認を行っています。
 鳥取市においても、戸籍の正確性を確保するため、「婚姻」・「協議離婚」・「養子縁組」・「協議離縁」・「認知届」・「不受理申出」の6つの届出につきまして、当事者又は使者のみなさまの本人確認を実施しています。

  

 なるべく、当事者が届出にお越しください。

 届出には、なるべく当事者(例えば婚姻の場合、夫妻となる人)が本人確認できるものを準備してお越しください。届出の際に、窓口で本人確認させていただきます。
 当事者が来られない場合や、本人確認ができるものがない場合でも、従来どおり届出はできます。この場合は、当事者あてに届出のあったことをお知らせします。(「本人確認できなかった場合は・・・」をご覧下さい。)

  運転免許証など本人確認できるものをお持ちください。

窓口で本人確認させていただく証・書類等は、以下のとおりです。

  ○運転免許証

  ○パスポート

  ○個人番号(マイナンバー)カード

  ○住基カード(写真付きのみ)

  ○その他、官公署の発行した写真つきの免許証・許可証・資格証明書等
   (有効期間内で発行後10年以内のもの)

 本人確認できなかった場合は・・・

次のような場合には、当事者あてに届出のあったことを郵便でお知らせします。

  1 本人確認できるものを持ってこられなかった場合

  2 代理人(使者)により届出をした場合

  3 郵便による届出の場合



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
鳥取市役所駅南庁舎1階 市民課 戸籍係
電話(0857)20-3494
FAX(0857)20-3408
メールアドレスshimin@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ