このページではJavaScriptを使用しています。

国府町の沿革

国府町は、その昔因幡の国府が置かれ、政治・経済・文化の中心として栄えてきました。

因幡国は山陰道6ヶ国でも上国に位置づけられ、国守に万葉集の編者でも知られる大伴家持、また小倉百人一首で有名な在原行平、幕府を代表する大江広元など著名な人たちが任命されています。

こうしたことからも、奈良、平安、鎌倉の各時代を通じて、おおいに栄えたことをうかがい知ることができ、全国的にも高く評価されているところです。

このような時代背景から、昭和32年1月1日宇倍野村と大成村が合併した際、町名を因幡の国府にちなんで「国府町」と称しました。

そして、平成16年11月に鳥取県東部9市町村(鳥取市、国府町、福部村、河原町、用瀬町、佐治村、気高町、鹿野町、青谷町)の合併で鳥取市国府町となりました。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 地域振興課
電話0857-39-0555
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-chiiki@city.tottori.lg.jp