このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 人に土地を貸しており、その人がそこに建物を建てて生活をしていた。

 借主が死亡され、相続人の方が最近まで土地代を支払ってくれていたが、相続放棄をされたようだ。

 建物がかなり老朽化しているので、建物を撤去したい。

回答

 まず、法務局で建物の全部事項証明書を取得してください。建物についてどのようになっているかの確認が必要です。
 相続人が最近になって相続放棄をしたということは、相続放棄ができる状況だということですから、その建物の権利関係を確認した後、相続人を確定する必要があります。

 相続手続がされていないようであれば、相続財産管理人の選任を申し立てることになると思いますので、専門家である弁護士会や司法書士会にご相談ください。

 

鳥取県弁護士会(電話 0857-22-3912)

鳥取県司法書士会(電話 0857-24-7013)

 

【お問い合わせ先】
 企画推進部 地域振興局 市民総合相談課 くらし110番相談窓口

 (電話番号:0857-20-4894)



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?