このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 大切な不動産権利書を紛失した。
 もし、人手に渡ったときのことを考えると心配でならない。

回答

 権利書(登記済証)は、あなたかあなたの代理人が不動産の内容を明示し、自分の所有である旨を登記するための申請書の原本の一通であり、後部に登記済みの朱印が押してあるものです。
 権利書を所持している人が所有者ということではなく、法務局に登記されている人が不動産の所有者となります。権利書だけでは所有権の移転はできませんので、紛失して他人の手に渡っても、所有権を失うことはありません。また、権利書は不動産の売買に必ず必要となる書類でもありません。

 ご心配であれば、法務局の登記担当窓口にもご相談ください。

  鳥取地方法務局(電話 0857-22-2191)

 

 【お問い合わせ先】
 企画推進部 地域振興局 市民総合相談課 くらし110番相談窓口

 (電話番号:0857-20-4894)



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?