このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 市営住宅に入居している知人の連帯保証人になっているが、このたび家賃支払い督促状が送られてきた。しかし、払いたくないので連帯保証人を辞めたいがどうすればいいか。

回答

 連帯保証人である限り、債務からは逃れられません。連帯保証人を代わりたいのであれば、知人が新しい連帯保証人の届出をする必要があります。
 市営住宅の入居契約では、入居名義人はもとより、連帯保証人も家賃支払い・住宅の管理義務という債務を負うことになり、これらの債務から逃れることはできません。
おおむね3月以上の家賃滞納が発生すれば、連帯保証人に納付指導の依頼を通知しています。
 どうしても連帯保証人を辞めたいということであれば、あなたが入居名義人にその意思を伝えて、その名義人が代わりの連帯保証人を立て、変更届を建築住宅課まで提出するという手続きを行ってください。

 

 

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   都市整備部 建築住宅課(電話番号:0857-20-3291)
                   (Eメール:jyutaku@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?