このページではJavaScriptを使用しています。

老齢基礎年金について

65歳から受け取る年金

国民年金保険料を納めた期間(保険料免除期間、学生納付特例期間を含む)が原則として25年以上(H29.8.1~10年に短縮)ある人が、65歳になってから受けられるのが老齢基礎年金です。

 

■ 年金を受けるためには必要な期間は

老齢基礎年金を受けるためには、以下の期間の合計が25年(300月)以上(H29.8.1~10年(120月)に短縮)であることが必要です。

 

1. 国民年金の保険料を納めた期間
2. 国民年金の保険料の免除を受けた期間
3. 学生納付特例を受けた期間
4. 昭和36年4月以後の厚生年金や共済年金などの加入期間
5. 第3号被保険者であった期間
6. 合算対象期間

 

■受給資格期間の特例

資格期間が25年に満たない人でも、受給資格を満たす特例があります。
年金制度は現在までに様々に改正を行ってきており、損をする人が出ないように生年月日に応じて細かく特例が設けられています。

 

1. 昭和26年4月1日以前に生まれた人の特例

昭和26年4月1日以前に生まれた人で、男性は40歳、女性は35歳以降の厚生年金の加入期間が生年月日に応じて次の表の期間以上あれば受給資格があります。

生年月日

資格期間

昭和22年4月1日以前

15年(180月)

昭和23年4月1日以前

16年(192月)

昭和24年4月1日以前

17年(204月)

昭和25年4月1日以前

18年(216月)

昭和26年4月1日以前

19年(228月)

 

 

2. 昭和31年4月1日以前に生まれた人の特例

昭和31年4月1日以前に生まれた人で、厚生年金または共済組合の加入期間が生年月日に応じて次の表の期間以上あれば受給資格があります。

生年月日

資格期間

昭和27年4月1日以前

20年(240月)

昭和28年4月1日以前

21年(252月)

昭和29年4月1日以前

22年(264月)

昭和30年4月1日以前

23年(276月)

昭和31年4月1日以前

24年(288月)

※これらの特例を適用しても受給資格期間が足りない人は、60歳以降に任意加入して保険料を納付することにより不足期間を満たすことができます。

 

 ■受けられる年金の金額は

 老齢基礎年金の年金額

 779,300円(平成29年4月分からの満額)

 

 

  満額の基礎年金を受けるためには原則として20歳から60歳までの国民年金の保険料を40年間納付することが必要です。
   保険料の未納の期間があったり、免除や学生納付特例を受けていた期間があると満額の老齢基礎年金は受けられません。

 

※ 注意

1. 保険料納付月数には第2号被保険者、第3号被保険者であった期間を含みます。
2. 免除は、残る免除額の保険料を納付しないと、年金額の計算には含まれません。

 

 

加入可能年数

 老齢基礎年金は、保険料納付済期間(第2号、第3号被保険者期間を含む)が原則として40年あってはじめて満額支給されます。
 しかし、国民年金が発足したのは昭和36年4月1日ですので、40年間加入できない場合があります。そのため生年月日により短縮措置がとられています。

 

昭和16年4月1日以前に生まれた人の特例

 昭和16年4月1日以前に生まれた人で、保険料納付済み期間が生年月日に応じて次の表の期間以上あれば満額の年金が受けられます。

生年月日

加入可能年数

昭和11年4月2日~昭和12年4月1日

35年

昭和12年4月2日~昭和13年4月1日

36年

昭和13年4月2日~昭和14年4月1日

37年

昭和14年4月2日~昭和15年4月1日

38年

昭和15年4月2日~昭和16年4月1日

39年

昭和16年4月2日以降

40年

※この特例を適用しても加入可能年数が足りない人は、60歳以降に任意加入して保険料を納付することにより不足期間を満たすことができます。

 

■ 繰り上げ支給・繰り下げ支給

・繰り上げ支給

 老齢基礎年金は、原則として65歳から受けられますが、希望すれば60歳から64歳までの間でも繰り上げて受けることができます
 しかし、年金を受けようとする年齢によって一定の割合で減額されます。
 また、一度減額された支給率は生涯変わりません。

・繰上げ支給の支給率

 【 昭和16年4月2日以降に生まれた人の支給率

 昭和16年4月2日以降に生まれた人が繰上げ支給を受けた場合、支給率は次の表のとおりです。

受給開始年齢

支給率

60歳

70~75.5%

61歳

76~81.5%

62歳

82~87.5%

63歳

88~93.5%

64歳

94~99.5%

※請求した月に応じて0.5%ごとに支給率が変わります。

 


※繰上げ支給を希望される方は次のことにご注意ください。

 

1.   特別支給の老齢厚生年金(退職共済年金)は支給停止になります。ただし昭和16年4月2日以降生まれの方は、一定の額が減額されますが両方受けられます。

2. 遺族厚生年金(遺族共済年金)とは65歳までどちらかの年金の選択となります。(65歳からは両方受けられます。)

3. 繰上げ請求したあと障害の程度が重くなっても障害基礎年金は受けられません。

4.  寡婦年金は受けられなくなります。

5.  任意加入はできなくなり、追納することもできなくなります。

6.  繰上げ支給決定後に、他の公的年金の加入期間等が分かっても、繰上げ請求を取り消すことはできません。

 

 

・繰り下げ支給

  老齢基礎年金は、原則として65歳から受けられますが、希望すれば66歳以降からでも繰り下げて受けることができます。
  この場合、年金を受けようとする年齢によって一定の割合で増額されます。

繰り下げ支給の支給率

  昭和16年4月1日以前に生まれた人の支給率

    昭和16年4月1日以前に生まれた人が繰下げ支給を受けた場合、支給率は次の表のとおりです。

受給開始年齢

支給率

66歳

112%

67歳

126%

68歳

143%

69歳

164%

70歳

188%

 

 昭和16年4月2日以降に生まれた人の支給率

    昭和16年4月2日以降に生まれた人が繰下げ支給を受けた場合、支給率は次の表のとおりです。

受給開始年齢

支給率

66歳

108.4~116.1%

67歳

116.8~124.5%

68歳

125.2~132.9%

69歳

133.6~141.3%

70歳

142%

※ 請求した月に応じて0.7%ごとに支給率が変わります。

 


 

 


***  手続きは ***

駅南庁舎1階22番窓口もしくは各総合支所市民福祉課まで




質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課 年金係
電話0857-20-3484
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp