このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 敷地内から下水管に接続するにあたって、工事費用の融資あっせん制度があると聞きました。制度について教えてください。

回答

 本市では、くみ取り便所を水洗便所に改造し、または浄化槽を撤去して公共下水道や集落排水施設に接続しようとする方については、その工事に必要な資金の融資をあっせんする制度を設けています。
融資のお申込みについては、工事を依頼する排水設備指定工事店、または下水道経営課にお問い合わせください。
 なお、この制度は、本市が直接融資するものではなく、本市と金融機関の契約に基づいて金融機関が無利子の貸付を行う制度です。
 融資あっせん制度の手続きの流れなど詳細につきましては、リンク先をご覧ください。
 http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1287735819024/index.html

  ※排水設備指定工事店については、下記のリンクをご覧ください。
   http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1221554416567/index.html

   制度の概要は次のとおりです。
 【名称】
  水洗便所改造資金融資あっせん制度
 【融資利用期間】
  原則として「公共下水道等の供用開始の告示の日から3年以内」に工事が行われるものみ限定します(「告示の日から3年以内」という基準は、下水道法第11条の3により、供用開始告示の日から3年以内に汲取り便所を廃止して水洗便所に改造することが義務付けられていることによるものです。)
 【融資あっせん額】
  10~80万円以内。ただし、便槽が2個以上ある場合は、1個につき30万円を加算した額。なお、融資の対象となる便槽は3個までです。
 【利息】
  無利息
 【返済期間】
  最大60回(5年間)以内での月賦返済
 【取扱金融機関】
 鳥取銀行、山陰合同銀行、鳥取信用金庫、鳥取いなば農協(いずれの金融機関も鳥取市内の本支店)
 【その他】
 1.連帯保証人が1名必要
 2.所得証明書などが必要
 

 


   【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
     環境下水部 下水道経営課 (電話番号:0857-20-3304)
                        (Eメール:ges-keiei@city.tottori.lg.jp
    ※総合支所管内については各総合支所産業建設課



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?