このページではJavaScriptを使用しています。

障害基礎年金について

 

病気やけがで重い障害が残ったら

 障害基礎年金は、国民年金に加入している間(過去に被保険者であった人で、日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の人を含む)に病気やけがで一定の障害の状態になった場合に支給されます。
 20歳前(国民年金に加入する前)の病気やけがで障害者になった場合も、20歳になれば障害基礎年金を受けられます。

 

 年金が受けられる要件

 障害基礎年金は、次の要件を満たしている人が、一定の障害の状態になった場合に支給されます。

 

 1. 国民年金に加入している人。または国民年金に加入していた60歳以上65歳未満で日本国内に住所のある人。

 2. 初診日(病気やけがで初めて医師の診察を受けた日)の前々月までの、被保険者期間のうち3分の2以上保険料を納付していること。       (保険料免除・学生納付特例期間を含む)


 ただし、初診日が平成38年3月31日までの間にあるときは、初診日の前々月までの1年間に保険料の未納期間がなければよい。

 

 

障害の認定

 診断書などをもとに、障害認定日(初診日から1年6か月経過した日、または症状が固定した日)に障害の程度が国民年金の障害等級表の1級または2級に該当する状態にあるかどうかで認定されます。

 20歳前に初診日がある場合は、20歳になったとき(障害認定日が20歳以後のときは障害認定日)に、障害の程度が障害年金の障害等級表の1級または2級に該当すれば支給されます。
 ただし、この場合、障害基礎年金を受ける本人に一定額以上の所得があるときは支給が制限されます。

 障害認定日に障害の程度が国民年金の障害等級表1級または2級に該当しなかったため、障害基礎年金が受けられなかった人が、その後65歳に達する日の前日までに2級以上に該当したときは、請求を行った翌月分から支給されます。

 

 受けられる年金の金額は

 

障害基礎年金の年金額(平成28年4月から)

1級   974,125円

2級   779,300円

 

 

子の加算額

 障害基礎年金を受けられるようになったときや、その後にその人によって生計を維持されている18歳までの子(18歳の誕生日以後の最初の3月31日までの間にある子を含む)、または20歳未満で障害基礎年金に該当する程度の障害がある子がいるときは次の表の額が加算されます。

 

加算対象の子

加算額

2人目まで(1人につき)

224,300円

3人目から(1人につき)

74,800円

また障害基礎年金を受けられるようになったときに胎児であった子が出生した場合は子の出生した月の翌月分から加算されます。

 

障害基礎年金子加算の取り扱いの改正について

 『児童扶養手当法』が平成26年12月1日に改正され、改正日前後での子加算の取り扱いが変わりました。

 

平成23年4月~平成26年11月まで

子加算または児童扶養手当のいずれか一方を選択して受給する。

 

平成26年12月以降

子加算を受給する。ただし、児童扶養手当が子加算を上回る場合は、差額分の児童扶養手当が受給できる。


     

 


***  手続きは ***

駅南庁舎1階22番窓口もしくは各総合支所市民福祉課まで


 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課 年金係
電話0857-20-3484
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp