このページではJavaScriptを使用しています。

遺族基礎年金について

 


一家の働き手をなくしたら

遺族基礎年金は、国民年金加入中の死亡、または老齢基礎年金の受給資格期間を満たした人が亡くなったとき、その人によって生計を維持されていた遺族に支給されます。

 

年金が受けられる要件

次のいずれかに該当する人が亡くなったときに、その人によって生計を維持されていた遺族に支給されます。

 

1. 国民年金の被保険者。または、被保険者であった人で、日本国内に住所を有し、60歳以上65歳未満である人。ただし、亡くなった月の前々月までの被保険者期間のうち、3分の2以上保険料を納付しているかまたは、亡くなった日が平成38年3月31日までの間にあるときは、亡くなった月の前々月までの1年間に保険料の未納期間がないこと。

 

2. 老齢基礎年金の受給権者のうち受給資格期間が25年以上ある人。

 

3. 老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある人。

 

 

受けられる遺族の範囲

 遺族基礎年金を受けることができる遺族は、被保険者または被保険者であった人の死亡当時、その人に生計を維持されていた次の人です。

18歳(18歳に達する日以後の最初の3月31日までを含む)までの子、または障害等級表の1級・2級の状態にある20歳未満の子のある妻、または子。

 

※ただし、子が既に結婚している場合は対象になりません。

 

受けられる年金の金額は

妻が受ける場合の年金額

子の数

年金額

1人のとき

1,003,600円

2人のとき

1,227,900円

3人のとき

1,302,700円

4人以上のとき

3人のときの額に、1人につき

74,800円を加算

 

子が受ける場合の年金額

子の数

年金額

1人のとき

779,300円

2人のとき

1,003,600円

3人のとき

1,078,400円

4人以上のとき

3人のときの額に、1人につき

74,800円を加算

※上記の金額を子供の人数で割ったものが1人当たりの金額となります。

 


     

 


***  手続きは ***

駅南庁舎1階22番窓口もしくは各総合支所市民福祉課まで


 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課 年金係
電話0857-20-3484
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp