このページではJavaScriptを使用しています。

男女共同参画団体を募集します

 鳥取市では、女性も男性もいきいきと生きられる社会の実現を目指して、市内を中心に活動されている団体やグループを支援するため、男女共同参画登録団体制度を設けています。
 団体・グループの活動目的は様々でも、活動計画の中に男女共同参画に関わる研修やPR、その他推進事業が計画されている団体であれば、登録の対象になります。(ただし、営利、宗教、政治活動を目的とした団体等は登録の対象外となります。)

登録されると、制度が利用できます

  • 男女共同参画に関する事業の補助対象経費について4分の3を補助します。(10万円まで)
  • 男女共同参画センター内の登録団体ワークルーム、研修室などが無料で利用できます。
  • 市が指定する研修会等への参加費用を助成します。
  • 専用文書箱による情報交換ができます。

男女共同参画登録団体一覧(団体名50音順)

現在は下記の21団体が登録されています

 

団体名

会員数

会の目的

1

一般社団法人鳥取県助産師会東部分会

25

助産師相互の親睦と職業的地位の向上を図ると共に、母子保健に関する知識の普及、家族保健及び母性保護の改善に貢献すること

2

ガールスカウト鳥取県第1団

36

公益社団法人ガールスカウト日本連盟団規定に則り、少女の心身発達に寄与するとともに、指導者の育成等、ガールスカウト運動の推進と発展に尽くすこと

3

輝(き)なんせ鳥取そば打ち会

6

会員相互のそば打ちの技術向上を図るとともに、男女共同参画意識を高め、男性の家事参画の促進に寄与すること

4

子育て支援団体すくすくクラブ

200

健全な子どもの育成のために、子育て中の親たちが楽しく、安心して子育てができるような環境づくりを目的とする

5

男女共同参画推進会議とっとり

63

男性も女性もひとりの人間として、性別にとらわれず、能力を発揮できる機会を確保するため、男女共同参画を推進していく事を目的に活動しています。

6

特定非営利法人トラベルフレンズ・とっとり東部

15

障がい者、高齢者等支援を必要とする方々に対して、旅行の支援を行い、その貴重な旅を通してすべての人々が、心豊かなやさしい社会の実現に寄与する

7

とっとりCAP鳥取東部

6

子どもへのあらゆる暴力をゆるさない安全な社会を創ることを目指し、CAP活動を通じて家庭や学校、地域の連携を強め、子どもの人権が尊重される社会形成に寄与することを目的とする。

8

鳥取県統計調査員会東部支部

89

統計調査員の資質の向上と調査員相互の親睦を図ること

9

鳥取県退職公務員連盟鳥取支部女性部

297

日本退職公務員連盟の趣旨に則り、退職後も社会全体の福祉増進と文化の向上進展に貢献すること

10

鳥取市消費者団体連絡協議会

420

消費生活に関する調査、研究等を通じ、知識の向上、市民への啓発等につなげ、消費生活の安定と向上を図る

11

鳥取市生活研究グループ連絡協議会

30

農山漁村における女性の自立と向上、生活研究グループの情報・技術交換、住み良い地域社会の実現等に向けて活動

12

鳥取市むつみカレッジ

300

生涯学習を通じて、より良い人間関係の育成と住みよい街づくり

13

鳥取市連合婦人会

400

女性の向上と住みよい社会を建設する

14

鳥取友の会

59

家庭生活の健全な発達に力を尽くし、社会の文化向上に寄与すること

15

TORI-WOMAN

38

輝なんせ鳥取講座「起業セミナー」と「ステップアップセミナー」の受講生で構成。会員相互の起業・ステップアップを助成すること

16

日本ボーイスカウト鳥取第7団

20

青少年の品性の陶冶及び国際友愛精神の増進を図り、その健全育成に資することを目的とする。

17

ハングル・コスモスの会

40

韓国の文化・言語等の学習と研鑚を図るとともに、国際交流を通じて性別に関わりなく、個性と能力を十分に発揮できることができる男女共同参画の社会構築に貢献することを目的とする

18

フォーラム江山

6

地域の人権文化創造と、人権のまちづくりのための活動を展開すること

19

部落解放同盟鳥取市協議会女性部

300

部落の完全解放を目指す活動を進める中で、あらゆる差別をなくするために活動すること

20

レディースあすか鳥取東部

      40

諸外国の視察、研修の成果を生かし、男女共同参画社会の実現に努めるとともに、会員相互の親睦を図る

21

NPO法人日本健康住宅協会山陰支部

10

様々な住環境の障害の解決を目指して、住宅の作り方と住み方の両面から健康住宅を実現するために、設計技術の確立と、普及活動、一般生活者への啓発を目的とする。今後は医育・食育・住育の視点から災害食に特化した日常食改善に努める。

(平成27年6月1日現在)



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
人権政策監 男女共同参画課
電話0857-20-3166
FAX0857-20-3052
メールアドレスdanjyo@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ