このページではJavaScriptを使用しています。

平成18年度以降の行政評価について(概要版)

1 平成18年度以降の行政評価

  第8次総合計画・予算編成・行政評価を一体化したマネジメントシステムの構築を目指す。

2 概要

  ・第8次総合計画の630実施計画を評価(各課による評価)・・・総合計画の進捗管理
  ・各部による部方針の作成・・・施策評価の実施 及び 重点施策の表明
  ・「行政評価実施本部(市長、副市長、収入役、教育長、部長級職員で構成)」による2次評価の実施
  ・評価結果による事業の見直し
  ・評価結果による予算配分の実施・・・具体的方法を今年度検討

3 本市の行政評価の取り組みの経過及び予定




4 行政評価マネジメントシステム導入の目的

  ○成果重視の目的志向型の市政運営への転換
    職員自らの意識改革による成果重視・目的志向の市政運営への転換のために、マネジメントサイクルの定着を図る。
  ○第8次総合計画(実施計画)の進行管理
    行政評価の実施により、総合計画を着実に推進する。
  ○予算への反映
    行政評価に基づき、予算編成を実施し、限られた財源を有効に活用する。
  ○市民への説明責任の向上
    評価の結果を市民へ広く公表することにより、情報の共有化を図り、信頼される市政運営の実現に努める。

5 第8次総合計画の体系


6 行政評価マネジメントシステムの流れ






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務部 行財政改革課
電話0857-20-3111
FAX0857-20-3040
メールアドレスgyouzaisei@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)