このページではJavaScriptを使用しています。

地震に備える

         


地震に備える


  

●地震から身を守る

まず、身の安全を
テーブルやベッドなど頑丈な家具の下にもぐりこみます。
座布団やクッションで頭をカバーします。

すばやく火の始末
「火を消せ!」と大声で叫ぶことも大切です。
普段から、習慣づけが必要です。

非常脱出口を確保
 
特に鉄筋コンクリートの建物内にいるときは、ドアなどを閉めたままにしておくと変形して開かなくなることがあります。

火が出たら
119→すぐ消火
 
119番通報は、あわてずに、落ち着いて。
火の小さいうちに、勇気をもって初期消火に当たります。
(火が天井面に移る前に)
消火器は必ず設置しておきましょう。

狭い路地やブロック塀、がけや川べりには近づかない
 

山崩れ、がけ崩れに注意
 
居住地の自然環境を良く知っておくことが大切です。
がけ崩れ等により、危険が差し迫れば避難勧告が発令されます。行政の広報とマスコミの情報に注意してください。
 

津波に注意
海岸の近くで地震を感じたら、高台に逃げます。

避難は徒歩、
荷物は最小限度に
 
  避難先をメモで張り出しておきます。
住んでいる所に危険が差し迫ったときに避難を開始します。それまでは、消火活動等のできる人は、消火作業を行います。
 

協力し合って
消火・救出・救護
 
  お年寄りや身体の不自由な人、ケガ人などに声をかけ、みんなで助け合いましょう。

10 正しい情報をつかみ、
デマに惑わされない
 
  うわさやデマに振り回されないようにしましょう。
地震直後に、携帯ラジオがない場合、マイカーのカーラジオを利用するのも一つの方法です。
 

地震の揺れ
被害想定

震度0 人は揺れを感じません。
震度1 屋内にいる人で揺れを感じる人もいます。
震度2 屋内にいる人の多くが揺れを感じます。
震度3 棚の食器が音をたてることがあります。
震度4 眠っている人のほとんどが目を覚まします。歩行中の人も揺れを感じます。
震度5弱 家具が動いたり、食器や本が落ち、窓ガラスが割れることもあります。
震度5強 タンスなどの重い家具が倒れたり、自動販売機が倒れることもあります。
震度6弱 立っていることが難しく、壁のタイルや窓ガラスが壊れ、ドアが開かなくなります。
震度6強 這わないと動くことができません。重い家具のほとんどが倒れ、戸が外れて飛びます。
震度7 自分の意思で行動できなくなります。大きな地割れや地すべり、山崩れが発生します。

このページの上部へ
 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
防災調整監 危機管理課
電話0857-20-3127
FAX0857-20-3042
メールアドレスkikikanri@city.tottori.lg.jp