このページではJavaScriptを使用しています。

監査委員制度と組織

■監査委員制度

 

 地方公共団体の行財政の公正かつ効率的な運営を確保するため、財務に関する事務の執行や経営に係る事業の管理、事務の執行等について監査する機関として、法律(地方自治法第195条)に基づき監査委員制度が設けられています。

 

 

■監査委員

  監査委員は、人格が高潔で、鳥取市の財務管理、事業の経営管理その他行政運営に関し、優れた識見を有する者及び市議会議員のうちから、市長が市議会の同意を得て選任しています。

 本市の監査委員の定数は、法律、条例の定めにより3人で、次の区分により選任されています。

 なお、識見を有する者から選任される委員のうち、監査委員の庶務事項等を処理するため、代表監査委員が置かれています。

 

   ・識見監査委員     2人(任期 4年)

   ・議会選出監査委員  1人(任期 議員の任期)

 

 

区分

氏名

就任年月日

備考

識見委員

湯口 一文

H28.4.1

 代表監査委員

福島 猛夫

H27.4.1

 

議選委員

上杉 栄一

H26.12.27

 

 

 

 

 

■監査委員事務局

 

 監査委員の職務を補助するため、監査委員事務局が設置されております。

 

             

 

 

鳥取市公式ウェブサイトのトップページ

 

  

   

   

   

   

   



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
監査委員 監査委員事務局
電話0857-20-3382
FAX0857-20-3388
メールアドレスkansa@city.tottori.lg.jp