このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市国民保護計画の一部改正について

【 武力攻撃やテロなどに備えて】

 武力攻撃や大規模なテロなどの緊急事態が発生し、これらの事態から国民の生命、身体、財産を保護することは、国や地方公共団体の使命です。

 そのため、国および地方公共団体、そのほかの機関などが相互に協力して、的確かつ迅速な措置を実施する責務を明確にする必要があります。

【計画の一部改正】

 平成19年3月、平成17年度に作成された「鳥取県国民保護計画」に基づき、本市は、「鳥取市国民保護計画」を作成しました。

 その後、国民保護訓練の実施や北朝鮮ミサイル発射事案等により課題が明らかになるとともに、「鳥取県防災及び危機管理に関する基本条例」、国の「国民保護に関する基本指針」及び鳥取県国民保護計画等の制定・改正に伴い、平成25年3月、本市国民保護計画の一部改正を行いました。

【目 的 】

 この「鳥取市国民保護計画」は、市内に在住するすべての人を対象とした、国民保護のための実施体制や、避難、救援などに関すること、平素からの訓練、備蓄、啓発活動など、方針や要領を定めて、市民を保護し、被害を最小限にとどめることを目的にしています。

【構 成】

 この計画は、国や地方公共団体などの重要な役割として「避難」「救援」「武力攻撃にともなう被害の最小化」の"三本柱"を中心に作成しています。

 基本方針をはじめ、平素の準備・有事への対応・生活再建など8段階に国民保護措置を区分するとともに、それぞれの実施や活動における要領、対策本部設置などの活動体制などにより構成しています。  

国民保護計画の構成

 第1章 国民保護に関する基本方針等

●情報提供・関係機関の連携・個人情報保護・施設等の安全確保などについて

第2章 状況

●対象とする事態・実施体制・地域特性など計画の前提となる状況説明

第3章 構想

●基本的な方針と被害の最小化・生活の安定措置などの実施要領

実施要領

■段階区分

 避難、避難生活など、住民の行動に基づく時系列的な段階区分による国民保護措置の実施要領をまとめています。

(1)平素 武力攻撃事態等が認定されるまでの間の国民保護措置の準備

(2)緊急避難 突然に武力攻撃災害が発生して避難が指示されるなど、時間的余裕がない場合の避難措置

(3)避難準備 武力攻撃(予測)事態が認定され、避難措置の指示が県に伝達されるまでの間の、国民保護措置

(4)避難  避難措置の指示が県に伝達され、要避難地域の住民が、避難先への移動を完了するまでの措置  

(5)避難生活 避難完了から避難の指示が解除されるまでの、住民が避難している間の措置

(6)復帰 応急復旧に目途がつき、避難先から要避難地域への避難住民の復帰が完了する間の措置

(7)避難受入 他市町村からの避難住民の受入協議があったときから、避難が解除され、受入避難住民が復帰を完了するまでの措置

(8)生活再建 避難先からの復帰が完了した段階からの措置

第4章 各機関の処理すべき事務又は業務の大綱

●本市や県・警察・自衛隊のほか、運輸・通信・医療などの各機関が実施すべき業務

第5章 活動要領

●国民保護の各業務について、基本的事項および各段階の共通事項

1補給支援 2運送 3衛生 4施設 5財政措置等 6備蓄、救援物資 7人事運用 8関係機関との連携 9情報の提供と相談窓口

第6章 国民保護対策本部等、通信

●対策本部の設置、組織およびその通信

第7章 その他

●住民・自主防災組織・事業所などの協力、普及啓発、訓練、文化財の保護 など

  国民保護の3本の柱

避 難

  我が国に対する武力攻撃が迫った場合、国は、国民に警報を発令します。また、避難の必要がある場合は、避難措置の実施を県知事に指示し、それを受けた知事は、市長を経由して住民へ避難の指示をします。市長は、消防団に出動を指示するとともに消防局、警察署長などに要請して避難誘導をします。

 救 援

 国は、避難した後の住民の生活を救助するため、避難先を管轄する県知事に、救援に関する措置を行うよう指示をします。

 なお、県知事は、国からの指示を待つ時間がない場合は、指示なくして救援を行うことができます。  

武力攻撃にともなう被害の最小化

 国は、地方公共団体と協力して、武力攻撃にともなう被害をできるだけ小さくするために必要な措置を行います。

一部改正の主な内容

1 現地調整所の設置、政府現地対策本部等の設置準備を新設

2 危機管理対策本部の設置の追加、市職員の配備体制基準の改正

3 全国瞬時警報システム(J-ALERT)、緊急情報ネットワーク(Em-Net)の明記



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
防災調整監 危機管理課
電話0857-20-3127
FAX0857-20-3042
メールアドレスkikikanri@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)