このページではJavaScriptを使用しています。

「史跡鳥取城跡保存整備実施計画」が策定されました

「史跡鳥取城跡保存整備実施計画」が策定されました

 

鳥取市は、昭和32年の指定以来、国史跡である鳥取城跡附太閤ヶ平の保存と活用にとりくんでおり、平成17年度には長期的な整備方針を定めた「史跡鳥取城跡附太閤ヶ平保存整備基本計画」を策定しました。

平成18年度は、それに基づき、「史跡鳥取城跡保存整備実施計画検討委員会」を設置して具体的な内容を検討してきましたが、パブリックコメントを経て、平成19年3月30日に策定の運びとなりました。

                                                                                       

 史跡鳥取城跡保存整備実施計画は、

1 鳥取城の姿を明らかにするとともに、地域資源としての価値を高める「調査計画」

2 鳥取城跡、久松山の総合的な活用のあり方を示す「利活用計画」

3 「基本計画」で第1段階整備対象と定められている「大手登城路復元整備基本設計」

4 従来の「保存管理計画」をより具体化した「保存管理計画実施方針」

 

を主な内容としており、具体的には平成30年までの事業内容を示しています。

 

史跡鳥取城跡保存整備実施計画報告書」は、鳥取市役所文化財課・鳥取市立中央図書館等で閲覧できるほか、鳥取市役所ホームページから全文をダウンロードすることができます。

 

ダウンロード

表紙(PDF:12KB)

本編(PDF:807KB)  60ページ(PDF:21KB)

附録(PDF:356KB)

 

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
教育委員会 文化財課
電話0857-20-3367
FAX0857-20-3050
メールアドレスkyo-bunka@city.tottori.lg.jp