このページではJavaScriptを使用しています。

2018年度から2020年度の介護保険料について

65歳以上の人(第1号被保険者)

65歳以上の方の介護保険料は、鳥取市介護保険事業計画・高齢者福祉計画の策定にあわせて3年ごとに見直しを行っています。平成30年度から3年間の計画において、計画期間中に必要となる保険給付に係る費用の見込み量等を算定し、それに基づき次のとおり保険料を改定させていただくことになりました。

 

高齢化が進む中で、介護を必要とする方が増え、介護を社会全体で支える介護保険制度の重要性はますます高まっています。みなさんのご理解とご協力をお願いします。

 

2018年度~2020年度(平成30年度~平成32年度)

保険料段階

対象者

算定方法

年間保険料額

第1段階

本人が市民税非課税

世帯全員が市民税非課税

(1)生活保護受給者

(2)老齢福祉年金受給者

(3)本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下

基準額×0.45

(基準額×0.50)※1

35,100円

(39,000円)※1

第2段階

本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円以下

基準額×0.625

48,750円

第3段階

本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円超

基準額×0.75

58,500円

第4段階

世帯に市民税課税者がいる

本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下

基準額×0.85

66,300円

第5段階
(基準)

本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円超

基準額

78,000円

第6段階

本人が市民税課税

本人の前年の合計所得金額が
120万円未満

基準額×1.20

93,600円

第7段階

本人の前年の合計所得金額が
120万円以上200万円未満

基準額×1.35

105,300円

第8段階

本人の前年の合計所得金額が
200万円以上300万円未満

基準額×1.65

128,700円

第9段階

本人の前年の合計所得金額が
300万円以上400万円未満

基準額×1.85

144,300円

第10段階

本人の前年の合計所得金額が
400万円以上600万円未満

基準額×2.00

156,000円

第11段階

本人の前年の合計所得金額が
600万円以上800万円未満

基準額×2.10

163,800円

第12段階

本人の前年の合計所得金額が
800万円以上

基準額×2.20

171,600円

※1 ( )内は、公費負担により実施する保険料軽減措置前の料率及び保険料です。

 

「合計所得金額」・・・収入額から必要経費に相当する額を控除した金額のことで、医療費控除などの各種所得控除を行う前の金額
「老齢福祉年金」・・・明治44年4月1日以前に生まれた人で、所得が低く、他の年金を受給できない人に支給される年金

 

介護保険料比較表(対 平成27年度~平成29年度)

 

40歳から64歳の人(第2号被保険者)

第2号被保険者の保険料は、加入されている医療保険の保険料と併せて納めていただくことになっています。詳しくは、各医療保険者へお問い合わせください。

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 長寿社会課 介護保険係
電話0857-20-3452
FAX0857-20-3404
メールアドレスchoju@city.tottori.lg.jp